新米の季節だから…ごはんのお供レシピ

新米。
みなさんもう食べましたか?
あの炊き立ての艶やかさ。
香りといい、甘みといい、本当に美味しいですよね。
そのままでも十分美味しいごはんですが、そのごはんをより一層盛り立ててくれるお供を、t-na kitchen lab.の石橋てるみさんと、リロンデルのお料理コンシェルジュ・朋ちゃんのレシピを紹介します。

  • 3090
  • 19
  • 2
  • いいね
  • クリップ

塩麹の優しい味の中に、バターの濃厚さを感じる「塩麹肉じゃが」

あの定番・肉じゃがを塩麹で作りましたよ~。
L'hirondelle(リロンデル)で作れば、無水調理ができるので、野菜たちからグングン水分が出て、ウンと甘く仕上がります。
味の決め手はバター!
北海道のじゃがバターを彷彿させる、あの味が口いっぱいに広がりますよ。

野菜の旨み全部がギュっと詰まった「中華いりおから」

和風の卯の花もごはんのお供に合いますが、その中華バージョン。
L’hirondelle(リロンデル)で蒸し煮をすることで、野菜やキクラゲ、椎茸などなど、具の旨みがおからに染み込んでますよ。
パサつきがなく、しっとりとしたおからが、ごはんに合うあう!
中華スープとオイスターソースの味が、食欲をそそりますよ。

カレー風味が食欲そそる、ご飯に乗っけ盛りの一皿「タコライス」

タコライスの“タコ”の部分と言えばいいのでしょうか・・・?
ひき肉とチーズ、トマト、レタス、味付けはカレー粉。
しっかりとした味付けと、絶対ごはんに合わないわけがないカレー味。
“タコ”の部分、期待を裏切りませんよ~。
子どもたちもきっと好きな味。
ぜひお試しを!!

  • 3090
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード