予算1,000万円!どこまでリフォームできる?

1,000万円の予算を想定した場合、ローコスト新築住宅の建物代にするにも十分現実的な金額になってきます。この費用をリフォームにかけるとなると、高額な分だけいったいどこまで改修できるのか、逆に想像しにくくなってしまう方も多いでしょう。

  • 14034
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

予算1,000万円ならこんなリフォームができる

1,000万円の予算で行われているリフォームの内容は実に多岐にわたりますが、事例として多いケースはいくつかのパターンに分類できます。ここでは、1,000万円の予算でどんなリフォームが多くのご家庭で行われているかを詳しくみていきましょう。

1.一戸建て住宅の高付加価値フルリフォーム

1,000万円の予算になれば、一般的な一戸建て住宅のフルリフォームなら、よほど難易度が高くなる要望や状況がない限りは実現可能といえます。単に修復を行うだけでなく、住宅としての付加価値をさらに高める意味合いで行うフルリフォームが可能になってくる価格帯です。

たとえば、屋内にビルトインガレージを設ける方法や、カフェ風や居酒屋風など趣味性の高い住まいの実現などが、代表的な高付加価値リフォームの例です。また、屋根・壁・窓・床の全方向から断熱性を高めたり、住宅全体規模で収納を充実させたりするフルリフォームも視野に入ってきます。

フルリフォームに加え、庭を池や遊具のあるガーデンに造り替えたり、屋外にガレージを新しく立てたりすることも考えられるのが1,000万円規模のリフォームです。

2.増築+太陽光発電設置など、大規模リフォームの組み合わせ

部分的なリフォーム工事の中でも大がかりといわれるものを2~3種組み合わせることも、1,000万円の予算になると可能になります。たとえば、二世帯住宅化のため玄関部分などの増築を行い、さらに太陽光発電システムを設けて二世帯がエコに暮らせる家を実現するなどです。

また、間取り変更に加えて、オープンキッチンなどの大規模設備を設けるような複合リフォームを考える場合も、予算としては1,000万円ほどと考えてよいでしょう。

3.築100年級古民家の大規模再生リフォーム

古民家の大規模再生リフォームにかかる費用は、1,000万円ほどからと考えておくとよいでしょう。築100年を超える邸宅などになると、頑丈で質のよい材料が使われていることも多く、その場合は再利用を優先しながら改修を進めるため、費用に加えて期間もそれなりにかかります。

また、古民家再生リフォームでは、建物だけでなく庭や生垣などの外構も同時に改修するケースが多くなります。古い植木などの植え替えには思ったより多くの費用がかかりますから、建物の改修に加えて外構改修の費用も多めに見積もっておく必要があるでしょう。

4.2階建て→平屋への減築リフォーム

ライフスタイルの変化などで減築を検討する場合、2階建てから平屋にするリフォームでは1,000万円ほどの予算をみておくとよいでしょう。このケースでは、たとえば1階のビルトインガレージを居室に変えたうえで2階を減築するなど付帯的な改修も多くなるため、意外に多くの費用がかかる傾向があります。

1,000万円でのリフォーム事例

次に、1,000万円の費用でリフォームを行った事例についてご紹介します。

事例1 耐震性、デザイン、暮らしやすさの全てをかなえる贅沢フルリフォーム

みんなで集まる大きなリビングを実現したいとかねて思っていた仲良しのご家族。耐震面やデザインへのこだわりもまとめてかなえてしまおうと、思い切って1,000万円の予算での大規模リフォームに踏み切りました。

子供たちはすでに独立していますが、家族を連れて毎週のように訪ねてくるため、その全員が集まってくつろげる大きなリビングを希望していました。まずは、リビングに隣接する和室をつなげて広いLDKに。そのうえで、引き戸で仕切って使い分けができるように工夫しました。

L型の対面式キッチンやアクセントクロスの配置など、デザイン面でも希望通り個性的に仕上がっています。また、この機会に耐震補強もしっかりと行い、より安心できる住まいとしました。

事例2 2階部分を減築し平屋に。暮らしやすく、節税対策にも

将来のご家族の高齢化にも備え、2階を減築して平屋へリフォームしました。1階の大部分を占めていたビルトインガレージを使わなくなったこともあり、2階を解体したうえで1階のガレージ部分を和室とウォークインクローゼットに改修。その代わり、元々あった1階の和室部分は洋室2室に間取りを変えて、2階がなくなっても不足がないようにしました。

減築したことで収納不足にならないよう、ウォークインクローゼットのほかにキッチン用の大型パントリーも増設。これで逆に物がしまいやすくなり、取り出す時の移動の手間も省けて便利に。空間は減っても付加価値は上がる高効率なリフォームができただけでなく、床面積を減らしたことで固定資産税の節約にもなりました。

おわりに

1,000万円かければ、ご家族の要望やアイデアをかなり高い次元で実現できるリフォームが可能になることがわかります。高額リフォームなだけに、やり残しや後悔がないよう、リフォーム会社ともじっくり相談してプランを立てる必要があるでしょう。

予算を決めてリフォーム計画を立てる場合には、リフォーム会社のアドバイスも大切になります。一生付き合う家ですから、長く付き合えるリフォーム会社を探しましょう。一括見積サイトを利用し、多くのリフォーム会社から見積をとって比較検討しながら選ぶ方法がおすすめです。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 14034
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード