始めていますか、秋の花粉対策。

秋のお出かけシーズンは秋の花粉の持ち帰りに要注意を。春の花粉スギやヒノキと違って細かい粒子が特徴の草木の花粉。この時期、空気清浄機の出番がまたやってきました。

  • 268
  • 0
  • いいね
  • クリップ

花粉は春だけではなく1年を通して飛散することで知られています。

最近はエアコンを止め、窓を開けてお部屋に自然の風を入れることも多くなりました。
エアコンのだるさから解放されて嬉しいはずが、なんだか目がかゆい、くしゃみが止まらない・・・そんな症状はありませんか。
季節の変わり目は花粉症と風邪の初期症状が似ていて、判断に困る場合も多いですね。

8月の終わりから10月に花粉の飛散シーズンを迎える植物には、ブタクサやヨモギ、カナムグラなどがあります。河原、公園などに見られるポピュラーな草木なので、アウトドアや散歩が楽しいこの時期に、知らずに遭遇している可能性もあります。

秋の花粉症は春のスギやヒノキに比べ、花粉の粒子が細かいから気管の中に入り込んで喘息のような症状を引き起こすこともあるそうです。

外で付いた有害物質は、なるべく部屋の中には持ち込みたくないものです。
お部屋の中の対策としては、やっぱり空気清浄機で吸い取ってしまうのが有効です。

春の必需品というイメージの強い空気清浄機ですが、この時期、ご自宅にお持ちの方はぜひお使いになってみてください。
お部屋に入り込んだ秋の花粉をさっぱりと吸い取るから、毎日がもっと過ごしやすくなると思います。

フィルターはメーカーにもよりますが1〜2年使えるものが多いので、取り替えサインが出ていなければフィルターや本体のホコリをささっとお手入れしてから再度使い始めてください。

運転モード等、本体のスペックも重要ですが、やはり空気清浄機はフィルターの性能が一番重要です。
これから購入を検討される方は、秋の細かい花粉はもちろん、冬に備え小さなウィルスまでしっかり除去できるものを選びたいですね。

±0空気清浄機X020は高性能なHEPAフィルターを搭載しています。
「HEPA」はHigh Efficiency Particulate Air Filterの略で、半導体工場のクリーンルームなどで使用されている高性能なフィルターです。±0空気清浄機X020専用フィルターは、このHEPAフィルターをはじめ、2つの除菌フィルター、匂いをしっかりキャッチする脱臭フィルターと4層構造の一体型をしております。
小さなウィルスやホルムアルデヒドを抑制する、99.97%の高い集じん効果を持つフィルターです。

薄型でコンパクトなので壁際にピタッと設置できて場所を取りません。
正面に無数にあいた穴から空気をしっかり吸い込み、上部からきれいな空気を送り出します。適用面積は約15畳なので、玄関、リビングの入口、キッチンスペースなど、生活スタイルにあわせて設置してください。


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中

  • 268
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

2003年設立の日本発の家電・雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」のオフィシャルページです。コンパクトでシンプルな家電づくりを目指しています。どうぞよろし…

おすすめのアイデア

話題のキーワード