【植物のある暮らし】水やりのタイミングがわかりやすい♪無印良品の観葉植物。

観葉植物のある暮らしに憧れているけれど、すぐ枯らしちゃうから無理かも……と諦めていませんか?無印良品の観葉植物なら水やりのタイミングがわかりやすく、初心者でも育てやすいのでオススメですよ♪

  • 19763
  • 164
  • いいね
  • クリップ

無印良品のオススメ観葉植物♪

部屋に観葉植物を置きたいけれど、お手入れが難しそう。
そんな心配はありませんか?
観葉植物初心者の方にぜひオススメしたいのが、無印良品で販売されている「底面給水鉢の観葉植物」です。
わが家では「底面給水鉢の観葉植物」のうち、シュガーバイン(写真左側)とピレアディプレッサ(写真右側)の2種類を育てています。

「底面給水鉢の観葉植物」とは?

無印良品の「底面給水鉢の観葉植物」は、水を入れた半透明のカバーと植物の植えられた白い鉢を重ねて使う構造になっています。
水やりの時は土の上に水をかけるのではなく、半透明カバーに水を入れます。
白い鉢の底についている給水ひもが半透明カバーの水を吸い上げる仕組みです。

白い鉢には取っ手が付いていて、水やりの時に植物を引き上げやすくなっています。

「底面給水鉢の観葉植物」の水やりは冬の時期は1週間に約1回、夏の時期は3〜4日に約1回を目安にしています。
植物の種類や環境などによって水やりのタイミングは変わりますが、半透明カバーで水の量を確認でき、水やりを忘れたり、水をやりすぎて根腐れさせてしまうことがないため、お手入れが不安な方でもお世話がしやすいですよ♪

プランターカバーと組み合わせてオシャレに♪

「底面給水鉢の観葉植物」は半透明カバーのまま飾ることもできますが、プランターカバーと組み合わせることでインテリアとしてもオシャレになります。

「底面給水鉢の観葉植物」用のプランターカバーは無印良品でも取り扱いがあり、帆布やフェルト、磁器、素焼、アルミなどお部屋の雰囲気に合わせて選べます。
わが家では「底面給水鉢の観葉植物」にシンプルな白い磁器鉢を合わせて使っています。

植物のある暮らしを楽しみましょう♪

今回は初心者の方が育てやすい無印良品の観葉植物「底面給水鉢の観葉植物」をご紹介しました。
「底面給水鉢の観葉植物」はわが家にあるシュガーバインとピレアディプレッサ以外に、ポトスやペペロミア、ガジュマル、パキラ、多肉植物の寄せ植えなど植物の種類が豊富に揃っています。

注意点としてはネットストアでの購入の場合、2個または3個セットでの販売となり、植物の組み合わせがあらかじめ決められていることです。店舗では単品で購入可能です。
自由に組み合わせて選びたい方や実物を見て購入したい方は店舗での購入がオススメですよ♪

無印良品の観葉植物で植物のある暮らしを始めてみてはいかがでしょうか?


LIMIAからのお知らせ

ポイント最大43.5倍♡ 楽天お買い物マラソン
ショップ買いまわりでポイント最大43.5倍!
1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に!

  • 19763
  • 164
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

札幌在住の整理収納アドバイザーです。2016年から始めたブログでは、無印良品やIKEA、ニトリ、100円ショップなどのプチプラアイテムを使ったインテリアや収納ア…

おすすめのアイデア

話題のキーワード