床暖房リフォームで暖かくて豊かな暮らしを!

  • 1708
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自分でリフォームをする場合

家のリフォームをするとき、最近ではDIY、つまり自分で行ってしまう人も結構いらっしゃいます。
自分で行えば、それだけ価格も抑えることができますし、最近ではホームセンターの品揃えも充実しておりますので、リフォームを自分で行うことも決して不可能ではありません。
しかし、自分で行うリフォームには限界があり、せいぜい壁紙を張り替えたり、床材を張り替えたりといった程度のもの。
(それも道具や技術がある上での話となりますが。)
床暖房を設置したり、ヒートポンプやエコジョーズを設置したりするというのは、とてもDIYでできることではありません。

床暖房をいれるメリット

では、床暖房のメリットというのは何があるのでしょうか。
まずは、空気を汚さないということです。
石油ファンヒーターやエアコンを使っていると、どうしても空気が汚れてしまったり、あるいは空気が乾燥したりします。
しかし、床暖房であれば空気を汚す心配も一切ありません。
赤ちゃんやお子様、ペットの健康という観点からもきわめて有効なものといえます。

床暖房の種類

床暖房には、大きく、電気ヒーター式と温水式があります。さらに温水式には、大きく電気型やガス型、それぞれの折衷であるハイブリット型、灯油型などがあります。それぞれにおいて、設置コストや運用コストも違いますし、性質も当然変わってきます。最近では、太陽光を利用したエコなものも多く出ているようです。あなたにあった、床暖房を選んでください。

床暖房と一緒に行いたいリフォーム

どうせリフォームを行うのであれば、他にもいろいろとできる対策があります。
まずは防音対策です。
お子さんが2階ではしゃいでいると、階下の天井はどうしてもうるさくなってしまいます。
2階の床にクッションを設置するリフォームを行えば、お子さんが思う存分はしゃいでも大丈夫です。
その際、フローリングの材質も考えたいところ。
お子さんのことを考えるならば、無垢材を使うといいでしょう。
少し値段は張ってしまいますが、補助金が出る場合もあります。

  • 1708
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリア関係のことやリフォーム関係のことをご紹介したいと思います。

おすすめのアイデア

話題のキーワード