予算1,500万円で、家はどこまでリフォームできるか

住宅にかける費用が1,500万円となると、新築住宅を建てることも視野に入ってくる価格帯です。実際のところ、新築にするかリフォームするかで迷っている方も多いでしょう。1,500万円の予算で、あえて新築を選ばずリフォームを考えた時、どの程度の改修が実現できるのでしょうか。

  • 29722
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

1,500万円でできるリフォーム

1,500万円あれば家が建つとはいっても、狭い3階建てを建てるのがせいいっぱいで、土地代などを考えると5,000万円はかかってしまうケースも地域によってはあります。今お住まいの土地にそのまま暮らして既存の家をしっかりリフォームするほうが現実的という場合も十分にあるでしょう。

次に、1,500万円の予算でできるリフォームについて、どんなものがあるか詳しくご説明します。

1.フルリフォーム+付帯設備+庭などの改修

1,500万円なら、室内を全て新築のように改修し、外壁と屋根の塗装を行ったうえで、さらにテラスやウッドデッキなどの増設が可能な予算規模になります。室内リフォームにおいても、吹き抜けやロフトの増設、階段の架け替えや移設などを含めた大幅な間取り変更が可能です。

2.スケルトンリフォーム+高付加価値材料

一般的な持ち家である一戸建て住宅の、延べ床面積の平均はおよそ95㎡といわれています。内装を全て解体して造り直すスケルトンリフォームを行う場合、かかる費用の相場は約1,000万円といわれています。

つまり、1,500万円をかけてスケルトンリフォームするとなれば、材料や設備のグレードを上げられるということになります。延べ床面積80㎡の家なら、約1,000万円がスケルトンリフォームの相場ですから、あと500万円を設備などにかけられる計算になるでしょう。

たとえば、壁をクロスから塗り壁にして壁面収納をプラスします。フローリングを無垢材にグレードアップさせ、リビングに床暖房を増設。キッチンをアイランド型に替え、浴室・浴槽を一回り大きくします。玄関にも大きなシューズクロークを設け、バルコニーを新設するところまで行って、その合計が500万円です。

3.基礎のやり直しまで含めた一戸建てフルリフォーム

内外装の改修にとどまらず、基礎部分の補修や地盤改良も同時に行ってのフルリフォームができる価格帯です。家の傾きを修正したり、耐震性を大幅に向上させたりできるため、将来的に数十年単位でまだまだ長く暮らしたいと考えているなら安心感の高い方法でしょう。

4.中古マンションの購入+リフォーム

番外編になりますが、中古マンションであれば、予算である1,500万円を購入とリフォーム費用の合計に充てることができます。たとえば、東京23区内の築30年強の中古マンションを、過去3年以内に大規模な修繕済みであることを確認のうえ購入。間取り変更は行わず、全室の内装を全て改修したうえで水回り設備なども入れ替えてリフォームします。これらの費用の総合計が1,500万円となった例がありました。

リフォームに使用した材料や設備は大手メーカーの量販品を使用していますが、室内にある全てのものを新品に取り替えていますから「住み始めれば新築気分」といった仕様になります。新築マンションを東京23区内で購入するとなると、5,000万円以上の出費は覚悟する必要があります。好立地でしっかり手入れされている中古マンションを、1,500万円で新築のようにリフォームして買えるのであれば、かなりのお得感があります。

予算1,500万円のリフォーム事例

次に、予算1,500万円でリフォームを行った成功事例をみていきましょう。

事例 基礎までやり直した一軒まるごとリフォーム!

一戸建て住宅を、基礎部分の補修までしっかり行って一軒まるごとリフォームした事例です。既存の状態では、和室2室が並んだ1つを居間にしていましたが、その2室分を無垢フローリングのリビングに改修。窓も大きくし採光性を高めています。

リビングからつながる庭には大きなウッドデッキを新設。庭の手入れがあまりできず雑草を生やしっぱなしにしていましたが、庭のスペースをウッドデッキにしたため管理も楽になりました。狭かった玄関も間取り変更で拡大し、土間部分を広く取っています。

大きな吹き抜けを設け、わざと柱などの構造体を見せる造りにした小屋裏はカッコいいロフト風に。収納に遊び場にと大活躍の空間が新しく生まれました。また、リビングには無垢材をふんだんに使った壁面収納を設け、便利さと見た目のおしゃれさを両立しました。

浴室は在来工法にこだわりましたが、メンテナンス性を重視した壁・床と個性的な浴槽は白にまとめられて清潔感たっぷりです。キッチンはオーソドックスなI型システムキッチンに入れ替えましたが、床は組み木模様の無垢フローリングにしてデザインにこだわりました。

外観のイメージは大きく変えていないものの、塗り替えなどはしっかり行って玄関ドアもレトロ風のおしゃれなものに替えています。

おわりに

リフォーム費用が高額になればなるほど、計画を立てる時にも慎重さが求められます。後悔や失敗のないよう、リフォーム会社ともよく相談してプランを練っていきましょう。

リフォームの予算が決まっている場合には、リフォーム会社のアドバイスが何より重要。信頼できるリフォーム会社を選ぶことも成功へのポイントです。一括見積サイトを利用し、多くのリフォーム会社から見積をとって比較検討しながら、予算内で最大限の満足度をかなえるリフォームにつなげましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 29722
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード