家の寿命を延す魔法のシート

今では当たり前に使われていますが、タイベック(透湿防水シート)が無ければ通気工法は出来ないと言っていい位に現代の住宅作りに無くてはならない存在です。

  • 400
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

タイベック(透湿防水シート)をご存知ですか?

今では当たり前に使われていますが、このシートが無ければ通気工法は
出来ないと言っていい位に現代の住宅作りに無くてはならない存在です。

日本の住宅作りで防水紙と言えば、昭和50年前半までは、
黒いアスファルト系のシートを使っていました。
このタイベックシートは、アスファルト系にシートに比べて
100倍も水蒸気を通しやすく、水や空気は一切通さない優れものです。

このタイベックシートの登場によって、通気工法が普及して結露が少なくなり
家が長持ちする方向に向かって行きました。
サイディングの裏面から、水蒸気や水分による凍害や塗膜の膨れも少なくなり
サイディングの寿命も格段に伸びることになりました。
モルタルの外壁にも通気工法を、採用する施工会社も増えていて、
家の寿命を飛躍的に伸ばしています。

タイベックはデュポン社が作っているポリエステル不職布で非常に目が細かく
表面張力で丸くなろうとする水は殆ど通しませんが、
水蒸気はとても小さいため自由に通り抜けることができます。

余談ですが、福島原発の作業や赤ちゃんの紙おむつでも使われています。

せっかく高性能なこのシートを使っていても、 シートのジョイント部分にテーピングを しない現場をよく見かけます。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 400
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

初めまして真柄工務店代表の真柄です。弊社では自然素材をベースに、自社社員大工による施工精度の高い家つくりを行っています。結露を起こさない高断熱高気密住宅と、床下…

おすすめのアイデア

話題のキーワード