ドアをリフォームするにはいくらかかる?ドアリフォームの費用とは

現在では、防犯性が高いドアや、断熱性の高いドアなどの機能性に優れたドアがあります。「ドアが古くなったのでリフォームしたい」と考えている方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、リフォームをする上での判断材料は、機能性だけではなく、費用も重要となります。今回は、ドアリフォームの費用をご紹介します。

  • 10771
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ドアリフォームの中心価格帯は?

ドアリフォームの中心価格帯は、室内ドアと玄関ドアで大きく異なってきます。

室内ドアであれば、3~25万円となっています。室内ドアの交換だけであれば3〜10万円前後、新規のドア取り付けでは6〜25万円前後が相場となっています。

玄関ドアであれば、20~50万円となっています。ドア交換だけであれば数十万円の予算でリフォームをすることが可能になります。しかし、玄関ドアを設置して収納を新たに作る場合などであれば、100万円近く費用がかかってきます。土間や床など内装交換が入ると、さらに費用は増える傾向にあります。

ドアリフォームの相場は?

ドアをリフォームする際には、さまざまな工程が必要になり、それに伴い費用も変わります。以下では、工程別に相場をご紹介します。

1.設置費用

ドアの設置工事費用は5~10万円、収納などの設置工事費用は5万円~25万円が相場となっています。室内ドアを設置する場合には、3万円~5万円の工事費用がかかります。

2.材料費用

ドア本体の費用の相場は、室内ドアであれば5万円~15万円、玄関ドアであれば20万円~25万円程度が相場となっています。ドアのタイプ別の相場は、以下の通りになっています。

玄関ドア
・片開き…22万円~
・片袖タイプ…23万円~
・両袖タイプ…25万円~
・親子タイプ…26万円~

室内ドア
・片開き…1.5万円〜
・両開き…2.5万円〜
・開き戸…2.5万円〜
・折戸…4万円〜

上記の費用に工事費用を加えた価格が、総工事費用となります。

3.撤去費用

リフォームの場合にかかる特別な費用が、リフォームによって不要になった古いドアの撤去費です。撤去するドアの大きさにもよりますが、1~2万円程度が相場となっています。

ドアリフォームの費用における注意点

ドアをリフォームする際には、いくつか注意しておかなければ、費用がかさむケースがあります。

1.ドア枠のサイズを変更する場合

ドア枠のサイズを変更する場合には、同時にドア周りの壁も工事をする必要が出てくるため、その分費用がかかってしまいます。

2.ドアリフォームと同時に玄関をバリアフリーにする場合

玄関ドアをリフォームする際に、玄関全体をバリアフリーにしたいと考える方も多いでしょう。しかしこの場合、比較的大きな工事が必要となります。費用はトータルで100万円以上かかり、工期は1ヶ月以上となる場合もあります。

また、車椅子を使う場合には、玄関ドアのタイプにも気をつけておくと良いでしょう。車椅子を使う方には、開き戸よりも引き戸の方が使いやすいためです。

3.開き戸を引き戸にリフォームする場合

開き戸から引き戸にリフォームする場合は、柱の撤去などが必要になる場合があるので、40~50万円ほどかかります。

おわりに

ドアをリフォームする際には、デザインや機能性だけではなく、費用にも十分気をつけておかなければいけません。もっと詳しく知りたい方は、最大12社のすまいの専門家から見積もり・提案を受けることができる、LIMIAの一括見積もりサービスに問い合わせてみてはいかがでしょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 10771
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード