基礎断熱と床断熱の違い

室内の温熱環境に基礎と床下が大きく
関係しているのをご存知ですか?

  • 368
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

室内の温熱環境に基礎と床下が大きく 関係しているのをご存知ですか?

今では、殆どの新築住宅で採用されているベタ基礎。
家全体の荷重を底盤全体で受け止めて面で支えているので安定性に優れています。

それに加えて、コンクリートが蓄熱、蓄冷体として利用できるメリットもありますね。

一般的には、床下を外部扱いにして1階の床ラインで断熱している場合が一般的です。
しかし、これは熱の効率から考えると大きな無駄でしかありません。
真冬の冷たい冷気が床下に入り続け、床下のコンクリートを冷やし続けます。
冷たくなったコンクリートは、床下を冷やし続けるので1階の床が冷たいのは当然なのです。

それに、加えて合板フローリングなど空気層を持たない仕上げ材ですから余計に冷たく感じてしまうのです。

高断熱、高気密住宅では床下を室内と同じ環境にします。
その為に基礎に断熱材を張り、外気を床下に取り込まないので、
床下は室内と同じ温熱環境になります。

基礎断熱にした時に、コンクリートに伝わる温度は 地熱の影響を受けます。

地熱の温度は安定していて、年間を通して、15度前後です。
この温度が地表に近くなると冬で8度、夏で16度位になり、床下のコンクリートはこの温度を蓄熱して、室内に伝える事になるのです。
どちらが、暖房冷房のエネルギーを多く使うかは明らかですよね。
基礎断熱は無駄なエネルギーを使わないので、家計にも優しいのです。

しかし、基礎断熱にも問題があります。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 368
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

初めまして真柄工務店代表の真柄です。弊社では自然素材をベースに、自社社員大工による施工精度の高い家つくりを行っています。結露を起こさない高断熱高気密住宅と、床下…

おすすめのアイデア

話題のキーワード