床座のある暮らし、始めちゃう?

床座ってあんまりピンとこないけど・・・
床座とは単純に言うと、床に座って生活すること。
座椅子や座布団などに馴染み深い日本人が古くから親しみのあるスタイルです。
昔ながらの古き良きものを現代風に取り入れようとする人の注目度は高まっています。

  • 4099
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

コンパクトな間取りと相性抜群。ロー・スタイルな生活提案。

リビングでくつろぐって言うと、2~3人掛けのソファに座って家族と話したり、一緒にテレビを観たり...。
そんなシーンを思い浮かべませんか?
フローリングが主流の現代の住まいでは、ソファでくつろぐことが一般的。
だけど気がつけば『ソファには座らず、床でゴロゴロ』とか『座るのは床で、ソファは背もたれ』なんて人もきっと多いはず!
畳みに直に座って食事をしたり、ごろんと横になる和室文化のDNAが流れている日本人はみんなゴロゴロするのが好きなんです。
そんな日本人ならではの気持ちに応えられるのは、やっぱり日本のスタイル。
ということで「床座」を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

床座ならではの4つの魅力!!

実例はいけ〜ん

”お茶の間ステージ”と命名した20cm上げた床座によるロー・スタイルな生活を提案。
床高を利用することで、テーブルを掘りごたつにアレンジ。
キッチン側から見ると、床が一段上がっているため、キッチンに立つ人の目線と、食卓に座る人との目線が近づくようになり、会話が弾んで、団らんの場をにぎやかに愉しんでいるようです!

エースホーム沼津・三島店のお客さま

  • 4099
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

エースホームは、自分らしく、健康安全に子どもを育て、未来に向かって長く住めるMi‘Like(ミライク)で次世代の家づくりを提案します。近年、頻発する地震や省エネ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード