長屋リフォームの費用・相場はどれくらい?

1棟を仕切って数戸が住めるようになっている長屋の場合、一般の住宅とは構造が異なるため、リフォームの相場も一戸建てやマンションとは異なっている場合が多くあります。「リフォームの費用が予算以上にかかってしまった…」といった失敗事例も少なくありません。今回は、長屋をリフォームする際の相場をご紹介します。

  • 2166
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

長屋リフォームの中心価格帯

長屋と一口に言っても、リフォーム内容はさまざまです。部分的なリフォームの場合は数十万で済むこともありますが、築年数が経っている物件が多く、リフォーム箇所が多くなる傾向にあるため、費用がかさむケースが多くみられます。さらに2戸を1戸につなげるなどの大規模リフォームを行うと一層費用は膨らんでしまいます。そのため、1,000万円を超えるケースも少なくありません。

長屋リフォームする際には、箇所別の相場を知っておき、予算を立てる際の参考にしましょう。

1.耐震性を強くする

長屋の耐震リフォームをする際に、土台から耐震性を強くするとなると、1,000万円以上の費用がかかります。そのため、耐力壁の補強や、梁の新設など部分的な耐震補強を行う方が多くみられます。その場合の費用は、長屋の老朽化の度合いにもよりますが、400~600万円が相場となっています。

2.断熱性を高める

長屋は築年数が経っている物件が多いという特性上、断熱材が入っていない場合が多く見られます。そのため、全面に断熱工事を行いたいという希望を持つ方が多いようです。床・壁・天井に断熱工事を行う際の費用は、500万円が相場となっています。また、窓サッシを断熱性のあるタイプに変える場合は、10~30万円が相場となっています。

3.窓を設置する

長屋は、構造上窓が少ないため、部屋が暗くなってしまいます。そこで、採光性を高めるために、窓を増設したり、天窓を新たに新設したりする方が多く見られます。窓の新設の相場は、15~30万円となっています。

4.和室から洋室にする

長屋の間取りの多くには、和室が組み込まれています。中には、全部屋和室というケースもあり、これらを洋室に変えるリフォームを行う方が多く見られます。和室の畳をフローリングに変える費用は、1平米あたり7,000円が相場となっています。

また、土壁をクロスに張り替える場合の費用は、1平米あたり2,000~5,000円が相場となっています。

長屋リフォームにおける費用面の注意点

長屋リフォームの特徴としては、築年数が経っている物件が多いという点が挙げられます。そのため、リフォームを行う際には、シロアリ被害に遭っていないかの確認を十分に行いましょう。もしシロアリ被害に遭っている場合、補修工事を行うと費用が一気にかさんでしまいます。ホームインスペクションという住宅診断を受ければ、事前にシロアリ被害に遭っているかの確認も可能となるため、事前に行っておくと安心でしょう。

おわりに

長屋は構造や特性が一般の住宅とは異なるため、費用が割高になるケースがあり、注意点も異なります。今回ご紹介した相場を参考にすることで、失敗のないリフォームを行うよう心がけましょう。

もっと詳しく知りたいという方は、最大12社のすまいの専門家から見積もり・提案を無料で受けることができる、LIMIAの一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2166
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード