【職人さんの手間や細工を見せる空間】築30年の住宅のディテール

ちょっとした不具合を確認するために家の中にお邪魔しました。独楽蔵で30年前に設計した住宅です。その頃、わたしはまだ独楽蔵にいませんでした。そこは、しっとりと落ち着いた暮らしのある空間でした。長い時間をかけて住み手を同じように年齢を重ねて、家族に馴染んできたような雰囲気も感じられました。

こんな空間を見せて頂くと、とってもうれしい気持ちになります。特別な材料を使ったり、特殊なデザインをしているわけではありませんが、設計者が考えを巡らせて、職人さんが本物の素材を使って、しっかりとした仕事をした痕跡があちらこちらで感じられます。やはり、こういう「手間」や「細工」で見せる空間は、長い時間が経過しても古びないですね。

最近では、なるべく「手間」や「細工」をしない建物が主流なので、かえって斬新に見えるかもしえません。

  • 236
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 236
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

ケヤキやエゴ、ソロなど武蔵野の緑豊かなアトリエの中で実際の体験を通しながら、お客さんと一緒に、それぞれの家族の「暮らし」を考え、 デザインを通して新たな空間を提…

おすすめのアイデア

話題のキーワード