シンプルな部屋にするための3つの基本

毎日暮らしている住まいは、季節や行事などによって様々に変化します。かたづいたり、散らかったり。きれいなったり、きたなくなったり。でも、どんな時も、この3つの基本をチェックポイントにしておくと、シンプルな部屋を維持することができます。

  • 2721
  • 29
  • 4
  • いいね
  • クリップ

①物の量を減らします。

部屋が散らってくると、「あー、大変だ。かたづけなきゃ。掃除もしなきゃ。物が多いから収納も買ってこなきゃ。」とあれもこれもになってしまって、頭の中も混乱してしまいます。でも、安心してください。順番に行えば、大丈夫です。まずは、物を減らしましょう。シンプルに、好きなものはとっておく。嫌いなものは捨てるでも良いので、自分の基準を決めて、物を少なくすることをおススメします。

②定位置を決めます。

①で物の量を減らしたので、少し頭の中がスッキリしてきます。ここで、物の定位置を決めます。おススメは、いきなり、「これは絶対に今日からここに置く!!」と気合いを入れてしまうより、最初は「とりあえず、ここにしよう。」くらいゆる〜くスタートすることです。で、ここからがポイントですが、毎日の生活のなかで、「とりあえず、ここにしよう。」と決めたポイントに置き続けることです。最初はしんどいですが、そのうち自然になってきます。イメージは、こんな感じです。物の位置が違う→元に戻す(最初はしんどい。)→続ける→だんだんその位置にないと体が違和感を感じてくる(ちょっと楽になってくる)→自然にその位置に置くようになる(考えないで、体が勝手に反応するようになるので、とても楽)

③掃除をします。

ここで、掃除が一番のおススメです。まず、物が少なくなっているので、とても掃除がしやすいです。そして、物の定位置もきまっているので、イライラしないで、心も落ち着いています。純粋に部屋を掃除することに集中できます。ついつい、①や②の途中で掃除をやってしまいがちなのですが、慣れていない時はやらないで、①と②が終わってから掃除を行うことをおススメします。③の掃除が終わるころには、心もスキッリして、「あーやって良かった。気持ちいいな。」という達成感が味わえます。

まとめ

慣れない頃は、とにかく分けて①→②→③と順番にやると良いです。段々慣れてくると、「①は大丈夫だけど、②ができていないな。」と自然にチェックができるようになってくるので、気になっているところを行います。そして、継続していると、①→②→③→①→②→③の好循環が自然に生まれてくるので、シンプルなお部屋を維持できると思います。

  • 2721
  • 29
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「家事の行き届いた家はなんて素晴らしいのだろう。」「この気持ちを一人でも多くのお客様に味わっていただきたい。」これが、私が家事代行サービスを行っている日々の想い…

おすすめのアイデア

話題のキーワード