もやしは洗う?洗わない?正しいのは○○だった

  • 56708
  • 309
  • 1
  • いいね
  • クリップ

栄養価も高くて、使い方も沢山あって、そのうえ安いというお財布の味方でもあるもやしですが、調理する時洗ってますか?それとも洗わないでそのまま使いますか?本当に正しいのはどっちでしょう。調べてみたので、参考にしてくださいね。

もやしは洗う?洗わない?正しいのはどっち!?

もやしは、普通は洗わなくても大丈夫です。でも、習慣で洗っているという人も多いのではないでしょうか。

 

実はもやしは、洗ったほうが良い場合と、洗わなくても良い場合があるのです。

 

それぞれの状況に合わせて、使い分けるのが賢いもやしの食べ方かもしれません。では、もやしを洗う、洗わないを使い分けたほうが良いのはどんな時か、紹介しましょう。

 
【もやしを洗わない】

もやしは、昔から水耕栽培で作られています。きれいな水を利用して、豆が持っている滋養だけで育ったものがもやしです。ですから、袋を破いて、そのままフライパンに投入しても、何も問題はありません。ただし、あくまでも加熱処理をすることが前提です。

 

もやしを洗わないことに、デメリットが無いわけではありません。例えば、生で食べる場合がそれに当たります。料理レシピサイトにも、生もやしの調理法が紹介されていますから、食べたことがある人もいるかもしれません。

 

もやしはキレイな水で栽培されてはいますが、その水に殺菌作用はありません。大腸菌などが付着していた場合、生でたべると中毒を起こしてしまう可能性があります。袋の中で菌がが繁殖してしまうこともあるかもしれません。

 

また、稀に洗ってから使うようにと、袋に注意書きのあるもやしがあります。その場合も、しっかり洗って使うようにしてください。

 
【もやしを洗う】

もやしを洗うことで、歯ごたえがよりシャキシャキするというメリットがあります。特に炒め物にもやしを使うときは、サッと洗ったもやしの水気をよく切ってフライパンに入れ、手早く傷めると、もやしの歯触りを楽しむことができます。

 

もやしを洗うことで、殺菌効果や食感などが期待できますが、一方でデメリットもあります。まずは、もやしを洗うのは、結構手間がかかります。

 

もやしをザルにあげたあと、ザルの目に細かなもやしの芽が挟まってしまって、落とすのが面倒だと思ったことがある人は、意外と多いのではないでしょうか。

 

また水切りをしっかりするとなると、丁寧に作業をしないともやしが折れてしまいます。次に、せっかくの栄養素が、水に流れ出してしまいます。もやしは、必要に応じて洗うのが、よいのではないでしょうか。

 

もやしを洗わないで食べたいなら!新鮮なもやしの見分け方

もやしは袋の中で呼吸をしていますから、古いもやしほど臭いがこもっていたりします。また日持ちがしないというのも、もやしの特徴です。もやしを洗わず、火を通して調理するにしても、新鮮なもやしを選ぶことが大切です。

 

では、新鮮なもやしとは、どんな状態をいうのでしょうか?ちなみに、もやしの袋から空気が抜かれているものと、空気が入ったままのものがありますが、鮮度の見分け方に違いはありません。

 

新鮮なもやしは、茎の色が透明感のある白で、芽も薄い黄色をしています。手に持った感触は、パリッとした硬さがあるのが特徴です。根や芽が茶色くなっていたり、茎が柔らかそうなものは、新鮮とはいえません。

 

残ってしまったもやしを、自宅で保存する場合も、この新鮮な状態をキープする必要があります。もやしの袋にそのまま残し、野菜室で保存というのはおすすめできません。

 

容器にもやしを移し、もやしが浸かるくらいの水を入れ、チルドルームか冷蔵室で保管しましょう。細目に水を取り換え、早めに食べきってしまうようにしてください。

 

もやしを洗うと溶け出してしまう栄養素とは

もやしは栄養価の高い野菜です。なぜなら、種子が持っていた栄養素に加え、発芽・成長しながら、新たな栄養素を生成するという特殊な野菜だからです。

 

代表的な栄養素は、骨や歯の形成に重要なカルシウム、心臓や筋肉の機能を調整するカリウム、赤血球の形成や胎児の正常な育成に重要なヨウ素、炭水化物をエネルギーに替えたり、皮膚や粘膜の健康に欠かせないビタミンB群(特にB1)、ビタミンC、腸を活性化する食物繊維、体内で生成できない各種アミノ酸(特にアスパラギン酸)などが豊富です。

 

この中で、水に溶け出してしまうのが、水溶性ビタミンであるビタミンCです。ビタミンCは、汗などでも流れ出してしまうことが知られていますが、免疫力アップや血管の強化・コレステロールの低下・ガンや動脈硬化の予防に有効なビタミンで、体内で作ることができません。できるだけ大切に取り入れたい栄養素の一つです。

 
【まとめ】

もやしは洗う?洗わない?あなたは、どっち派でしょうか?それぞれにメリットやデメリットがあるもやしですが、料理に合わせて上手に使い分けたいものです。そしてこれからも家計の味方、もやしを美味しく食べていきたいですね。

おすすめ記事

もやしというと安くてカロリーも低く、ダイエットや家計の味方という印象の野菜です。しかし、肝心の栄養は含まれているのでしょうか?実はもやしにも種類があり、栄養もちゃんと含まれているのです。3種類のもやしの栄養とカロリーをご紹介します。

この記事を書いたのは


LIMIAからのお知らせ

楽天スーパーSALE半額!ポイント最大43倍✨
半額以下アイテムが約200万点!!
期間限定の大特価クーポンをはじめ、 お得いっぱいの150時間♡

  • 56708
  • 309
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

Webマガジン Pacomaのテーマは「暮らしの冒険」「毎日の生活を楽チンにしながら、暮らしをもっと楽しんじゃおう!」というテーマで毎日記事を発信しています。

Webマガジン Pacomaさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード