【4.5畳】子ども部屋の作り方

皆さま、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます!

今年の春から中学生になった長男、今までは兄弟同じ部屋でしたが中学入学を機に自分の部屋を作ってあげました。

わずか4.5畳の広さを有効活用するにあたって我が家で取り入れた工夫をお伝えします。

  • 16073
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

中学生部屋を作りました

4.5畳の狭さ、なおかつ少し変形している部屋なのでまずベッドと机をどう置くか考えました。

部屋づくりをする際には必ず置きたい家具から配置を考えることをお勧めします。

ベッドのHEADボードもなるべくかさばらないもの(照明や携帯を置くスペースも無し)を選び最小限の大きさのベッドを用意しました。

勉強机も長く使うことを考えてとてもシンプルな作りのモノを選びました。

右利きには右手に本棚!

長男は右利きなので右手に教科書やノートを配置しました。

その際、気をつけたのが取り出しやすい立ち上がりなしのファイルケースを選ぶ事でした!

立ち上がりがあるだけで一気に戻しづらくなるのでここは重要なポイントです。

ファイルケースの形に注目!

下記の写真のように立ち上がりがあるファイルケースを選ぶとしっかりと固定はされますが、戻しづらさに直結!
つい机の上に放置してしまいごちゃごちゃし始めます。

我が家では立ち上がり無しファイルケースを選ぶのは必須ポイントでした。

趣味の本棚は隠す収納

趣味の漫画や本などは奥行きが薄い本棚を選び、長男と話し合ってクローゼットの中に配置しました。

そうすることでクローゼットの扉を閉めると本棚は見えなくなります。

狭い4.5畳の部屋にはとても良いアイディアでした。

収納付きベッドで衣替え無し生活!

ベッドは悩むことなく収納付きベッドをチョイス!

ニトリの収納付きベッドは大容量に収納できるため、ほぼ1年中の衣類を収納することができます。(アウターや学校用品は除く)

これにより衣替え無しの生活が送れています。

まとめ

長男は『狭いけど何でもすぐに手が届き片付けやすい!! ボクの好きなモノが詰まった部屋!』と自分の部屋ができたことをとても喜んでいます。

壁のペイントを一緒にしたり、家具を一緒に選んだり♪♪ 長男と狭さに負けず取り組んだ部屋づくり、とても楽しかったです!


最後までお付き合いくださりありがとうございました。


以上
整理収納アドバイザー
要 めぐみでした!

  • 16073
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

aileron(エルロン)主宰 2人の小学生男子の育児に奮闘する子育てママです。元CAの経験から生みだした「楽して片づく機能性」と「目が喜ぶ美しさ」を両立す…

おすすめのアイデア

話題のキーワード