水回りを移動したい!リフォーム時のポイントは?

「水回りの位置が現状では使いにくい。リフォームで移動できないか」このようなお悩みはありませんか?水回りの移動を伴うリフォームは、住宅の種類や状況によって簡単にできる場合と難しい場合があります。また、移動が可能であっても、配管などの大幅な増設が伴えば予算も多くなってしまうでしょう。ここでは水回りの移動を伴うリフォームのポイントについてご紹介します。

  • 9136
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

まずは、水回りを移動できるか確認しよう

水回りの移動リフォームを計画するにあたってまず考える点は、水回りの移動が物理的に可能かどうかという事です。

基本的には、一戸建て住宅であれば配管などの自由度が高いため、水回りの移動・移設も自由にできます。ただし、大幅な移設で配管などを大きく増やす必要があれば、かかる費用も高額になってしまいますから注意しましょう。

一方マンションでは、管理規約で水回りの配管移動が不可とされているケースが多くなります。この場合はもちろん、水回り設備の移動も難しくなるでしょう。ただし、配管を増設する形での移動なら大幅でなければ認めてもらえることもあるようです。いずれにせよ、まずは管理規約で禁止されていないかを確かめ、禁止事項になければマンションの管理者に問い合わせてみるとよいでしょう。

水回り移動リフォームのポイント

水回りを含めた家の中の設備は、1度リフォームで動かしてしまったら簡単に元に戻すことはできません。その点を考慮し、失敗がないように以下のポイントを押さえておきましょう。

1.設備を入れ替える場合は、可能なら実物を確認しておく

キッチンや洗面台、トイレ、システムバスなどの水回り設備。リフォームでの移設に伴って新しく入れ替える場合も多いでしょう。その場合、やはり設備本体は施工するリフォーム会社に調達してもらうことが作業・費用の両面で望ましいですが、それとは別途で事前に実物を見て確かめておくとよいでしょう。

カタログだけで決めてしまわず、メーカーのショールームなどに展示されている現物があれば決める前に確認することでイメージが掴みやすくなります。ただ、全く同じ製品が手に入るとも限りませんから、設置したいサイズに近いものなどを見て雰囲気を掴んでおくのも一案です。

もし、リフォーム会社で同じものが調達できない場合でも、「以前見たことのあるこの製品に、サイズや形状が似たものが良い」と伝えることで、リフォーム会社側もそれに近い別の製品が勧めやすくなるはずです。

2.キッチンのサイズは重要。室内の広さをよく検討して

水回り移動のリフォームでは、システムキッチンの移設を希望するケースが最も多いでしょう。なかでも、従来多かったI型のキッチンから、対面式のシステムキッチンに替えたいという要望は多数あるはずです。

しかし、意外に多くの場所を取るのが対面式キッチンの特徴。室内空間が狭い場合は、窮屈な印象を与えてしまうため向かないともいわれます。キッチン本体のサイズに妥協して小さめのものを選ぶ方法もありますが、あえてI型のキッチンを選び、配管を移設せずに向きだけを90度変えて設置するのもよい方法です。リビングに背を向けずに家事ができるようになるだけで、家族のコミュニケーションが格段に取りやすくなったという声もあります。

3.移動できなくても、設備の向きは変えられる場合がある

先の項目でも少し触れましたが、水回りの配管が動かせなくても設備の向きだけなら変えられることがあります。実は、設備の設置方向を変えるだけでも、雰囲気や使い勝手は大きく変わるもの。浴槽や洗面所が暗い・窮屈、あるいはキッチンでの孤独感がイヤというお悩みをお持ちなら、移設が難しくても向きを変えるだけでかなり改善できる場合があります。

水回り移動リフォームの事例

それでは、水回り設備を移動するリフォームを実際に行った例をご紹介します。

事例 古いマンションのI型キッチンを、壁の移動で配管を動かさず対面式に!

築年数の古いマンションのリフォームを機に、キッチンを昔ながらの壁付けのI型から対面式に替えた例です。マンションの管理規約で制限があり、基本的に給排水管の位置を変えることはできませんでしたが、間取り変更を行い壁の位置を奥にずらすことでキッチンのスペースを拡大。配管の位置を全く変えることなく、広々した対面式キッチンを実現しました。

空間を広げたため、少なかったキッチン収納も充実させることができました。背面にはオーダー品のカップボードを設け、同じスペースに冷蔵庫置き場も新設。シンプルでお掃除も簡単な、お手入れしやすいキッチン回りに生まれ変わっています。

おわりに

水回りの移動・移設はコストや手間もそれなりにかかるもの。自由に移動ができればよいのですが、そうはいかない場合でも意外に多くの改善策が見つかりました。逆に、それだけ水回りのお悩みを抱えている人は多いともいえます。準備段階でリフォーム会社ともよく相談して、後悔や失敗のない水回りリフォームにつなげましょう。

信頼できるリフォーム会社を選ぶことも、水回りリフォーム成功への近道です。多くのリフォーム会社から見積をとり、比較検討することが優良リフォーム会社選びの決め手。1軒ずつ業者を回って見積を取るのは大変ですから、一括見積サイトを上手に活用するとよいでしょう!

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 9136
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード