●モノの量、溢れてませんか?「自分らしく」DIYをすっきり楽しむコツ●

空前のDIYブーム。
好きなサイズ、好みの家具を思い通りに作れる。
DIYならではの利点ですが、ふと冷静になってみると
いずれやって来るのが。。。それに伴ったモノの増加です。

上手く調整していかなければ、モノの量のバランスが崩れ
片付かない家になってしまいます。
そうなってしまう前に、知っておきたい
自分らしくすっきりDIYを楽しむコツについて
書いてみたいと思います。

lovelyzakka.blog.jp/

一番大変なのは、資材、工具、ペンキ類を全て保管する場所。
作るものが大きければ大きいほど作業スペースも必要になります。


(我が家は上の画像、玄関奥のウォークインが保管&作業
スペースです。
狭さの割にものが多くて頻回に見直さないと、この状態が
すぐに崩れてしまう場所です)


木くずや工具の後片付けも大変で、余った端材消費が出来ず
収納場所に困る。。。などの問題も。。。

広いスペースと、家族の協力、時間に余裕があれば
特に問題なくDIYを楽しめると思いますが
なかなか居住環境や生活スタイルによっては
難しいことも多く出てくると思います。

lovelyzakka.blog.jp/

「作りたい」けれど「すっきり片付けたい」
この相反する願望のバランスを取る為には。。。

lovelyzakka.blog.jp/
lovelyzakka.blog.jp/

①短い時間で完成するDIYを楽しむ

この場合、手元作業になるので大きなスペースは不要です。
おのずと片付けるスペースも小さくなります。
時間をかけないので家事への影響もなく
小さなお子さんがいらっしゃっても、お仕事をお持ちの方でも
そのペースに合わせて楽しむことが出来ます。

lovelyzakka.blog.jp/

②一時的に楽しめるものを作る

作り上げた以上、ずっと使わないといけないとなると
手放しの作業が困難になり、モノは増え続ける一方です。
高価なものよりも100均などの安価なもので
その時の自分が好きなものを作り、楽しんだ後は
簡単に手放せる。そんな程度のDIYが気楽です。

lovelyzakka.blog.jp/

③家具を作る場合は、必要量だけの木材を用意する

経験からお話すると、ホームセンターさんで木材を
カットしてもらった場合、「余り」部分となる端材を
持ち帰ります。上手く消費出来れば問題ないのですが
なかなかどうして溜まります。
ちりも積もれば状態になって片付かない原因に。

自分でカットする場合も、木くずも相当量。やすりで木粉は
大量に舞います。

shopping.geocities.jp/

以上からすると十分な作業スペースのない方は
ホームセンターさんでカットを済ませ、なるべく
必要サイズだけを持ち帰るのがよさそうです。

キット組みされているものや、組み立てるだけの状態に
準備されているものなど上手く利用すると
余分な片付けや収納場所は要らなくなります。

lovelyzakka.blog.jp/

④収納スペースに見合った工具とDIYグッズを購入する

いろんな工具、いろんな塗料、ワックスがたくさん
出てきています。
ついつい次から次へ欲しくなりますが、一旦冷静に
それらを収納できるスペースが確保されているのか
どれが自分には必要なのかを見極める。

ホームセンターさんの工具レンタルなども
上手く利用するのも一つかもしれません。

lovelyzakka.blog.jp/

⑤工具が不要のDIYを楽しむ

昨日書いたhttps://limia.jp/idea/41195/のほか
道具を必要としないウォールステッカーや
リメイクシート、ガラスシート、マスキングテープ
などで、お部屋の雰囲気を変えるのも
いいかもしれません。


⑥塗料もサイズを考えて購入する

好きな色、シンプルな色、ベースとなる色は必ずあると思います。
まずはそれらを購入し、試したい色、少しだけあればいい色は
トライアルサイズなどの小さなサイズを購入したり
100均で代用が利くものがないか、混ぜ合わせて作ることは
出来ないかを考えて上手く使うと増えすぎないと思います。

shopping.geocities.jp/

作業スペースがどれくらいあるのか
収納できるスペースはどのくらいあるのか
空き時間の長さはどのくらいか
優先してやらなければならないことはどれくらいか
本当に人それぞれ違うと思います。

楽しんでやっていきたいDIY。
無理なく自分のペース、そして住宅環境に合わせた
自分らしいDIYで、逆にストレスになってしまわないように
気を付けてみてはいかがでしょうか?

  • 11389
  • 68
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト