北海道初! 日本建築仕上学会 学会賞『技能賞』受賞

  • 659
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

外壁専門工事店としての豊富な経験と実績の中から、いち早く下地の重要性に注目。
築10年以上の建物については90%以上の確率で下地に腐食が見られたことから、特に寒冷地で顕著である住宅の構造木部や断熱材の劣化原因となる壁内結露から大切な住まいを守り耐久性を維持するためには外壁通気構法が不可欠であり、既存の外壁材を剥し壁内通気を確保する施工が最重要。安心して暮らせる住まいは下地作りから!との考えをモットーに進んで参りました。

この住宅外壁の耐久性向上に関する外壁通気構法の重要性と『見えない部分』である下地構造へのこだわりを実践・また提言し継続してきた実績が認められ2006年には建築仕上学会より技能賞を受賞しました。

これからも長年の経験を活かし、お客様に喜んでいただける住みやすく安心できる住宅造りのお手伝いを続けていきたいと考えています。

  • 659
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム会社

当社は外壁専門37年、5万棟の実績を誇る、札幌の外壁専門技術メーカーです。外壁専門工事店として、施工技術を第一に経験豊富な外壁施工とシーリング施工の認定士を揃え…

おすすめのアイデア

話題のキーワード