神原サリーのうふふ家電ジャーナル【4】美しく機能的なワインセラー

クリスマスやお正月など、ワインを飲む機会も増える時期ですね。そこで今回は、とっておきのワインを飲み頃の温度で保存できるファンヴィーノのワインセラーをご紹介しましょう。白物家電のトップブランド「ハイアール」との共同開発されたJQ-F110Cは、美しいデザインとその機能、そしてコストパフォーマンスの点でも魅力的な1台です。

リビングにしっくり馴染むスタイリッシュなデザイン

家庭用としても業務用としても人気のファンヴィーノシリーズのワインセラーをハイアールが手掛けたモデル。ファンヴィーノ×ハイアール36(JQ-F110C)。実勢価格¥100,000前後(税抜)

 最近は手ごろな価格なのにおいしいワインが手に入るようになり、まとめ買いをする人も増えているようです。ましてや人の集まる季節には、いつもより多めに用意しておきたくなりますね。いつでも飲み頃の温度で保存しておけるように、ワインセラーを導入してみてはどうでしょう。

「ファンヴィーノ×ハイアール36」は、家庭用としても業務用としても人気のファンヴィーノシリーズのワインセラーをハイアールと共同開発して生まれたもの。ハイアールは中国の家電メーカーですが、実はアメリカやヨーロッパをはじめ、世界中で支持を得ている白物家電のトップブランドです。地球に優しいノンフロン冷媒を採用し、1年を通じて50%前後の湿度をキープできるなど、その優れた機能性は。一流家電メーカーならでは。

ゆるやかに曲線を描いた扉のデザインが美しく、高級感があります

温度設定は赤ワイン用、白ワイン用にワンタッチで切り替えられます

 最大36本とたっぷり収納でき、下2段の横置スペースにはマグナムボトルや背の高いタイプのボトルを入れることも可能。ブラックの本体の両側にステンレスの面材を施したスタイリッシュなデザインは、リビングの片隅に置いたときもしっくりと馴染んで上質な空間を作り出します。

 フラットなガラス扉ではなく、ゆるやかに曲線を描いた扉がことのほか美しく、ワインを出し入れするたびに心浮き立つ気分になることでしょう。

温かみのあるウッドラックがボトルをしっかりとホールド

 ワインセラーにはさまざまな冷却方式がありますが、この「ファンヴィーノ×ハイアール36」はコンプレッサー式を採用しています。小さなサイズのもっと安価なタイプではペルチェ式を採用しているものが多いのですが、気軽に導入できる利点はあるものの、最大でも室温マイナス15度が限界なので、夏に室温が高くなるとワインの温度がとても高くなってしまい、白ワインを保存するのは難しい状態になってしまいます。排熱用のファンが必要なため、消費電力が大きいのもデメリット。

 このワインセラーは、コンプレッサー式なので夏場でも安定した温度が保てて、しかも省エネ。扉の開閉によって温度変化があってもすぐに復帰するのもいいなと思います。

 温度設定も赤ワインモード(14~18度)、白ワインモード(8度~12度)、マニュアルモード(4度~18度)があり、赤ワインと白ワインモードの切り替えはボタン1つでOK。さらに、ボタンを押していくことで、1度単位で細かく温度設定が出来るようになっています。
 
 ただし、セラー内を2つの温度帯に分けて設定することはできないので、収納するワインの種類によって調節してくださいね。わが家では白ワインモードで温度設定し、比較的温度が高めになる上段のほうに赤ワイン、下段のほうに白ワインを入れるようにしています。

ワインセラーがあるとお手ごろワインも格上げに!

扉を開けると照明が点灯し中を明るく照らしてくれます

 セラーの上部につけられた照明が扉を開けるたびに中を明るく照らし、幸せな気分にさせてくれるのもおすすめポイントの一つ。照明ボタンの操作で常に照らしておくこともできます。ラックがウッドタイプのため、収納時の当たりがやわらかく、見た目の雰囲気がやさしいのもいいですね。

 これだけの収納量があって価格が10万円程度というのはかなりリーズナブルといえるでしょう。ワインセラーから出してくると、いつものお手ごろワインも断然、素敵に見えてくるから不思議! 毎日の食卓も格上げになりそうです。もちろん、パーティでも注目を浴びること請け合いです。


文・写真/神原サリー(家電コンシェルジュ)

【商品情報】
ファンヴィーノ×ハイアール36(JQ-F110C) 
実勢価格¥100,000前後(税抜)
本体寸法/W506×D595×H980mm
製品重量/48㎏ 
電源/AC100V 50Hz/60Hz 
定格消費電力/105/110W 
電源コード長さ/1.9m
年間消費電力量/256kwh/年

◆お問い合わせ/グローバル
http://www.globalwine.co.jp/index.html

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー