A邸-戸建てからマンションへ。サイズダウンしても狭さを感じない部屋

Aさん夫妻は、新築一戸建てで買った建て売り住宅に住んでいましたが、5年ほど住んだ後に「やはり自分たちの好きなようにリノベーションしたい」と、住んでいた家を売却し、中古マンションをリノベーションしました。

マンションの狭さに懸念はありましたが、リビングの窓から見える景色、遠くに富士山まで見える抜けの良さに感動し、購入を決めたそう。そこで、LDKをなるべく広く使いたい、子ども部屋を作りたい、ネコが楽しめる部屋にしたいという3つのご要望がありました。

LDKを広くするため、対面キッチンはあきらめ、壁つけに。主寝室はリビングの横に、ベッドがギリギリ入るだけのスペースでコンパクトにまとめ、圧迫感がないように寝室の壁の上部を空けて造作。玄関から入ってすぐの個室は子ども部屋です。さらに、ネコのための通路や扉などをあちこちに準備しました。メリハリのある空間の使い方をし、狭さを感じない居心地の良いお家ができました。

  • 444
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
温かみのある素材を用いたLDK
空間を広く使えるよう壁付けにしたキッチン。面材はラワン
壁の向こうはリビングの一角に設けたベッドスペース。奥にはネコの通り道が
長女の個室。アクセントウォールの色は自分で選んだ
ベッドスペースはコンパクトだが、収納やスマホなどを置ける場所も確保
シンプルで清潔感のあるサニタリー。収納グッズも白で統一
リビングには様々なネコの小物が飾られている
扉に設けたネコ用のドア
リビングからの眺め。最上階で抜けているため、富士山が見えることも
  • 444
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

建築デザインと不動産仲介のプロがタッグを組み、物件探しから設計・監理、将来の賃貸化・売却のサポートまで、リノベーションのトータルサービスをワンストップで提供しま…

ブルースタジオさんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア