【種類別】引き戸リフォームの費用と相場|事例も紹介

玄関や室内の扉を引き戸にリフォームする際の相場や種類を解説。引き戸は力いらずに簡単に開け閉めができるため、お年寄りや小さな子どもがいる家庭におすすめです。事例も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 34720
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

室内ドアはどの引き戸にする?種類別のリフォーム費用と相場

一口に引き戸と言っても種類はさまざま。また選んだ引き戸のグレードによっても費用は変わってきます。種類別に、目安となる相場を見ていきましょう。

1.片引き戸へのリフォーム

一枚の戸を左右にスライドさせて開閉する、基本的な形の引き戸です。既存のドア枠を利用できるアウトセット方式を利用すれば工期は短く、費用も安め。材料費込みで8〜 11万円前後で行えます。一方で、出入り口を広くするために壁の解体も行うと、工期は長く費用も高くなり、相場は20〜30万円前後まで跳ねあがります。

2.引き込み戸へのリフォーム

片引き戸は、開いた戸が室内に残ってしまう点が問題でした。引き込み戸は、本来デッドスペースとなってしまうその戸袋部分を、袖壁内に収めてしまうのが特徴です。よって、袖壁への工事が必要になるため、リフォーム費用はどうしても高くなる傾向にあります。解体や補修などを含め、予算は30〜35万円前後は見ておきましょう。

3.引き違い戸、両引き戸へのリフォーム

2枚以上の戸をスライドさせて開閉する両タイプ。出入り口を大きく取れるので出入りや、大きな荷物の搬入出に便利ですが、間口を広げるために壁の解体が必要になることが多く、費用は高めです。両者とも相場は約30万円前後になります。

玄関ドアを引き戸にするためには?種類別のリフォーム費用と相場

同じドアのリフォームでも室内ドアと玄関ドアにおいては、引き戸への交換リフォームにかかる費用が大きく変わってきます。その違いを以下で見ていきましょう。

1.片引き戸へのリフォーム

片引き戸へのリフォームの場合、既存の玄関枠をそのまま活用するカバー工法が可能な場合があります。壁には手を加えないため安く済ませることが可能ですが、それでも室内ドアに比べるとやや高め。これは単純に、室内向けと玄関向けの引き戸の価格差が大きいようです。そのため、相場は30万円前後と室内に比べてやや高め。なお、壁に手を加え間口を変更すると、約50万円前後まで相場が上昇します。

2.引き込み戸へのリフォーム

やはり戸の価格差は大きく、室内のそれと比べると費用がかかります。とくに引き込み戸の場合は、壁に手を加えて戸袋を確保しなければならないため、相場も片引き戸よりも高くなります。工事する壁の広さにもよりますが、50〜 60万円前後は予算として見ておく必要があります。

3.引き違い戸、両引き戸へのリフォーム

もともとの玄関の大きさによっては、大規模なリフォームが必要になるのがこのふたつのタイプ。また、スペースが十分にないとリフォーム自体が不可能なこともあるので注意しましょう。規模にもよりますが、相場は60〜100万円前後とされています。

事例で学ぼう!引き戸へのリフォーム費用

実際の交換リフォームと相場には差異があるもの。参考までに、引き戸への交換リフォームが行われた事例と、その際にかかった費用をご紹介します。

1.高齢の家族のため、開き戸から引き戸へ交換リフォーム

高齢となり車椅子が必要になった家族のため、移動のしやすいように開き戸を引き戸に交換リフォームしました。工法は既存のドア枠をそのまま利用できるアウトセット方式を採用。費用を抑えつつも、車椅子でも移動のしやすい広い開口を実現しています。工期は1日、総費用は約9万円で済みました。

2.開閉に不便となる開き戸から、背の高い引き戸への交換リフォーム

玄関前にフェンスを立てる計画があり、開き戸では開閉に不便となるため引き戸へと交換リフォームを行いました。もとは欄間つきの親子ドアでしたが全て解体し、欄間まで伸びる高い引き戸に間口を広げ、また小窓には断熱材を施工しています。間口の変更に加え、断熱材の施工まで行ったので費用は高めの約60万円でした。

おわりに

ドア交換リフォームの費用は、工事費だけではなく、ドア本体の価格にも大きく左右されます。そして、工事費がリフォーム会社によって異なるように、ドア本体の価格設定も会社によって異なります。つまり、費用を抑えるためには、多くの会社に見積もりを出してもらい、それぞれ精査する必要があるのです。オンラインの一括見積もりを活用して、賢くリフォームの検討を行いましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。

※賃貸物件の場合、退去の際に原状回復を行う義務があり、修繕費用が必要となる場合があります。必ず賃貸借契約書を確認の上で、家主や管理会社の許可を取ってから作業を行いましょう。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 34720
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード