M邸-将来の個室は? 子どもの顔が見える間取りは? 子育て世代のリノベーション

実家を譲り受け、家族で住むことにしたMさんご一家。マンションの1階で、専用の庭があります。子供が走り回っても気兼ねない1階のメリットもあり、リノベーションして住むことにしました。ご希望は、家族が「ただいま~」と帰ってこられるような家にしたいとのこと。そこで、玄関を開けたらすぐにダイニングがあり、キッチン、リビングと仕切りなしで続くオープンな間取りをご提案。

その他、リビングを広くしたいご要望と将来、子供部屋にする使い方の変化も考慮しました。そこで、リビングの一角に小上がりとロフトを作り、個室の必要のない今は子どものスペースに。個室が必要になったときは寝室として使っている部屋を、半分に分けて姉と弟のそれぞれのスペースにできるよう、寝室にはドアを二つ作りました。寝室が子ども部屋になったときは、両親は子どものスペースだったロフトを寝室にする予定です。

ライフスタイルの変化は部屋の使い方で対応することにし、リビングの広さはキープできました。家族がそれぞれが居心地よく過ごせる工夫があるお家になりました。

  • 619
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ
リビング。子どもと大人のスペースを作ることで、リビングにおもちゃがあふれなかなか片づかないを解消
リビングに作った子どものスペース
リビングのソファーの周りはリラックスできる大人のスペース
広めのウォークインクローゼット。家族の洋服を収納している
玄関から家のほぼ真ん中にあるキッチンを通りリビングへ。
大きな窓から光が入る。明るく爽やかなトイレ
玄関入ってすぐの場所に設置した洗面台
子どもたちの個室が必要になったとき、部屋を半分に分けることを考えてドアを二つ作った
リビングの大人のスペースに作った書斎
専用の庭は子どもたちが自由に走り回れる良い遊び場に
  • 619
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

建築デザインと不動産仲介のプロがタッグを組み、物件探しから設計・監理、将来の賃貸化・売却のサポートまで、リノベーションのトータルサービスをワンストップで提供しま…

ブルースタジオさんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア