部屋をリフォームする費用・相場はどれくらい?

部屋のリフォーム費用は、リフォームする箇所、材料の選定、広さ、目的など、あらゆる条件によって大幅に異なります。予算が限られているなら、まずは優先的にリフォームしたい箇所を考えておくと良いでしょう。リフォームを行いたい箇所がはっきりしていてリフォーム後のイメージもしっかり掴めていれば、計画段階での予算も組みやすくなります。ここでは、部屋をリフォームする時の主な費用の相場を、方法別にご紹介していきます。

  • 1635
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

部屋全体のリフォーム費用と、部分リフォームの費用

まず、部屋のリフォーム費用について、まずはリビングを例に挙げて相場を見てみましょう。

・リビング全体のリフォーム費用
壁材の変更:5~18万円
間仕切り壁の設置:7~15万円
壁の撤去:3~8万円

部屋全体をリフォームしたいけれど予算がないという人は、壁紙など部分的にリフォームが必要な所から段階的に始める方法もあります。まずは修理が必要な部分や傷みが目立つ箇所などを最優先にし、後で他の場所をリフォームすると良いでしょう。

・壁のリフォーム費用
壁紙(6畳):約4~8万円 
間仕切り壁設置:約8~14万円
間仕切り壁撤去:約3~5万円
壁穴修理:約3~5万円
砂壁にクロスを張る:約9~12万円

・床のリフォーム費用
床張り替え:約8~15万円
床の修繕(全面):約15万円~

・洗面所のリフォーム費用
室内全面リフォーム:約20万円~
洗面化粧台交換:約3万円~6万円
排水口の交換:2.5~3万円

低価格に抑えるコツ

冒頭でも触れましたが、部屋のリフォームを低価格に抑えるコツは、計画をきっちり練ることです。目的に沿って予算組みをしっかりと行い、優先順位を明確にしましょう。まずは家族会議などを綿密に行ってみんなの意見を取り入れながら、納得のいくリフォームができるよう準備しておきましょう。

また、「可能なら最低予算で仕上げたい」とリフォーム会社にあらかじめ伝えておけば、材料費などで価格をある程度調整してもらえます。仕入れルートを工夫するなどの方法で、品質の良い量販品を安く提供してくれる業者さんも沢山ありますので、安心のリフォームが低コストで実現できるかもしれません。

部屋のリフォーム工事以外にかかる、隠れた経費

初めに予算を組む時、見落としがちな隠れた「諸費用」には要注意です。諸費用とは、工事に直接関係する費用ではないものの、手続きなどの都合で必ずかかってしまう費用のことです。

リフォーム中に家を空ける必要がある場合の引越し代や仮住まいの費用、ご近所さんへの挨拶周りなどで必要な菓子折りなどにも費用がかかります。荷物を一時的に預けたいならトランクルームを借りる費用もかかりますし、ローンを組む際の手数料や保証料などもあります。

また、お部屋のリフォームが終わったら、新しい家具や家電を購入する場合もあるでしょう。カーテンや照明なども替えるケースが多いでしょうから、それらの費用も工事費にプラスして考えておくと、後で困りません。

おすすめなのは、想定の金額より3割ほど多く、予備の予算を確保しておくことです。予備予算があれば、変更や追加があった場合に対応できます。リフォームには、予測できないことも付き物です。思っていた以上に老朽化や傷みが進んだ箇所が見つかる場合もあるでしょう。そういう時のためにも、予備の予算を準備しておくと安心です。

おわりに

部屋のリフォームにかかる材料費や設備費は、その選択次第で大きく異なってきます。できるだけ予算を低く抑えたい時には、まずリフォーム会社へ相談してみましょう。同じ材料でも、業者の調達方法などで価格が異なる場合があるからです。

優良リフォーム会社を選ぶには、複数のリフォーム会社に見積を請求して比較検討することが大切です。多くのリフォーム会社を訪ねて見積を取るのは大変…という場合は、一括見積サイトを利用するとよいでしょう。1度申し込むだけで多くのリフォーム会社に見積を請求できますから、忙しい方でも安心です。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 1635
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード