インダストリアル空間にもぴったり! お洒落だけど使いやすいこだわりのレンジフード「Giglio」登場!

イタリアンデザインと日本のクラフトマンシップのコラボによって誕生したレンジフードブランドアリアフィーナ株式会社の「Arietta(アリエッタ)」より、新商品「Giglio(ジリオ)」が11月30日より登場! インダストリアル空間にも馴染むスタイリッシュなデザインでありながら、お手入れのしやすさも大切にした、まさに "こだわり" のレンジフードです。

アリアフィーナ
  • 13514
  • 55
  • 0
  • クリップ

デザイン性のよさと使い勝手のよさを同時に実現。「Giglio」に注目!

イタリアンデザインと日本のクラフトマンシップのコラボレーションによって生まれたレンジフードブランド、アリアフィーナ株式会社から、新商品「Giglio(ジリオ)」がArietta(アリエッタ)より登場しました!
2016年11月30日(水)より全国で発売されます。

ヴィンテージで気品ある雰囲気をまとっていながらも、カジュアルな空間にもしっかり馴染むような、洗練されたデザインや一体感を意識したなめらかなフォルムで実現した、高い清掃性もポイント。
人気のインダストリアルスタイル(工業的という意味でモルタルやむき出しの配管など無機質な空間を指す)やその派生でもあるブルックリンスタイルなどにもストレートにマッチし、欧米のトラディショナルな雰囲気にも自然と馴染む高次元なデザイン性と実際に生活に取り入れた時の使いやすさの両方を大切にした、まさに “こだわり” のレンジフードなのです。

「デザインにもこだわりたいけど、使い勝手にもこだわりたい…。」そんな人にはぴったりの新商品なのです!

"本物" という個性のコラボレーション。レンジフードブランド「ARIAFINA」って?

このGiglioを開発したのは、イタリアのエリカ社と日本の富士工業がコラボして誕生したブランド「ARIAFINA(アリアフィーナ)」。

エリカ社は世界トップシェア(※1)を誇り、富士工業は国内トップシェア(※2)のレンジフード製造の最先端を走ってきた企業。ARIAFINAは、 "本物" という個性のコラボレーションによって生まれたプレミアムブランドなのです。

※1 エリカ社調べ(2015年実績)
※2 富士工業株式会社調べ(2015年度実績。OEM生産品を含む)

※画像はイメージです。

アリアフィーナ株式会社がもつブランドには「ARIAFINA(アリアフィーナ)」というプレミアムブランドと「Arietta(アリエッタ)」というフレッシュなデザインと程よい扱いやすさをコンセプトにしたブランドの2つが存在する。今回の「Giglio(ジリオ)」はアリアフィーナ株式会社が企画した「アリエッタ」ブランドの中のラインアップの1つ。

エリカ社が誇るモダンリビングの先進国イタリアのデザインと、日本の食文化における多様な調理シーンを熟知した富士工業の高い技術力。そんな贅沢なコラボレーションによって創造されたレンジフードは、きっとあなたの生活を豊かにしてくれるはず。

カジュアルなヴィンテージさとなめらかな美しさ。

Giglioが他のレンジフードと特に一線を画しているのは、デザイン性の面において。

Giglioは暖炉の上にある煙突を彷彿とさせるような形状をしていますが、ダクトからフードにかけてステンレスパーツでなめらかな連続性を持たせることで、どこか新しさを感じさせるデザインになっています。

ヴィンテージな気品を放ちながらもカジュアルな空間に馴染むデザインは、今流行りのインダストリアルインテリアにもぴったりです!

各種スイッチには、ヴィンテージインテリアにマッチする書体をセレクト。こんな細かいところにもこだわりが。

フードフランジ部のステンレスパイプは一切ネジを使わずに接合。日本生産ならではの細かい心配りを施した加工技術が見事に実現されています。

この一体感あるデザインが、スタイリッシュで高級感あふれる雰囲気を演出してくれるのと同時に、高い清掃性も実現しています。

そんなGiglioのカラーリングはホワイトとブラックの2種類。ホワイトは清潔感を、ブラックは格調高さを演出してくれます。どちらもベーシックな色合いですが、質感を感じられるテクスチャ塗装により、落ち着きのある風合いを醸し出しています。

日本の食文化に合わせ、 "使いやすさ" を追い求めたレンジフード。

もちろん、デザイン性だけではなく、機能性だってゆずりません。

四季折々の食材を、時に繊細に、時にダイナミックに味わう日本の食文化。調理法も多様かつ独特なため、レンジフードにもさまざまな性能が求められます。ここでは、日本のレンジフードを知り抜いた富士工業の技術が光ります。

レンジフードとしての機能はもちろん、汚れがつきにくく掃除しやすい構造設計、すぐれた操作性など、独自のテクノロジーをもとに日本の食文化に合った高い性能を実現しています。

整流板を取り外すと、中にはフィルターが。フィルターは水で油を浮き上がらせる、溝のない「アクアスリットフィルタ」です。

レンジフードとして一番大切な機能といえる排気機能においても、Giglioは安定した性能を発揮。シロッコファンで油煙をしっかり吸引し、キッチンを常に快適な状態にキープします。吸い込み速度を加速させる「整流板」により外に逃げようとする油煙を捕らえ、油煙を効率よく捕集します。

実はこの整流板が仕切りのようになり、下方向からの見栄えも美しくしてくれるのです。
レンジフードはその機能上、目線の上に設置されるもの。全体的なデザインはもちろん、このような細かい部分にも配慮がされています。

そして、フィルターは溝のないフラットな形状をした「アクアスリットフィルタ」を採用。凸凹がないうえ、水で油を浮かす親水系コート仕上げなので、お手入れも簡単。交換用フィルターの販売もあります。

ベルマウスは簡単に取り外し可能。

もちろん、フィルター以外のパーツのお手入れも簡単になるように工夫されています。

ファン、ケーシング(=ファンを覆っているカバー)、煙道、ベルマウス(=ファンのまわりの環状の板)はファンシークリーン仕上げにて加工されています。(ファンシークリーンは、油汚れをはじき、浮かせた状態で拭き取りを可能にした素材のこと。従来の一般的な材質に比べ、お手入れにかかる手間と時間がぐっと軽減してくれる塗装仕上げです。)

毎日使うものだからこそ、お手入れはしっかりしたいもの。でも、頻繁に手の込んだお手入れをするのは大変…。そんな問題を解決してくれるのが、このGiglioです。

「デザイン性」と「機能性」の上に「信頼性」を。

このように、「デザイン性」と「機能性」の両方を重要視してつくられたGiglio。
Giglioをもつアリアフィーナのブランド「Arietta」には、もう一つ大切にしているものがあるのだそう。

それは「信頼性」。
日常的に使うレンジフードだからこそ、 "安心して使える品質" が重要になってくるためだからだといいます。

Ariettaは、デザイン性や機能性はもちろん、日本の厳しい品質要求に応えるべく開発・製造された信頼性という3つの要素を併せ持つブランド。高度な品質とフレッシュなデザイン、程よい扱いやすさでこだわりのキッチンデザインを実現します。

Giglioを生活の一部に取り入れて、そんな「こだわり」を体験してみてはいかがでしょうか?

◆取材協力
アリアフィーナ株式会社

◆掲載商品
Arietta Giglio <アリエッタ・ジリオ>
・GILL-901 TW  テクスチャーホワイト ¥216,000(税抜価格 ¥200,000)
・GILL-901 TBK テクスチャーブラック ¥216,000(税抜価格 ¥200,000)

  • 13514
  • 55
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード