アパートをリフォームしたい!気になる費用相場はどれくらい?

最近空き室が埋まらない…長年アパートを賃貸に出している大家さんにありがちなお悩みです。やはり築年数の古いアパートは外観・内装ともに劣化が進み、そのままの状態ではなかなか入居者を増やすことはできません。賃料を下げる手もありますが、リフォームして他の物件と差別化することができれば、賃料を下げずに入居率を上げることが可能です。そこで気になるのが、アパートリフォームの費用についてです。ここでは目安となる相場はどのくらいなのかをご紹介します。

  • 7505
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

アパートリフォームの費用、目安となる相場は?

アパートリフォームは、50~100万円が主要価格帯となっています。もちろん選ぶリフォーム内容によって価格は大きく異なりますが、特に水回り設備をリフォームするケースが多いようです。また、もしもスケルトン状態にしてフルリフォームする場合には、平米10~15万円ほどかかる傾向にあります。

内容別!アパートリフォームにかかる費用を徹底チェック

それでは実際に、リフォームの内容別にどのくらいの費用がかかるのか1つ1つ見ていきましょう。

1. 壁紙や床材の張り替え:20~40万円程度

壁紙や床材の張り替えは、内装リフォームにおいて最も人気があります。やはり壁紙や床を刷新させることで物件がより魅力的に見え、住み心地の良さを感じてもらうことができるからです。

壁紙や床材は、選ぶ素材によって費用が大きく変わります。費用を抑えるなら、壁紙の場合はシンプルな白い量産品クロスを選ぶとよいでしょう。量産品クロスは1平方メートルあたり650~1,200円程度で購入できます。

床材は、畳ではなく需要の高いフローリングを選ぶようにしましょう。比較的リーズナブルでお手入れが楽な複合フローリングの場合は6畳で55,000~10万円程度。クッションフロアを選ぶとより低価格でリフォームでき、6畳で5~7万円程度の相場となっています。

2.キッチンの交換:10~70万円程度

古い賃貸アパートの場合、流し台や調理台・ガス台がそれぞれ分かれているセパレートタイプのキッチンか、ユニットタイプのミニキッチンのどちらかが取り付けられているケースが多く見られます。セパレートタイプのキッチンの交換は10~30万円程度、ミニキッチンの交換は20万円程度です。

リフォームを機にセパレートタイプのキッチンをシステムキッチンへと交換する選択肢もあります。キッチンが魅力的になれば、それだけ入居率アップの可能性も上がるでしょう。ただし、セパレートタイプの場合ガス台は入居者自身で用意してもらうのが一般的ですが、システムキッチンにするとそのメンテナンス費用はすべて管理者持ちとなります。管理費用はシステムキッチンの方が大きいことを念頭に置き、検討しましょう。ちなみにシステムキッチンへの交換の費用相場は30~70万円程度です。

3.トイレの交換:10~30万円程度

トイレリフォームの費用は、便器のグレードによって決まります。ウォシュレット機能などがついていない最もシンプルな便器を選ぶ場合は5~10万円程度、脱臭機能や便座暖房・ウォシュレット機能などがついた一般的な便器を選ぶ場合は10~20万円程度です。

和式から洋式に変える場合には、床工事費用も上乗せされるため、25~40万円程度と割高になるようです。

4.洗面台の交換:10~20万円程度

1人暮らし用アパートの場合はサイズが小さくシンプルな洗面台の需要が高く、洗面台本体の価格としては5~10数万円ほどです。取り付け費やクッションフロアの交換費用を含めても、20万円程度でリフォームできるでしょう。

5.ユニットバスの交換:50~100万円程度

浴室リフォームは、水回り設備の中で最もコストがかかる傾向にあります。ただし、ユニットバスのグレードや機能にこだわらなければ、古いタイプのものやメーカー在庫品などを利用して安く済ませられる場合もあるため、リフォーム会社に相談してみましょう。

また、シングル向けのアパートによく見られる3点式ユニットバス(浴槽・トイレ・洗面台が1つになったもの)の交換は、40~60万円程度です。ただし3点式ユニットバスは近年敬遠されている傾向があるため、リフォームを機にトイレと浴室は別にすることを検討してみてもよいでしょう。

6.外装リフォーム:200~300万円程度

一般的な2階建てのアパートの場合、外壁塗装費としては300万円以内でおさまるケースが多いようです。これに足場代として1平方メートルあたり600~800円がプラスされます。

費用は選ぶ塗料によって左右されますが、低価格の塗料は耐久性が低いためこまめに塗り直す必要があり、逆に高額の塗料は耐久性が高いため長持ちしやすいといった特徴があります。1回にかかる費用のみで決めるのではなく、長い目で見て塗料を選択することがポイントです。

アパートリフォーム、費用面における注意点

それぞれのリフォーム内容における費用相場がわかったところで、実際にリフォームする際の注意点もチェックしておきましょう。

1.費用対効果を考えてリフォーム内容を決める

内装も設備も外壁も、すべて刷新させて魅力的にすれば確実に入居率はアップします。しかし、そうするには大きな資金が必要となり、その後見込める賃料でしっかりと元を取れなければ元も子もありません。どんなリフォームをしたらどれだけ費用対効果があるかを考え、リフォーム内容を決める必要があるでしょう。

目安としては、家賃の0.5年分~3年分を目安にリフォーム費用を決めるとよいでしょう。つまり、家賃5万円の物件なら、30~180万円でリフォームすると費用対効果のバランス良くリフォームすることができます。

2.コストを抑えるなら、内装リフォームは入居者の自由にするという方法も

部屋を魅力的にしたい、でもリフォームする予算がない…そんな場合は、内装リフォームを入居者にお任せしてしまうという方法もあります。リフォーム内容はすべて自由、ただし費用は入居者持ち、ということです。入居者好みの空間にリフォームできるため需要が高まる可能性が大きいですが、退去時のルールをどうするかをしっかりと決めておかないとトラブルになるため注意しましょう。

おわりに

アパートリフォーム費用は、依頼するリフォーム会社によっても大きく変わってきます。できるだけコストを抑えてリフォームしたい場合は、最大12社のすまいの専門家から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、LIMIAの一括見積もりサービスから問い合わせてみてはいかがでしょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 7505
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード