【保存版】階数・場所別の増築リフォームにかかる費用と相場を解説!

もし部屋を広くしたり、部屋数を増やす「増築リフォーム」をする場合、どれくらい費用がかかるのか気になりますよね。こちらの記事では、増築する階数や場所別のリフォーム費用の相場を紹介。ベランダやバルコニー、水回りを増築する場合など、人気の増築箇所をまとめました。また、広いLDKに増築するケースや離れをつくるケースなど、リフォームの事例も掲載。増築を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

  • 159834
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

階数別!増築リフォームの費用と相場

増築は内容によって大きく費用が変わるリフォームです。それだけではなく、増築箇所が1階か2階かによっても大きく変わってきます。そこでここでは、1階と2階のそれぞれ目安となる費用をご紹介します。

1階部分を増築する場合

1階部分の増築費用の目安は、1畳辺りおおよそ35万円前後です。配管工事や設備費が必要になる水回りの増築の場合は、費用が10万円前後さらに高くなるので注意しましょう。反対に、内装工事の必要のない倉庫や収納の増築は安くなります。

2階部分を増築する場合

2階の増築を行う場合、土台となる1階の補強工事が必要になる可能性が高いです。そのため、リフォームにかかる費用も高くなり、1畳辺り60万円前後が相場となります。

増築場所別!増築リフォームの費用と相場

それでは、次に具体的な増築場所ごとの費用と相場を見ていきましょう。

ベランダやバルコニーの増築リフォームの場合

洗濯やガーデニングなどに便利なベランダやバルコニーは、人気の高い増築リフォームのひとつです。既存の窓に、ベランダやバルコニーを後付けするのが主な手法で、20〜 50万円程度を目安に行われています。

水回りを増築リフォームする場合

家族が増えると、お風呂やトイレなどの水回りが足りなくなることがよくあります。トイレの増築リフォームの場合、トータルで50〜150万円が中心の価格帯とされています。浴室の場合は、150〜250万円で行われているケースがもっとも多いです。ただ、配管工事の必要になる水回りの増築リフォームは住宅の間取りや構造によって、手間と費用が変わります。また、新調する設備のグレードによっても変わってくる点も理解しておきましょう。

リビングを増築リフォームする場合

家族団欒の場であるリビングも狭さを感じやすい箇所のため、多くの家庭で増築リフォームが行われています。そんなリビングの拡張リフォームの相場は、20平方メートルでおおよそ200万円前後。リビングの拡張リフォームには新たな設備の導入や、配管工事が不要なので余分な費用はかかりません。

新しい部屋を増築リフォームする場合

新しい部屋の増築リフォームは、増築場所が1階か2階かで大きく費用が変わってきます。庭の一部に新たに部屋を増築する際にかかる費用が6畳で150〜300万円なのに対し、2階の増築は同じ条件でも補強工事が必要になる分、300万円以上かかることが多いです。土台となる階下の状況次第では、1000万円を超えることもあります。

事例で学ぼう!増築リフォームにかかる費用

増築リフォームの相場や費用をご紹介しましたが、実際の費用は案件によって異なってくるもの。参考に実際に行われた増築リフォームと、その工費をご紹介します。

1.広々としたLDKに増築リフォームした事例

それぞれ独立していた和室とダイニング、キッチン。いずれも狭いのが不満だったため思い切ってLDKにまとめました。また、キッチン裏の外壁を解体してスペースの増築を行い、新しいL字型のシステムキッチンを配置。工事は2カ月におよび、総工費は約550万円でした。

2.同居する母のために離れを増築リフォームした事例

同居する母の生活スペースとして、庭の一角に離れを増築した事例です。事例では基礎コンクリートから丁寧にリフォームが進められ、外観は黒を基調としたすっきりした印象に。内装はフローリングの床にクローゼットを配したシンプルで使いやすい部屋に仕上がっています。部屋の広さは10畳ほどで、総工費は約460万円でした。

おわりに

住宅の狭さに対する不満に有効的な増築リフォーム。住宅の構造や間取りによって、費用が大きく変わってくるのが特徴であるため、ときには相場を超越してしまうこともあります。増築リフォームをお考えなら、まずはリフォーム会社に見積もりを依頼するところからはじめましょう。正確な費用や工期について把握することができるはずです。

リフォーム会社を選ぶなら、一括見積サイトの利用が便利です。選りすぐられた優良リフォーム会社を、1度の見積申込みで複数紹介してもらえますから、比較検討も楽々です。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。

※賃貸物件の場合、退去の際に原状回復を行う義務があり、修繕費用が必要となる場合があります。必ず賃貸借契約書を確認の上で、家主や管理会社の許可を取ってから作業を行いましょう。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 159834
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード