内装リフォームにかかる費用・相場を徹底解説

住まいの築年数が経つにつれて、内装の傷みや汚れが目立ってきます。また、部屋の雰囲気に飽きてきて、内装を変えたいと思う場合もあるでしょう。こうしたさまざまなケースにおすすめなのが、内装リフォームです。リフォームすることによって新築のような美しさがよみがえり、自分好みの空間の中快適に暮らすことができるようになるでしょう。そこで気になってくるのが、内装リフォームにかかる費用についてです。

  • 2063
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

内装リフォームの主要価格帯とは?

内装リフォームは、5~20万円程度が主要価格帯となっています。一口に内装リフォームと言っても行うリフォーム内容によって価格が大きく異なるため、まずはどんなリフォームを行いたいのかリフォーム箇所の優先順位を決めることから始めましょう。そして、内容別の費用目安を参考に、予算内でどのようなリフォームができるのかを見極めることが大切です。

1.壁紙の張り替え(天井・床)

壁紙の張り替えは、6畳間で4~6万円、10畳間で7~10万円程度が相場となっています。内装リフォームの中では比較的低予算ででき、部屋の雰囲気を一気に変えられるため人気です。

壁紙クロスにはさまざまな種類があり、選ぶ素材によって費用が大きく変わります。量産品クロスの場合1平方メートル当たり650~1,200円程度ですが、消臭・防菌といった機能を備えたクロスや、色・柄が豊富な1,000番台クロスの場合は、1平方メートル当たり1,000~1,700円と割高になります。

また、壁紙クロス本体価格以外にも、既存のクロス剥がし費用や下地処理費用、クロス張り費用などの諸費用がかかります。リフォーム会社によって多少費用が異なるため、あらかじめきちんと確認しておきましょう。

2.フローリングの張り替え

フローリングの張り替えは、集成材フローリングの場合は6畳で55,000円~10万円、無垢材フローリングの場合は6畳で12~25万円程度が相場です。

無垢材フローリングは天然木の一枚板でできており、自然の風合いが楽しめる素材で人気があります。ただし、木の反りやねじれが起こりやすく劣化が早い点や価格が高い点がネックとなり、安価でお手入れもしやすい集成材フローリングを選ぶ方が多いようです。

フローリングの張り替え費用は、床下構造の種類によっても変わってきます。単に既存のフローリングを剥がして新しいフローリングを張るだけなのか、それとも下地や根太を張り替えた上でフローリングを張るのか、床下の状態によってやり方はさまざまです。どのような方法で工事が行われ、それに伴ってどのような工事費用がかかるのかを事前に確認しておくと安心です。

3.畳からフローリングの張り替え

畳からフローリングへの張り替えは、8畳で20~30万円程度が相場です。フローリングからフローリングへの張り替えよりもだいぶ割高になりますが、和室の畳と洋室のフローリングとでは下地の構造が異なるため、フローリングにするにあたっての補強や段差の解消などの工事が必要となるからです。

畳からフローリングに変える際、床材の価格だけで選ぶことは適切ではありません。選ぶ際に最も注意しなければならないのが、遮音等級についてです。特にマンションの場合はフローリングの遮音等級が管理組合によって定められているため、その規則に基づいて材質を選ばなければなりません。一戸建ての場合も、2階の畳部屋をフローリングにする場合には、階下への影響を考えて床材を選ぶようにしましょう。

4.ドアの交換

室内ドアの交換は、3~5万円程度が相場となっています。引き戸の場合も大体同じくらいの価格帯です。ただし、ドアに何かをぶつけて一部分に穴が開いてしまっている場合は、ドアをまるごと交換するよりも、修理する方が安く済む場合もあります。

例えば塗装で補修するなら2~3万円程度、ダイノックシートを貼る修理なら4~6万円程度です。穴の状態や他のドアとの調和などを考慮し、最適な方法を選ぶとよいでしょう。

5.和室から洋室へ

和室から洋室へのリフォームは、壁・床・天井・ドア・クローゼットなどすべてを変える場合、8畳で55~90万円程度が相場です。やはり部屋全体を洋室仕様に変えるとなるとかなり高額になってしまうため、床と壁だけ行うなど予算に合わせてリフォーム箇所を決めましょう。

内装リフォームにおける費用面での注意点

それでは最後に、内装リフォーム計画時に注意すべきポイントをご紹介します。

1.部分リフォームよりも全体リフォーム!まとめて行う方がお得

とりあえず床だけ、とりあえず壁だけ、というように、部分的に内装リフォームを行うケースが多く見られます。しかし、一部分だけ美しくリフォームするとかえって他の古い箇所が目立ってしまい、結局はすぐ後で他の部分もリフォームすることになりがちです。

別々にリフォームすると、またリフォーム会社に相談して見積もりを取って…と一からステップを踏む必要があるだけでなく、一度に全体的にリフォームするよりも割高になってしまう可能性があります。というのも、何か所もまとめてリフォームする方が材料費や人件費を安く抑えることができるからです。お得にリフォームしたいなら、部分リフォームよりも全体リフォームの方がおすすめです。

2.追加料金が発生する可能性も視野に入れて資金計画を立てる

内装リフォームは、見積もり通りにいかない可能性もあります。例えば、フローリングの張り替え時に床を開けてみたら予想以上に下地が傷んでおり、急遽下地補修工事がプラスされることになったなど、実際に工事が始まってから費用が上乗せされることは決して珍しくありません。そうなった時に慌てることがないよう、追加料金が発生する可能性をきちんと視野に入れた上で資金計画を立てておきましょう。

おわりに

これまで、行う内装リフォーム内容や選ぶ素材によって費用が異なるとお伝えしてきましたが、選ぶリフォーム会社によっても大きく変わります。できるだけ費用を抑えて内装リフォームしたいのであれば、まずは一括見積もりサイトで良心的なリフォーム会社を探してみるとよいでしょう。

まずは、最大12社のすまいの専門家から見積もり・提案を無料で受けることができる、LIMIAの一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2063
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード