端材で朽ちた感じのウッドボード

端材とホワイトウッドを利用してフェイクグリーンを飾る用のウッドボードを作成♪

塗装が剥がれた感じに仕上げてみました‼

  • 7687
  • 24
  • 1
  • いいね
  • クリップ

1.土台作り

切れ端などの余ってる端材を、ベニアに木工用ボンドで貼っていきます。

厚みが若干違っても、それが味になりますよ♪

その後、枠を作ります。
ホワイトウッドをボード周囲のサイズにカットして固定していきます。

下穴をあけて、ビスを少し打ち込んでから固定するとやり易いですよー★

2.傷付け

古びた感じを出すために、ホワイトウッドに傷をつけていきます。

傷付け方法は色々ありますが…

ラジオペンチで角を抉り取ったり

ヤスリで削ったり

今回はやってないけど、釘や金槌で傷付けてもいいですよ♪

3.塗装前の準備

塗装する前に、塗料のノリが良くなるように、全体的に研きます。

電動のサンダーを使ってますが、紙ヤスリでも大丈夫です♪

研き終わったら、乾いてる刷毛などで木屑をはらいます。

4.塗装

お好きな塗料で塗装していきます。

今回使ったのは、ベースにアサヒペンの水性ステイン(チーク)を塗ってます。

刷毛で全体に塗って乾かします。

完全に乾いたら、アクセント塗装の下準備をします。

部分的にグラフィティーペイントを塗るため、マスキングテープでマーキングしていきます。

アクセント塗装をする場所をイメージして、グラフィティーペイントを塗る部分にオールクラックアップを塗っていきます。

これ、上に塗る水性塗料をひび割れさせるという、画期的な塗料です♪

もし手元にない場合は、液体のりでも代用できるそうですよ‼←自分はやった事ないですが…(笑)

少し茶色っぽいですが、塗ったらほぼ透明です。

綺麗にひび割れさせたい場合は普通に、大きく剥がしたい場合はベッタリ塗るのがいいですよ♪

オールクラックアップが完全に乾く少し前(指でさわったら塗料は指につかないけどベタつく感じ)に、グラフィティーペイントをぬっていきます。

ここで注意‼

オールクラックアップの上塗りは、必ず一筆で塗りきってください‼

二度塗りすると、オールクラックアップが取れてしまいます…(´ㅂ`;)

僕もまだ上手に出来ませんが、慣れるまで不要な木材で練習する事をお勧めします。

こんな感じで、オールクラックアップを塗った部分がひび割れます♪

グラフィティーペイントを塗ってすぐにドライヤーなどで乾かすと、大きくひび割れます。

このままでもいい感じですが、今回は少し大きめに剥がしたいので、ガムテープやカッターの刃先などを使ってみました。

5.ステンシル

ボード面にステンシルしていきます。

ステンシルはいつもダイソーのステンシル筆を使ってます。

筆の先に少し塗料をつけて、紙や木材に擦り付けてかすれさせて、トントン叩くように塗ると失敗しにくいですよ♪

6.フェイクグリーンを飾る

今回は『コウモリラン』というフェイクグリーンを飾るため、四角にカットした木材に穴をあけてボードに固定し、そこに挿してます。

完成です★

最後までお付き合い頂きありがとーございました(*´∀`人)

  • 7687
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1年程前からDIYに興味を持ち、試行錯誤しながら色々試してます‼みなさんのアイデアで勉強させてもらってます(*´∀`人)

おすすめのアイデア

話題のキーワード