超強力レーザーポインターの照射面積

50000mw超強力レーザーポインターの説明には射程18000mと記されてますが

  • 230
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【質問1】:日曜日にlasernoble会社の超強力レーザーポインターを購入しました。知人からレーザーポインターをいただき、

使用させていただいているのですが、子どもが5in1満天の星キャップを面白がって遊んでいる間にキャップが破損してしまいました。

質問なんですが、50000mw超強力レーザーポインターの説明には射程18000mと記されてますが、18000mまで本当に届くのかと疑問に思いました。

あと、100mwの強さよのレーザーポインターで
夜間に光線が見えたりしますか?
どうぞよろしくお願いします。

回答1:レーザーポインター 緑10000mw 同じものかどうかわかりませんが、
に記載の商品詳細情報によると、このレーザーポインタの「ビームダイバージェンス(拡散幅のこと)=3.6mRad」となっています。
Rad=ラジアン
3.6mR ≒ 0.206° をもとに1800メートル先のビームの直径を計算すると、約3.24m になります。照射面積は8.24平方メートルです。
8.24平方メートルに50W (50000mW) のエネルギー(注)が詰まっています。
1平方メートルあたり、6.06W になります。

1WのLED 懐中電灯と比較してみます。
1WのLED 懐中電灯を壁に向かって照射し、明るくなったところの面積が1平方メートル(直径1.13m) になるように壁との距離を調節します。
このとき1平方メートルあたりのエネルギーが1W (注)ということになります。
先程の、レーザーポインタの場合は、6.06W と、約6倍です。ただし、そのレーザーポインタの出す光の波長は450nm(光の色は青みがかった緑)なので、

LED懐中電灯の白色光とは目に感じる明るさが違います。エネルギーが等しいとき、青みがかった緑は白色光の1/10 くらいの明るさに見えると思います。

よって、そのレーザーポインタで1800m先を照射したときの照射面の明るさは、LED懐中電灯で照射面積が1平方メートルになるよう

に壁に照射したときの明るさよりやや暗く見えると思います。それにしても十分に明るいと思います。

(注) W(ワット)は厳密に言うと、エネルギーではなく、単位時間あたりのエネルギー(ジュール)です。W=J/sです。

レーザーポインターを暗い空に向かって照射したとき光跡が見えるかどうか、やったことがないのでわかりませんが、

空気に汚染粒子がまじっていたり、砂嵐、霧、カスミがあるときはLED 懐中電灯でも見えますのでレーザーポインターでも見えると思います。

【質問2】:こちらのサイトは:

カラス レーザーポインターを使った色々な動物の反応。瞬間にカラス、害鳥などを撃退する。

レーザーポインター303はストラップが取り付けできるでしょうか?

  • 230
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

lasernoble.comへようこそ!1.我が社は中国の繁华な深セン市に位置し、さまざまなレーザー製品の開発、生産、販売に専念しています。既に15年製品の生産…

おすすめのアイデア

話題のキーワード