意外と知らない?リフォーム、改築、増築の違い

よく耳にする「改築」や「増築」という言葉は、しばしばリフォームに関する情報の中で見つけられます。改築、増築ともリフォームと同じ意味として使われていることもあれば、改築リフォームや増築リフォームとそれぞれ明確に区別されて使われていることもあり、使い分けの基準がやや分かりづらいといった声も。みなさんの中にも、基準が良く分からないと思う人がいらっしゃるのではないでしょうか?そこでここでは、リフォームと改築、増築のそれぞれの概要についてご説明しましょう。

  • 10637
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リフォームって、そもそもなに?

リフォームは話題に上がることも多々あり、意味を理解している人も多いでしょう。ここでは、リフォームについて、近年耳にするリノベーションとの違いとともにご紹介します。

1.リフォームの概要

一般的には住宅の改修全般を表現するリフォーム。かつては、増改築とも言われていました。そのことからも分かりますが、改築も増築もリフォームの内包する意味の一部にすぎません。一見、英語のように見えるリフォームですが、実は和製英語です。英語において、日本で使われるリフォームと近い使われ方をしているのは、リノベーションです。

2.リフォームとリノベーションの違いとは?

近年は、リノベーションという言葉をよく耳にします。リフォームとよく似た言葉ですが、一体何が違うのでしょうか?結論から言うと、両者に明確な線引きや定義はありません。あえて違いをあげるとすれば、リフォームが住宅の修繕という意味が強いのに対し、リノベーションは住宅の改良という意味が強いことです。また、中古マンションや中古の一戸建てを購入し、大規模な改修を行うという住宅購入の新たな手法をリノベーションと総称することも多くなっています。

3.リフォームでできること

リフォームの範囲は非常に広いです。改築や増築は当然として、耐震性の強化や断熱材の施工、補修や修繕もリフォームとして扱われています。そのほか、手すりや段差をなくすバリアフリー化、太陽光電池の設置や窓ガラスの交換などの省エネ化もリフォームに数えられています。

改築ってなんだろう?

こちらもよく耳にし、意味もなんとなくわかるという人が多いでしょう。しかし、建築基準法で定められた意味を知る人は少ないはずです。ここでは、改築の厳密な意味や改築によってできることを詳しくご紹介しましょう。

1.改築の概要

「改築」は、家の修理やリフォームと同じ意味として、日常的に使われています。しかし、建築基準法で定められた意味はかなり異なります。建築基準法では、既存の住宅の全部または一部を解体し、床面積を変えずに、位置や用途が同程度のものに作りかえることを指します。実際に改築を行うときに、それ自体が建築基準法上の改築に当たるのかどうかが大きな意味を持ってくることもあるので、法令の定める改築についても覚えておきましょう

2.改築でできること

床面積を拡張しないリフォームが、一般的な改築です。ゆえに、改築でできるのは、床面積を拡張しないリフォーム全てです。例えば、壁紙、床の張り替えなどが改築にあたります。そのほか、間取りの変更や、全面リフォームなど大規模なものも、床面積を拡張しない限りは改築として扱われることが多いです。

増築ってなんだろう?

具体的にどのようなリフォームが増築に該当するかご存知でしょうか?ここでは、増築の定義や増築によって叶えられることをご紹介します。

1.増築の概要

文字通り床面積を増やすリフォームが「増築」です。改築は、床面積を増やすか増やさないかで明確な差異がありますが、増築においては、自治体ごとに上限が定められた建蔽率の範囲で行うことになります。また、10平方メートルを超える増築を行う際には、確認申請の提出が義務付けられているので注意しましょう。なお、増築とは反対に床面積を減らすリフォームを減築と言います。古民家や古い家などで部屋の数が多すぎたときや、2階建てを平屋にリフォームする際に使われます。

2.増築でできること

床面積を拡張するリフォームが、増築です。主に、住宅が狭くなったときに行われます。庭の一部を部屋にしたり、2階に新しい部屋を作ったり、あるいはバルコニーやベランダの増設をしたりなど、居住空間を増やすリフォームが増築に当たります。ただし、部屋に間仕切り壁を造作し部屋の数を増やすリフォームは、床面積が変わらないので増築には当たりません。

おわりに

増築も改築もリフォームの一種でした。その他にもバリアフリー化や省エネ化、耐震補強などもリフォームの一部として数えられています。みなさんの中には、そのいずれかを計画している人も多いのではないでしょうか?いずれにせよ、大きな買い物になるので、まずはリフォーム会社に見積もりを依頼して、きちんとした資金計画を立てるようにしましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 10637
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード