オリヅルランの育て方を徹底解説!種類や育て方の注意点も紹介!

スタイリッシュな見た目なオリヅルラン。日陰や寒さにも強く、初心者の方も育てやすいと人気の観葉植物です。生長していくとランナーが伸び、かわいらしい白い花をつけるのもポイント。今回は、オリヅルランの育て方や大きく育てるコツ、種類やお手入れの注意点などを徹底解説します!

  • 17574
  • 30
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【目次】
・丈夫で育てやすいオリヅルラン
・オリヅルランの種類
・ソフトオリヅルラン
・ナカフヒロハオリヅルラン
・シャムオリヅルラン
・オリヅルランの置き場所はどこがいい?
・夏は直射日光を避けて、冬は霜に当たらないように
・水やりはたっぷりと、ただし季節に応じたタイミングで
・春から秋にかけては早めの水やりを
・冬場は乾燥気味に管理するのがポイント
・オリヅルランに最適な肥料と用土
・春から夏にかけて定期的に肥料を
・用土の配合はどうしたらいい?
・オリヅルランの株分け・増やし方
・植え替えるときの注意点
・増やしたいときは株分けを
・子株で増やす方法
・根がない場合は水につけて
・枯れたときのお手入れは?
・葉先だけ枯れているならお手入れの見直しを
・観葉植物を育てる喜びを感じてみて

丈夫で育てやすいオリヅルラン

日陰や寒さにも強く、室内でも丈夫に育つオリヅルランは、初心者の方でも失敗しにくい観葉植物のひとつ。冬場でも霜に当てなければ戸外で越冬できるほど、元気にたくましく育ちます。

名前に「ラン」とありますが、ラン科の植物ではありません。「オリヅルラン」という名前は、ランナーと呼ばれる細長い茎を伸ばして白い花を咲かせたあと、折り鶴のような子株をつける様子から名付けられたそうです。たくましいオリヅルランですが、その花はとても素朴でかわいらしいもの。ひっそりと咲くその姿は、植物を育てる喜びを感じさせてくれますよ。

オリヅルランは生長が早く、株分けや挿し芽がしやすい品種なので、グリーンをたくさん増やしたい方にもおすすめです。

オリヅルランの種類

オリヅルランと一口にいっても、その種類は実に豊富。種類によって見た目が違うのはもちろん、なかには育てるのにやや注意が必要なものもあります。それぞれの特徴を把握したうえで選ぶと安心です。

ソフトオリヅルラン

よく出回っている品種で、細長い葉の外側に白い斑(ふ)が入るスタイリッシュな葉が特徴です。緑と白のコントラストが、爽やかな印象です。クールモダンや和風などさまざまなインテリアになじみます。ランナーをよく出し、耐寒性や耐乾性に優れているので、オリヅルランのなかでも育てやすいでしょう。

ナカフヒロハオリヅルラン

ソフトオリヅルランよりも幅の広い葉が特徴です。中央に入る黄白色の斑が鮮やかで美しく、インテリアグリーンとして人気のある品種です。オリヅルランの他の品種と比べると性質がやや弱く、ランナーも出しにくいといわれています。

シャムオリヅルラン

短めの葉をしたオリヅルラン。ランナーを出さず、株も小さいのが特徴です。コンパクトで光沢のある葉が茂るので、小鉢に入れてお部屋に飾って楽しむのがおすすめ。寒さに弱く、10℃以上なければ枯れてしまうため、秋〜冬にかけては戸外で育てるのは控えたようがよいでしょう。明るく日当たりの良い場所に置くのがポイントです。他のオリヅルランと同じように育ててしまうと弱ってしまうことも。特に冬場の管理には注意しましょう。

育てやすい品種をお求めの方や、ランナーをたくさん出してどんどん増やしたいという方には、ソフトオリヅルランがおすすめです。用途やイメージにあわせて選んでくださいね。

オリヅルランの置き場所はどこがいい?

日陰でも丈夫に育つオリヅルランですが、もともとは熱帯地方が原産の植物。暗い場所では生長が鈍ってしまうので、日光によく当てて元気に育てるのが理想的です。

成育期寒中は戸外で育てるのがベストですが、ガラス越しに充分な日光が当たる場所でもOKです。日当たりが悪い場所で育てると、日照不足から徒長してだらしない印象になったり、子株が出にくくなったりしやすいのでご注意を。

日光浴を好む植物ですが、急に直射日光に当てるのはNGです。購入前のオリヅルランはビニールハウスで育てられていることが多く、直射日光に慣れていない可能性が。いきなり強い光に当てると葉焼けを起こしてしまうので、最初に戸外へ出すときは、徐々に日差しに慣らしてから直射日光に当てるのがコツです。

夏は直射日光を避けて、冬は霜に当たらないように

夏の日差しは強力なので、葉焼けを防ぐためにも明るく風通しの良い日陰に置くようにしましょう。耐寒性に優れた品種であれば、冬場でも戸外で育てることができますが、霜に当たると枯れてしまう原因に。冬は室内で管理したほうが安心でしょう。戸外に置いていて霜で枯らしてしまっても、繁殖力が高いので春には再び芽吹きます。

水やりはたっぷりと、ただし季節に応じたタイミングで

オリヅルランは根が多肉質で太く発達しており、水分をたっぷりと貯蔵できるようになっています。比較的乾燥にも強いので、過湿にならないように気をつけてください。庭に植えている場合は降雨のみでほぼ大丈夫でしょう。戸外で鉢に植えている場合は、降雨だけでは水分が足りなくなるおそれがあります。土の表面が乾いてからしっかりと水をあげてください。

春から秋にかけては早めの水やりを

ただし、春から秋にかけての成育期はさかんに水を吸収するため、土が乾きやすくなります。水切れを起こさないように、土がやや乾いたら鉢底の穴からしみ出るまでたっぷりと水を与えましょう。受け皿にたまった水は根腐れを引き起こすので、必ず捨ててください。

冬場は乾燥気味に管理するのがポイント

耐寒性に優れたオリヅルランは、冬場は乾燥気味に育てましょう。水やりの目安は、土の表面が乾いてから3〜4日後。根腐れを防ぐためにも、しっかりと乾燥させてからたっぷりと水を与えます。水の量は他の季節と同じように、鉢底の穴から出るまで与えてくださいね。

オリヅルランに最適な肥料と用土

オリヅルランを丈夫で色艶のよい葉に育てるには、水だけでなく肥料や土にも気配りを。しかし、肥料をあげるにも、種類やタイミングを把握しておく必要があります。オリヅルランにあった肥料と用土を選び、最適なタイミングで与えましょう。

春から夏にかけて定期的に肥料を

肥料を与えるタイミングは、生育期にあたる春から夏にかけて。春に元肥(もとごえ)として緩効性肥料を与えておきましょう。夏が過ぎるくらいまで薄い液肥を2週間に一度のペースで与えると、葉の色が鮮やかになりますよ。肥料を与えるかどうかで葉の色艶が大きく変わります。いきいきと育てるためにも、生育期は定期的に肥料を与えてあげましょう。冬は生育が止まるので、肥料を追加する必要はありません。

用土の配合はどうしたらいい?

植物を育てるには、用土の選び方も大切です。自分で配合する場合は、赤玉土(小粒)5:腐葉土3:川砂2の割合で配合するとよいでしょう。難しい場合は、市販の観葉植物用培養土でもOKです。

オリヅルランの株分け・増やし方

高い繁殖力をもつオリヅルランは、春から秋にかけてぐんぐん生長を続けます。鉢で育てていると、すぐにいっぱいになり、株が窮屈に感じるでしょう。

鉢の中でも根が底までいっぱいに育っているので、植え替え期にあたる5月〜9月のあいだに、できれば毎年植え替えを行いましょう。難しい場合でも、2年に一度は植え替えが必要です。大きくなりすぎる前に早めに植え替えをすると、オリヅルランが元気いっぱいに育ちますよ。

植え替えるときの注意点

鉢からオリヅルランの根を傷つけないように出したら、古い根や傷んだ根は切り落とし、土もしっかりと落とします。今まで使っていたものより一回り大きいサイズの鉢に、新しい用土を入れて植え替えましょう。

増やしたいときは株分けを

オリヅルランを大きく育てたいときは植え替えでいいのですが、株の数を増やしたい場合は株分けするとよいでしょう。しかし、株分けと一口にいっても、はじめて育てる方には難しく感じることも。以下の手順でとても簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

1. 鉢から生長したオリヅルランを抜く
2. ハサミやナイフで2〜3株に切り分ける
3. 新しい用土で、今までと同じ大きさくらいの鉢に植えつける

植え替えのタイミングで株を同時に増やすことができるのは便利ですね。鉢だけでなく、庭に植えて育てるのもひとつの手です。

子株で増やす方法

オリヅルランが順調に育つと、子株をたくさんつけていきます。子株が増えすぎて見た目が悪くなったときや、数を増やしたいときは、ランナーから子株を切り取って、挿し芽をするとよいでしょう。見た目をバランスよく整えることができますし、挿し芽した数だけオリヅルランを増やすことができます。

挿し芽を行うときは、生育の良い子株がついたランナーを長さ3〜4cm程度つけてハサミで切り、そのまま小さい鉢に植えて育てます。ランナーをつけたまま小さい鉢につけておくだけで根付かせることもできるので、根付いてからランナーを切り離しても大丈夫です。

根がない場合は水につけて

挿し芽をしたくても子株に根がない場合は、水につけて発根させてから植え付けます。もしくは、根が小さい場合は、根に水苔を巻いて伸ばしてから植えるとよいでしょう。水苔を巻く場合は、以下の手順で行ってください。

1. ラップの上に湿らせた水苔を敷き、その上に子株の根を置く
2. 根を水苔で覆うように、ラップで子株を団子状に包み、輪ゴムでとめる
3. 竹串でラップに水やり用の穴を空けておく
4. 小さな鉢に3を入れ、水を入れて水苔の乾燥を防ぐ
5. 新芽が確認できるまで育ったら水苔をとり、鉢に植えつける

このように、さまざまな方法でオリヅルランを増やすことができるので、状況や品種に応じた方法を選んでくださいね。ソフトオリヅルランのようにランナーをよく出す品種は子株で増やしやすいのですが、シャムオリヅルランのようにランナーが出ない品種は株分けで増やしましょう。

枯れたときのお手入れは?

いつも艶やかに元気に育ってくれるといいですが、生き物である以上、枯れたり弱ったりすることも。枯れてしまったときはお手入れをきちんと行うと、元気を取り戻すことでしょう。全体が茶色く枯れている葉は、根元から切り取ります。

葉先だけ枯れているならお手入れの見直しを

注意したいのが、葉先だけ枯れている場合です。水分不足や根詰まりが原因として考えられるので、お手入れを見直す必要があります。根詰まりを起こしていると、水やりしても土が水を吸えなくなってしまうため、葉先だけでなく全体が枯れてしまいます。葉の色や水の吸い方はお手入れ見直しのサインです。必要に応じて植え替えを行ってくださいね。

お手入れを見直したら、見た目を整えるためにも枯れた葉はきちんと処理を。葉先の枯れてしまった部分だけ葉の形に沿ってハサミで切るのがコツです。まっすぐ切り落としてしまうとその部分が目立ってしまいますが、周りの葉の形と合わせることで目立つことなくきれいに仕上げられますよ。

観葉植物を育てる喜びを感じてみて

初心者でも育てやすく増やしやすいオリヅルラン。まずは開花を目標に育てててみてはいかがでしょうか。お手入れに不安がある方は、寒さや乾燥に強いソフトオリヅルランがおすすめです。

鮮やかなグリーンが美しいナカフヒロハオリヅルランも比較的育てやすいですよ。定期的に植え替えをして、元気に大きく育てましょう。オリヅルランの管理に慣れてきたら株を増やすこともできるので、観葉植物をさらに楽しめるようになります。観葉植物を育てる喜びを感じやすいオリヅルラン。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 17574
  • 30
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード