【住宅ローン】家は何歳位で買う?みんなの「何歳でどんな家を買っているのか」を総ざらいしてみた

こんにちは!長野県茅野市の工務店エルハウスです🎵

年齢を重ねてくると「そろそろ家を買おうかな?」と思う人も多いですよね。他の人は、何歳位で家を買ってるんだろう?と思うことはありませんか?今日は「住宅ローンを組む年齢」について、一緒に考えてみませんか?

  • 346
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

新築の住宅/中古マンションを買う人の平均年齢は?

住宅と一口に言っても注文住宅、建売、新築マンション、中古マンションなど何種類かあります。

国交省の調査によれば、平均年齢は新築が30代後半、中古で40代前半とのことです。

注文住宅ですと、40歳未満で購入する人が約6割ちょっとと一番多いです。40代での購入が2割ちょっと、50歳以上は1割ちょっとという内訳になっています。

新築の建売は40歳未満は約7割と若い世代がかなりの数を占めています。

これに対して、中古マンションが一番平均年齢は高く43.4歳となり、40歳未満は4割ちょっとと注文住宅より割合が下がります。

あくまで傾向ですが、住宅ローンの支払い年数のことを考慮してか、新築の一戸建ての方が平均年齢は若い傾向にあり、購入価格が安くなりやすい中古マンションを買う人の方、平均年齢が少し高くなりやすい傾向にあるようです。

住宅購入の平均年収はいくら?

世帯年収についても同じく国交省の調査があります。こちらは新築マンション購入の人が一番平均年収が高く835万円。注文住宅690万円、建売646万円、中古マンションで650万円となっています。

新築マンション購入者だけ飛び抜けて平均年収が高いですが、それ以外は大きい差は見られない結果となっています。

恐らく、新築マンションについては東京など都市部の富裕層が多いためこういう数字になっているのでしょう。

新築マンション以外では、世帯年収600万円以下の人で約半数を占めています。

住宅会社から見た実際の感覚はこれ位!

実際に住宅会社で働いていますと、いろんなお客様とお会いしますが、20代の若い方も多いと感じます。確かに30代の方が一番多いのですが、若い人も少なくありませんし、40代、50代の方もいらっしゃいます。

年収に関しては、人によって違いますが、国交省の調査の平均690万円というのは高過ぎるように感じます。ここは本当に人によりますが、旦那さんが年収400万円以内で奥様がパートという家庭も少なくありません。

国交省の平均の世帯年収690万円という家庭もないことはないですが、多くはないと感じます。

エルハウスは地域工務店ということで、新築の注文住宅の会社ですが、大手ハウスメーカーと比較すると、手頃な価格で家が買えるということもあるのかもしれません。

地域工務店/ローコスト系住宅メーカーだと、また少し違います

実際、国交省の調査の購入資金の平均額は土地をすでに持っている人でも3249万円とかなりの金額です。

エルハウスの場合、土地をすでに持っている人の場合、2000万円以内という方が多いですので、国交省の調査の数字とズレを感じるのかもしれません。

エルハウスに限らず、地域工務店やローコスト系の住宅メーカーですと、土地以外の金額は2000万円以内というところは多いでしょう。

なので、実際に地域工務店やローコスト住宅メーカーの場合だと、ここまでの国交省の調査の数字とは少し違ったものになるでしょう。

住宅を買う「適齢期」はいつなのか

さて、住宅を買うのに適齢期はあるのか? 若いうちに買ってしまったほうが良いのか、ある程度、年収が上がるのを待ってから買ったほうが良いのか?という問題がありますよね。

これは一概には言えないと思います。

若くても、それから先、転勤などがなさそうであれば、早いうちに買ってしまった方が、ローンの支払いも早く終わります。アパートの家賃を長く支払うのはもったいないとも考えられます。

逆に年収がしっかりあって、年齢もそれなりになっていても、引っ越しがありそうであれば住宅は買いにくいでしょう。

年を取って収入が上がるのを待つかどうかについては、以前はその考え方も主流でしたが、令和の時代では、年功序列で給料が上がっていくということは段々期待しにくくなるかもしれません。

特にコロナウイルスで、インターネットの活用が大きく進むことが予想されます。

インターネットの活用、リモートワークなどが進むと、国境や年齢が関係なくなることも予想されます。もちろん、全ての業種でそうなるわけではないでしょうが、これまでの日本の終身雇用、年功序列は減っていく可能性も高いです。

ちょっと突飛な話に聞こえるかもしれませんが、実際、20年経つといろんなことが変わります。今から20年前の時点で、こんなに多くの人がインターネットを利用する時代が来るとは、なかなか予想出来なかったでしょう。

そういったことを考えると、上がるか分からない年収を期待するより、現状の年収でも無理無く買える資金計画で、早くに住宅を購入して住宅ローンを早くに返済しきってしまうのも良いでしょう。

もちろん、無理せず、自分の中で良いと思えるところまで待つのは重要です。

まとめ。大事なのは自分基準で考えること

人によって考え方、価値観はありますが、大事なのは自分基準で考えることでしょう。

もちろん、何歳ぐらいで家を建てるかの平均値や周囲の人の話は、目安、参考として知るのは大事です。

しかし、実際には平均値などはあくまで平均です。今回の話でも新築マンションの購入者の世帯年収の平均がすごく高収入になっていましたが、私の知人で、そんなに高収入でなくても新築のマンションを購入した人もいます。金額も中古マンション並の目玉物件みたいなところだったようです。

実際に大事なのは、自分たちの収入と貯蓄で、無理無く買えるかどうかでしょう。

時期としては、早い方が賃貸に払う家賃の総額が少なくなることと、住宅ローンの支払い終わる年齢が終わる年齢も早くなるというメリットがあります。

しかし、一度購入すると買い換えるのが難しいものですので、慎重に時期について考えるのが大事ですね😃


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 346
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家づくりで少しでも不安を感じたら私達に声をかけて下さい。諏訪市、松本市、茅野市、塩尻市、岡谷市、安曇野市、原村、下諏訪、富士見町、山形村、辰野町、朝日村圧倒的な…

おすすめのアイデア

話題のキーワード