サンドイッチをお弁当箱にピッチリ収める裏ワザ


こんにちは en です。



今日はレシピではなく、お弁当を詰める際のちょっとした裏ワザをお話ししたいと思います。





インスタグラムでもよく見かけるお弁当箱にピッチリ収まったサンドイッチ。

見ていてなんだか気持ちいいですよね。





でも、どうやってあんなにぴったりとサンドイッチを崩さず入れられるんだろう?



そんな疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?





今日はその疑問に私なりの方法でお答えしたいと思います。





ほんとにちょっとしたことなので、瞬きせずにご覧ください(笑)。

  • 23226
  • 64
  • 3
  • クリップ

と、その前に。。。

今回使用している竹籠弁当箱。
和風、洋風どちらでも合うし、尚且つショボい中身のお弁当もそれなりに見せてくれるとても使えるお弁当箱なんですが、欠点もありまして…。

それは深さ。

とにかく深い。

深さが6センチほどあるんです。


おにぎりを入れても奥深くに埋もれてしまうし、とにかくいっぱい入りすぎるのです。
まずは、これを何とかしなければなりません。

その対処法からお話ししていきたいと思います。




竹籠弁当箱の深さの対処法

使用しているものは2つ。

板状の発泡スチロールと透明の下敷き。


↑ こちらです。

両方とも100均に売っているものです。

それをお弁当箱の大きさに合わせてカットし、底に敷いています。

これで1センチ以上は底上げでき、詰め易くなります。

発泡スチロールの厚さは1センチちょっとあります。

発泡スチロールと下敷きを敷いたらワックスペーパーを敷いてお弁当を詰めていきましょう。

では、いよいよ本題に入りたいと思います。


サンドイッチをお弁当箱にピッチリ収める裏ワザ

今回はハムカツサンドとタマゴサンドを詰めていきます。

↑このサンドイッチ6コを全て入れたいと思います。


えー、全部は無理でしょー!

ぐちゃぐちゃになっちゃうよー!



いえいえ、

ちゃんと収まるんですよ。

サンドイッチを5コ入れた状態です。

ほら、やっぱり入らなかったんじゃん。


って、今鼻で笑ったあなた。


ここからですよ、裏ワザは!


目をしっかり見開いてよ〜く見て!




はいっ!



立ってます!


お弁当箱を立たせているのですっ!



しばらくするとサンドイッチ自身の重みで下に沈み隙間ができてきます。

そこに残りの1個を滑り込ませるのです。


はい、6コ全て詰めることができました♫



最後の1つを詰めるときに薄っぺらいもの、例えばナイフなどを使って滑り込ませると詰め易いですよ。




なんてことない裏ワザですが、サンドイッチがピッチリ収まると気持ちいいものです。


どんなお弁当箱でも使える裏ワザだと思うので、よかったらお試しくださいね。


  • 23226
  • 64
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー