【100均】キッチン収納にオススメの100均5選

100均・リメイク・収納も大好きな
DIYクリエーター我が家です。

前回、1×4材を使って
キッチンに収納棚を作りましたが
今日はその収納棚に
実際に何をどうレイアウトしたのかを
書いてみたいと思います。

地震災害時にも危険度が少なく
かつオシャレに使える
オススメの100均アイテムを利用して
キッチンを安全に収納していきましょう。

それでは詳細を‥‥ ↓

  • 8969
  • 54
  • いいね
  • クリップ

1×4材で作ったキッチン収納棚

前回DIYで作ったキッチン収納棚が
こちらになります ↓

1×4材を縦・横に組むだけで
簡単に作ることができます。

※ハウツーはこちらからどうぞ ↓

この3段の収納棚に
たっぷり収納したい所ですが
陶器・ガラス・ビンの類を収納するのは
とっても危険です。

ですので、今後の災害時のことも考えて
"割れない素材"でできた
100均アイテムをchoiceしました。

choiceした100均アイテム

私が選んだのは

■PET容器
■ステンレス・缶素材のもの

になります。

これらは軽くて割れにくいので
比較的安全に使用する事ができます。

ガラス・ビンは劣化しないメリットと
丈夫で長持ちする点が素晴らしいのですが
とにかく今の収納は
"安全第一"です (^^)b

上記に加え使用した物は

■かご・バスケット類

バスケット類は
籐やプラスチック製の物なども含め
沢山ありますが
今回はワイヤータイプを選びました。

見せる収納なら
ワイヤータイプがかっこよくてオススメ♡

逆に中身を隠したい場合は
中が透けないタイプの物をchoiceするなど

目的に合わせて使い分けると
いいと思います (^^)b

収納後【after】

上記の100均アイテムを使って収納すると
このようになりました ↓

使用頻度高めの物は
下段に置き

そうでない物は上段に置く事で
作業ロスを軽減。

ちょっと使いかけの物や
ごちゃついて見える物は
透けない容器(この場合は黒い缶)に入れて
隠してあります。

見えても大丈夫な物は
敢えて透明容器を使って
中身を見せながら収納してあります。

中身が見えるので
ラベルなど貼る必要もありません。

気になる配線☆

棚の方は問題なく出来上がりましたが
前回のDIYでも少し触れていた
気になる2つの"配線類"。

コンセント位置の関係で
電気ポットと電話(子機)の配線が
かなり気になります☆

そこで‥‥

収納しながら隠す

配線を隠すために
手前に収納をプラスしました ↑

寄りめの写真でも
ほとんどわかりませんよね。

また目立つコンセントは
手前にボードを立掛けて
完全に隠してしまう事で解決 ♪

100均のコルクボードなどに
印刷紙を貼っただけで
簡単に作れますよヽ(^^*)

※ワゴンのハウツーはこちらになります ↓

完成

以上で
キッチン収納棚のDIYと収納の完成です。

全体像

スッキリと何も置かないキッチンにも
憧れるのですが
スパイス等がズラッと並んだキッチンも
好きだったりしますヾ(^^;)

出しっぱなし収納で
■サッと取れる便利さが好きな人

とにかく何も置かずに
■掃除のし易さが第一優先の人など

様々だと思いますので
結論としては
"自分のストレスにならない収納が一番!"
なのだと思います。

キッチンに立つ時間が長いのは自分なので
"自分が好きなキッチン"であって
いいんじゃないかな。

そして、安全対策としては
"割れ物を置かない事"
それに尽きると思います。

100均やプチプラアイテムだけでも
理想のキッチンは作れますので
それらを上手に利用して
お気に入りのキッチンを
作って下さいね。

その他関連ネタはこちらにも ↓
お時間許す方は覗いてみて下さい。

本日もたくさん見て頂き
誠に有難うございました。

気に入って頂けましたら
フォローも宜しくお願い致します♪

※ 5月よりようやくインスタ始めました。
  こちらへのフォローも
  ↓是非とも宜しくお願い致します (^^)


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 8969
  • 54
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大阪のクリエーター"我が家"と申します。DIY・100均リメイク・整理収納など"心地よく暮らせるレシピ"を紹介させて頂い…

我が家さんの他のアイデア

雑貨のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード