丈夫で手間いらず!インテリアに最適な鋭い葉っぱが特徴的なアガベの育て方

アガベシロップで注目されたアガベは、インパクトのあるとがった葉が放射線状に広がる多肉植物で、観葉植物としても人気があります。

またお世話も簡単なのが魅力。乾燥や暑さにも寒さにも強いため、過酷な状況でも元気に育ちます。インパクトのある見た目のインテリア向きの植物です。

  • 30705
  • 24
  • 1
  • いいね
  • クリップ

【目次】
・アガベってどんな植物?
・お世話が簡単!アガベの育て方
・子株が出てきたら?
・実生でも育てられる!
・花を咲かせるのは10年後!?
・アガベは種類が豊富!
・アガベがなかなか手に入らないときは
・小さな苗を大きくする楽しみ
・初心者から上級者まで育てがいがある

アガベってどんな植物?

アガベは日本ではリュウゼツランとも呼ばれています。耐寒性と耐暑性があり、日本でも庭先や公園などで地植えされている馴染みのある植物です。

アガベは北アメリカ南部から中央アメリカ、西インド諸島、南アメリカ北部などのおもに乾燥地帯が原産地です。常緑の多肉植物でおよそ220種類もの品種があります。

鋭い葉が放射線状に広がるのが特徴で、その姿は緑の花びらのようにも見えます。丈は5センチメートルくらいのものから2メートルにもなるものまでさまざま。なかにはトゲをもつ品種もあり、小さな子どもやペットがいる家庭では注意が必要です。

お世話が簡単!アガベの育て方

多肉植物のアガベは乾燥地帯でも育つ植物。葉っぱに水分をたっぷり含んでいるため、水やりなどの手間もかからずインテリア向きです。置き場所、水やり、肥料、害虫対策など日ごろの管理の仕方をまとめます。

1. 暑さにも寒さにも強いアガベの置き場所
日光を好むため、日がよく当たる場所が適しています。ただし、直射日光に長時間当てると葉が焼けてしまいます。葉焼を起こすと白くなったり茶色くなったりして見た目が悪くなるばかりか、その葉は元には戻りません。そのため外に置く場合は注意が必要です。室内で管理するなら、窓越しに長時間日が当たる南向きの窓辺が最適。

関東より西の地域では、半日蔭で地植えも可能です。0度までは耐寒性がありますが、鉢植えの場合は5度以下になったら室内管理に切り替え、地植えの場合は敷き藁などで茎をカバーするなどして寒さに備えた方がいいでしょう。

2. 冬は水を控えて休眠を

春から秋は土の表面が乾いたら鉢底の穴から水が溢れるくらいたっぷりと水を与えます。水を与える時間帯は、春と秋は午前中に、夏は鉢の中が蒸れるのを防ぐため夕方から夜にかけてが最適。

なお、冬は根腐れ予防のため暖かい時間帯に月一回程度水やりをします。0度以下になったら、水を与えません。このように、冬は水を控えて休眠状態にします。

3. 水はけのよい土で育つ
アガベは水はけのよい土に植えます。多肉植物用の土があれば最適。また、肥料は4月から10月に緩効性肥料や液体肥料を少量与えます。

4. カイガラムシは早期発見で駆除!
アガベにはカイガラムシが発生することがあります。カイガラムシとはその名のとおり介殻(カイガラ)と呼ばれる殻に覆われた数ミリの昆虫。アガベの成長が悪く、元気がなくなってきたら、もしかしたらカイガラムシが樹液を吸っている可能性があります。葉の一枚一枚の表裏をよく見て、カイガラムシが葉についていないか確認しましょう。

大量発生しやすいカイガラムシはとにかく早期発見が肝心。見つけたら、爪楊枝などで葉をつぶさないように、優しく取り除きます。取り除いたカイガラムシをうっかり落として見失わないように気を付けましょう。

一通り駆除した後も、しばらくはよく観察して見落とさないようにしておくと安心です。トゲがある品種の場合は、軍手や園芸用の手袋をして作業をするといいでしょう。なお、手作業で駆除するのは大変という場合は、カイガラムシ用の駆除剤を使う方法もあります。

5. 植え替えは春か秋に
成長して根が伸びて鉢が窮屈になったら、植え替えをします。購入後2年以上経った、鉢底から根が出てきたなどが植え替えの目安です。植え替えは春か秋に行います。

まず、株を傷つけないように古い鉢から取り出して、多肉植物用の土を入れた一回り大きな新しい鉢に植えます。その際、枯れている根があれば切って整えてから植えます。根を切る際に、太い根を傷つけないように注意しましょう。もし太い根まで切ってしまった場合は、切り口を乾燥させてから植え替えます。

一般的に植物の植え替え直後は、水を与えるものですが、多肉植物の場合は植え替え後も水を控えるとしっかり根付きます。2~3日経ってから様子をみながら水やりをします。なお、植え替え直後はデリケートな状態のため、直射日光に当てないようにしましょう。

子株が出てきたら?

成長すると根元に小さな子株が現れることがあります。子株が出てきたら、株分けして増やすチャンスです。株分けに適しているのは4月~5月の暖かい時期。親株の植え替えのタイミングに合わせて株分けをすると、植物への負担が少ないのでおすすめ。

まず、子株に根が残るように親株から切り離して、1~2週間は土に植えず切り口を乾燥させます。その後、子株の大きさに適したサイズの鉢に植え、日陰で管理します。水やりは土に植えてから10日後から与えます。

なお、子株を切ったときに根がつかなかった場合でも諦めないでくださいね。子株の切り口をしっかり乾燥させてから土に植えれば根が生えてきますので、株分けできます。

アガベなどの多肉植物は増やすのが簡単なのも魅力です。もっとたくさん育てたい!飾りたい!と思ったら、株分けにチャレンジしてみてもいいですね。

実生でも育てられる!

粒子が細かい土にアガベの種が重ならないようにまきます。アガベの種は小さいため、上から土をかぶせる必要はありません。発芽するまではラップなどで覆っておくと乾燥しません。発芽したら間引きして隙間をつくり、ある程度の大きさになったら植え替えます。

花を咲かせるのは10年後!?

開花までにおよそ10年以上かかるというアガベ。花を目的に育てるのは根気がいる植物です。花を咲かせるためには、屋外で年月をかけて株を大きく育てる必要があります。

アガベの花は葉の中心部から花をたくさんつけた茎をにょきにょきと数メートル伸ばします。花が咲くとアガベは枯れてしまうため、その前に子株を株分けして増やしておくことをお忘れなく。

アガベを鉢植えで管理している場合は、鉢のサイズをどんどん大きくしていかないと、花を咲かせるくらいに成長しません。大きな鉢は移動が大変ですし、植え替えも一苦労。室内で管理するとなれば、場所もとります。やはり、鉢植えでアガベを育てる人はあまり大きくしないで手頃なサイズで楽しむのが一般的なようです。

アガベの花は地植えができる場合の特権ともいえますね。もし、地植えができるのであれば、大きく育ててこの珍しい花を咲かせてみては。時間はかかりますが、手間はいらないため、気長に育ててみましょう。ただし、地植えした場合は、冬の寒さには注意が必要です。とくに、寒さに弱い品種はしっかり防寒対策をしてあげましょう。

アガベは種類が豊富!

アガベの種類はおよそ220種といわれます。店頭やネット通販では、珍しいものには高い値段がついています。同じ種類でも大きさや葉の模様で希少性があることも。慣れてきたら高価な品種に挑戦してもいいですね。アガベはどの品種も丈夫なため、初心者は直感で好きなものや自宅のインテリアに合いそうなものを探してみては。ここでは代表的なアガベを紹介します。

➢ アガベ・アテナータ
葉にトゲがなく成長すると茎が伸びて1メートル程になります。インテリアとして人気の品種。和名はハツミドリと呼ばれ、古くから日本でも栽培されてきました。


➢ アオノリュウゼツラン
成長すると放射線状の葉が3~4メートルにもなる大きな品種で、屋外で栽培されています。


➢ アガベ・アッテヌアタ・バリエガタ
葉に黄色や乳白色の中斑と呼ばれる柄が入るのが特徴。単色品種よりも葉に変化があり、インテリアとして人気です。なかでも美しく柄が入ったものは希少性が高いようです。

アガベがなかなか手に入らないときは

珍しい品種のアガベは一般的な園芸店では販売されていません。近所に専門店がない場合は、ネット通販を利用する人が多いようです。実際に手に取って品定めができないため、植物をネット通販で買うのは抵抗がある人もいますよね。そこで、アガベをネット通販で購入する際におさえておきたいポイントをいくつか挙げておきます。

1. 信頼できるサイトを見つけよう
トラブルを防ぐためにも、ネット通販をする際は信頼できるサイトで買いたいですね。とはいっても、初めて使うサイトを見極めるのは難しいもの。サイトの口コミやレビューを参考にしてしっかり選びましょう。また、アフターサービスの対応やメールや電話での問合せ先があるかも確認しておきます。

2. どのくらいの大きさかをチェック!
基本的なことなのですが、よくあるミスはサイズの間違いです。配達されてから、想像よりも大きかったとか小さすぎたということがあると困りますよね。サイトには丈や直径などのサイズが明記されているはずなので、あらかじめ確認して実際の大きさをイメージしておきます。

3. 写真や説明をよく見て
植物の実物を見られないため、サイト上の写真や説明分は貴重な判断材料です。さまざまな角度からの写真がアップされていると安心ですね。また、アップされている写真は日にちが経っていて古いこともあります。植物の成長によって日に日に姿が変わるため、実際の状況とは違うかもしれません。そのようなときは、発送前の現在の状況をメールでもらっておくといいでしょう。

また、ネットの写真はデバイス環境で色が変わってしまいます。もし色が気になるなら、複数のデバイスで確認したり、カラーマネジメントをした正確なディスプレイで見たりするなど工夫してみましょう。それでも、撮影時の光の加減や、カメラのホワイトバランスによって実物の色との差が生じることがあります。

小さな苗を大きくする楽しみ

植物の花を楽しみにしている人にとって、花がなかなか咲かないアガベは面白みに欠けるかもしれませんね。じつは、大きな鉢のアガベはとても高価です。コレクターも多く、ネットで高額で取引されていることもあります。アガベは花を期待するのではなく、小さな苗を大きく育てるのが醍醐味ともいえます。

1. 「締めて育てる」と丈夫に
「締めて育てる」とは水や肥料をなるべく与えないで、たくさん太陽と外気に当てて育てることをいいます。少しくらい過酷な環境で育てた方が、多肉植物が本来もっている生命力が大いに発揮されるため、丈夫になるのです。水が少ない環境では葉に水分をためようとするため、葉がぷっくりと太ります。

ただし、真冬の寒さには気を付けておきたいですね。5度以下になったら、鉢植えは室内に取り込んだ方がいいでしょう。地植えしたものは藁などで保温して防寒対策をすれば冬越しできます。

2. 太陽の光をたくさん浴びさせる

アガベは日当たりがよい場所を好みます。日当たりが悪い場所では弱くか細くしか育ちません。大きく丈夫に育てるには日当たりが最大の鍵ともいえます。鉢植えなら、家や庭のなかで一番日光が当たる場所を探してあげたいですね。日当たりは好きでも、直射日光に長時間当たると葉焼けをおこすことがあるため、注意しましょう。

小さかった苗がみるみる大きく成長するのは、うれしいですね。アガベを大きく丈夫に育てるコツは、過保護にはせず、少し過酷な環境で育てることと、真冬の寒さ対策をしっかりすることです。

初心者から上級者まで育てがいがある

お手入れが簡単で、丈夫なアガベはインテリアに最適な植物。色や形の種類も豊富なため、インテリアに合うものを探すのも楽しいですね。とりあえず手軽に観葉植物を育てたいという人にも、大きく成長させて珍しい花を咲かせたいという上級者でも育てがいがあります。一鉢手に入れれば、いろいろな楽しみ方ができる植物です。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 30705
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード