3LDKをワンルームに。誰にでも起き得る近い未来を見据えた明るいリノベーション。

時間と共に住宅の環境も変わります。求める物も変わってきます。そして歳を重ねて行くごとに家に求める事も変わってくるのです。今回は約40年間リフォームなしで過ごしてきたご夫婦のご自宅を紹介します。間取りは3LDK。その間取りを大きな1LDKにしてしまったのです。そんな大胆な施工は、依頼主のご夫婦と、マルリノ(積水化学工業)の信頼関係があったからこそ出来た、大胆で素敵なリノベーションなのです。

マルリノ(積水化学工業)
  • 13179
  • 55
  • 0
  • いいね
  • クリップ

明るい先を見据えたリノベーション

40年間ほとんどリフォームを行っていなかったマンション。40年も経てば老朽化も進みサッシからの隙間風も気になる部屋になります。そして水回りの段差も気になっていた。現在70代のご夫婦。今後の事を考えると足腰が不自由になったり、介護が必要になったりする可能性もある。しかし、40年も住んでる場所なのでこの住み慣れた環境を捨てたくない。

そう!これは家を建てれば誰もが向き合う問題なのです。まだ老後はまだ他人事!?そんなことはありません。誰もがいつかは迎えることなのです。それを早く考えておいても何も損はないんです。そして、老後は何もネガティブな要素でないのです。老後から始まる明るく楽しい生活をしませんか?それが、先を見据えた明るいリノベーションなのです。

もっと詳しく知りたい方は是非マルリノが行っている、イベントやセミナーに参加してみるといいでしょう。詳しくは下記のリンクへ↓

ご主人様が硬膜出血で倒れたのをきっかけでリノベーションを開始。そのリノべーションは長女様がご両親の気持ちに沿うよう進めていきます。しかし、リノベーションをすると一言で言っても、ご両親の意向に沿ったパートナー選びが何よりも重要です。
パートナー選びでのご両親の意見は「安心してお任せできる業者さん。」
そんな事もあり長女様の提案でマルリノ(積水化学工業)に。きっかけは長女様がパートナーを探されている時に、マルリノのリノベーションセミナーに参加されたからでした。
そして、ご夫婦のリノベーション希望は下記の通りでした。

・全ての物に目が届き必要以上に物を持たないシンプルな生活

・個室で仕切らず2人がいつもいられる、ゆとりの大空間

・段差をなくし、老朽化した設備を一新したい

そんな要望に沿えるようにマルリノ(積水化学工業)はリノベーションをスタート。

しかし、ご夫婦にはリノベーションするにあたって心配だったことももちろんあります。
それは仮住まいのことだったんです。
家をリノベーションするには、仮住まいをしなければなりません。その一時の引っ越しでもわからない事って色々あります。住む場所・引っ越し業者・郵便・ガス・水道の手続きなどなど。。いざって時に結構わからないものなのです。
そこも、マルリノ(積水化学工業)では、リノベーションはもちろん、引っ越しや仮住まいのこともお手伝いしてくれます。ご夫婦の不安も吹き飛びますよね。

では、リノベーションでどう変わったかのお話をしていきましょう。

ビフォー 和室3部屋で区切られたお部屋 

まず、3部屋の和室で区切られていた間取りから、ご夫婦の希望だったすべてが見渡せる部屋にリノベーションします。

3つの和室に区切られた間取り。これではどちらかに何かがあっても把握できないので安心できない間取りでした。

アフター 1LDKでどこからでも見える明るいお部屋に。

その為には3部屋あった間仕切りをなくし、一部屋のLDKにします。間取りは下記のようになりました。

一部屋にすることで、明るく広い空間になります。これによりお互いがどこにいるかが一目瞭然。それが安心にもつながりますよね。

全ての物に目が届き必要以上に物を持たないシンプルな生活

ご商売をされていたご夫婦。それもあり荷物も多かったそうです。当然ですが思い出の品々も沢山。奥様はそれをリノベーションをきっかけに整理し新しい家に向けて準備されたそうです。

3部屋の和室に分かれていたもともとのお部屋。サッシからの隙間風もご両親には体の負担に。
2つの和室と奥がキッチン。

まず、1つ目の要望の、全ての物に目が届き必要以上に物を持たないシンプルな生活。
それに応えるべくマルリノ(積水化学工業)は、3部屋の和室を取り除き大きなLDKに変更。そうすることで全ての物に目が届くようになります。そして、大きく見渡せるLDKなので、物を置くと目立つので必要以上に物を置かなくなります。

部屋の全ての動線が短くなりました。ドアを一つ一つ開けて進まなくても良い事でストレスフリーのお部屋に。

とても開放的な広々としたLDKにリノベーション。この大きな空間にすることで、風の通りも良くなり快適空間に。

窓は2重窓にして機密・断熱性をアップ。

隙間風や音に悩まされていたサッシには、遮音性と断熱性を高めるインナーサッシを設けて、快適性能を格段にアップすることに成功。床には国産杉を使用することで、杉本来の自然のぬくもりある床になりました。自然の柔らかさが足に優しく、更に杉の厚みは3㎝あるので、一般的なフローリング厚み1,2㎝に比べ、床下からくる暑さや、寒さを抑える効果もあります。
また、材料の厚みが3cmもあり、素材の反りや歪みに対しても安心できる丈夫な自然素材なのです。

国産杉を使うことで、木のぬくもりや、自然ならではの木の香りもするのでとても心地よくなります。サッシもインナーサッシを設け快適な空間に。

現在、資料請求の方には、無垢床材のカットサンプルを”いまなら無料でプレゼント”しています。この機会に是非資料請求してみては如何でしょうか?

個室で仕切らず2人がいつも一緒にいられる、ゆとり大空間

扉が多く、死角が多かった間取り。
個室がなくなり、大きな1つのLDKにリノベーション。お互いがどこにいても見えるので安心で、ストレスのない空間に。

もともとあった3部屋の和室をすべて取り払い、大きな1つのLDKにリノベーション。こうすることで、ベッドで横になっていても、キッチンに立っていても、リビングで座っていても、常にお互いが見える部屋になりました。こうすることで、どちらかに何が起きてもすぐに見えるので、安心感できる空間になります。そして、1つのLDKにすることでゆとりのある大きな空間を作ることにも成功しています。まさに合理的で、利便性に優れたLDKと言えます。

キッチンからリビングも、寝室まで一目で見渡せます。奥様も安心ですよね。

段差をなくし、老朽化した設備を一新したい

暗く、大きな段差もあり、つまずく心配もあった水回り。
もともとあった段差をすべてなくし、バリアフリーにして寝室からトイレまでの動線を短くしています。

もともとトイレや、お風呂といった水場には大きな段差がありました。そこをトイレから、オープンの洗面台をを作り大きく広々としたバリアフリーを作りました。もちろんキッチンも一新し、水回りの不安は払拭しました。
こうすることで、住み心地もよく快適になったとご主人様。広々とした空間で安心する空間が、精神的に凄く気持ち良いとのことでした。

バルコニーに出る際にあった段差も低くし、バルコニーには木目調床材でリニューアル。お部屋の中のどこに行くにも安心できますよね。

壁をなくし、部屋をなくし、玄関に土間スペースを新たに設けたことで、北側の窓より心地よい風が通る家になりました。
その風の入ってくる窓も2重窓なので、遮音性抜群で、結露もなし。外から聞こえていた、車やサイレンの音も聞こえなくなったそうです。それも落ち着く家にはなくてはならないですよね。
一部屋にすることで、引き戸やレールがなくなり、つまずくこともなくなり、室内で気にしないで歩くことができるようになります。

ご夫婦は、冬の寒さが解消されたのが嬉しいと語ります。その大きな役割を果たしているのは、壁に施行された断熱材です。マルリノが自信を持って施工する独自の断熱工法は、自社で生産する高性能断熱材の特徴である、外気温はもちろん、水蒸気も通しにくい断熱材がその性能を担っています。実際普段の室内温度は23〜25℃程度。昼間は太陽の日射しだけで部屋があたたまるので、暖房機の使用回数も減ったそうです。また、ワンルームにした結果、窓から玄関にかけて風がスムーズに流れることで、夏場は、エアコンの使用も大幅に減り当然電気代も節約になっているようです。杉の木のぬくもりを足元で感じ、自然の太陽からの日射しと風で1年を過ごすそんな素敵な家に生まれ変わったのです。

ストレスフリーのお部屋に生まれ変わりました。ご夫婦も心地よく、精神的にすごく気持ちが良いと語ります。
心地よさとは、安心です。安心できる家は、信頼でき、技術、知識ともに一流な施工パートナーがなくてはなりません。今回ご夫婦はマルリノ(積水化学工業)で頼んで本当に良かったと思われているそうです。

安心で落ち着ける部屋は、すべてを笑顔に変える力があるんだな、と感じました。

過去にマルリノが行った他のリノベーションがわかりやすく読み物として用意されています。いまなら、なんと無垢床材(杉)のカットサンプルも送ってもらえるようです。気になった方は是非↓

DATA
[家族構成] 70代ご夫婦
[工法・構造]鉄筋コンクリート造
[建築数]40年
[間取り/床面積]3LDK→LDK+S/50m²
リフォーム費用 750万円


マルリノをもっと知りたい方は下記のリンクへ


問い合わせ先
積水化学工業株式会社 マルリノ
0120-999-130
受付時間 9:00〜17:30
定休日 水・日・祝・第1土曜日(第1水曜日営業)

  • 13179
  • 55
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード