大きく開いた、股の補修を公開します。

大きな穴が開いちゃいました。この辺までくると、すでに捨ててしまうと思うのですが、しばしお待ちを!直ります!

  • 26142
  • 68
  • 0
  • いいね
  • クリップ

大きな穴が開きました

ここまでの穴が開いてしまうと、みんな諦めてしまうのですが、
諦めるにはまだ早いですよ。

多々、ジーンズ修理のお店はありますが、ここを丁寧に直しているところは実は少ないのです。

ラントンレーブの場合は、股のステッチそれから、必要であれば、前後の左右見頃まで解き、

一枚布にまで、戻して、穴補修をしたします。
それには、それなりの理由があるのです。

まずは、見頃ごとに、バラしてしまいましょう!!

今回は、前身頃も後ろ身頃も左右解くことになりました。

ラントンレーブでは、見頃ごとに当て布をします。
穴というのは、通常、経糸の切れた状態をいいます。

つまり、穴補修というのは、経糸の補修ということになります。

その際、見頃ごとに穴補修しませんと、すべての見頃が同じ方向を向いているわけではありませんので、
見頃をバラす必要があります。

そこを、ちゃんとやっていないと、修理後、生地に無理がかかって、結果穴をすぐ明ける結果になります。

仕上がりに関しては、皆さんの判断にお任せします。

後ろ身頃側の完成形です。


今回は、ステッチを細かめに直しました。

このように仕上げられるのも、ジーンズの匠が、ジーンズ生産の本場、倉敷市児島で修行し、ジーンズを作れる技術があるからであります。

ちょっと、自慢してみました。
また、ラントンレーブでは、どんなに長くても、翌日には、お渡しができるようにしております。

前身頃の完成形です。

右見頃は経糸を埋めるようにステッチをかけていますが、
左見頃は、綾目に沿って、ステッチをかけています。

前身頃の内股部分は、縦に長く穴が開いてしまうので、
綾目に沿ってステッチをかけた方が、本来は、親切なのですが、

右見頃は、綾目が結構、縦長だったりするんですよね。
また、ミシンをかける上での特性上、経糸に合わせました。
目立ちづらいのはこっちなのですが、
ミシンをかけていると、バックする感じになっちゃうので、技術が非常に必要になります。

この手の修理は、なかなかご自身では、難しいと思われますが、
例えば、見頃解いて、穴補修だけやって、最後の再生はラントンレーブで仕上げるというのも
いいのではないのでしょうか。

家庭用ミシンでも、穴補修くらいは可能です。
ただ、元に戻すには、生地を針が抜けないかもしれませんね。

そんな感じでも、お気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

GoToトラベルで最大50%お得✨
「楽天トラベル」ならクーポン併用最大2枚まで可能。さらにポイントキャンペーンも開催中!
楽天ポイントも貯まる!プラン・リーズナブルから高級まで楽天限定プランも続々!

  • 26142
  • 68
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

修理・補修

ジーンズ修理の専門店。東京中目黒にて、ジーンズの穴補修や、チェーンステッチでの裾直し、ジーンズ関連での修理を専門的に行っております。また、リメイクジーンズや、ジ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード