お家の構造になる集成材ってタダモノじゃない

台風や地震が深刻な被害をもたらす日本のベストとは?
日本の伝統的な家と言えば木の家ですね。
先人達は木の家の美しさや強さを知っていたのです。

  • 1586
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

住宅の安全性と関わりが強いのが、骨組みとなる柱や梁などの構造材。
さて有名な「3匹の子ブタ」の話では、わら、木の枝、レンガの家が登場し、お話で一番頑丈な家はレンガの家でした。
それは地震が少ないイギリスだからの話。
それでは台風や地震が深刻な被害をもたらす日本のベストとは?
日本の伝統的な家と言えば木の家ですね。
先人達は木の家の美しさや強さを知っていたのです。
その思想を受け継ぎ、現代の先端技術で高品質な構造材の生産などを行っている集成材の工場をちょっとのぞいてみましょう~。

それぞれの工程で厳重な品質チェックを何重にも繰り返し、その全ての基準を合格したものが集成材になるんです。
木は伐採されてからも、年月を重ねるにつれて強度が増したり、火にさらされても表層が炭化するため、延焼の進行が抑えられるなど、その素材自体が高性能。
そんな木の特性を最大限に向上させたものが集成材。
まさに日本人の木に寄せる想いと、高度な技術が結集し、日本の伝統的な木の家が今に続いているのですね。

木材はよく「温もりを感じる」と言われます。
寒い冬の日に鉄製の手すりなどに触ったら「冷たい!」と感じるけれど、それが木製だったらヒヤッとすることが少なくて、しばらくするとほんのりとした暖かささえ感じませんか?
逆に真夏にはアルミ製のベランダの手すりに触れると火傷しそうに熱くなってるなんてことも。
これらの理由は、木材の熱の伝わり方が遅いことによるためで、木の優れた大きな特徴の一つ。
これらの事実ひとつとっても、人が毎日暮らす環境には、もちろん木の方が(鉄やコンクリートより)やさしいということが分かります。
だからディズニーランドのベンチも木製なんだね。

  • 1586
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

エースホームは、自分らしく、健康安全に子どもを育て、未来に向かって長く住めるMi‘Like(ミライク)で次世代の家づくりを提案します。近年、頻発する地震や省エネ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード