リフォームと建て替え、どっちを選ぶ?〜築40年を超える住宅の場合〜

住宅も築40年をすぎると、あらゆる場所にガタがくるもの。そのほか、古い間取りや古い設備の不満、耐震性などの不安も積み重なってくるはずです。そんな不満や不安を解消する手段として、よく挙げられるのが「リフォーム」と「建て替え」です。既存の住宅を改善する「リフォーム」と、既存の住宅を解体し新たに解体する「建て替え」。築40年を超えるような古い住宅においては、どちらがより良い判断となるのか、両者について比較していきます。

  • 2929
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リフォームと建て替え、どちらが良い?メリットとデメリットで比較

一般的には、どちらも一長一短といわれているリフォームと建て替え。築40年を超える古い住宅の場合はどうなのでしょうか?メリットとデメリットで比較していきましょう。

1.リフォームのメリットとデメリット

リフォームのメリットは、何といっても既存の住宅を残したまま、住宅の修復及び機能改善が行えることです。レトロでオシャレな雰囲気をお手軽に醸し出すこともできますし、何より築40年の思い出を壊さないで済むのは、心情的にうれしいと思う人も多いのではないでしょうか?築40年というとかなり古い建物ですが、リフォームを行い、手入れを怠らなければ、まだ数十年は住み続けることができます。

デメリットとしては、リフォームという特性上、大規模な間取り変更が難しい点があげられます。また、建物の傷み具合次第では、リフォームに費用がかさんでしまう点、耐久力では建て替え住宅には敵わない点などが、リフォームにおいて注意しなければならないポイントです。

2.建て替えのメリットとデメリット

建て替えのメリットは、住宅を基礎から作りなおすので、耐震性などの安全性能が現行基準を容易に満たすことがひとつあげられます。また、実質的には新築同様なので、築年数がゼロに戻り、確実にリフォームより長い耐用年数を得ることができます。そのほか、リフォームでは難しい自由な間取りに設計可能なのも建て替えのメリットです。

建て替えのデメリットは、法律上は新築に値すること。すなわち、不動産取得税や固定資産税、登録免許税などの支払い義務が生じます。また、法律変更の影響で、建て替えを行うと以前の住宅より狭く作りなおす必要があることも。

築40年だからこそのリフォームポイント3つ

築40年を超える住宅ともなると、さまざまな面で時代遅れを痛感していることでしょう。そんな住宅のリフォームだからこそ、やっておきたいリフォームポイントをここでご紹介します。

1.耐震補強

築40年の住宅において、耐震補強はほぼ必須と言えます。それは、1981年に改訂された新しい耐震基準を満たしていない可能性が高いためです。最悪の場合、地震による倒壊の危険もあるので、耐震診断のうえで耐震補強を行いましょう。具体的な工法としては、耐力壁の増設や、屋根材を軽くするなどがあります。

2.断熱リフォーム

古い家の断熱性能は、決して高くありません。夏の暑さや冬の寒さがきついと感じていたり、冷暖房の効きが悪いと感じていたりする場合は、断熱リフォームを行いましょう。上述の不満を解消できるほか、冷暖房のランニングコストを下げることができるなど、省エネにも貢献します。窓の交換や内窓の追加、壁や床に断熱材を施工などが一般的で効果の高い断熱リフォームです。

3.和室を洋室にリフォーム

古くなった畳は手入れが大変なうえ、ダニやカビの温床になっていることが少なくありません。畳敷きの和室にこだわりがないのなら、思い切って洋室に変えてしまうのもおすすめです。畳をフローリングに張り替えれば掃除が簡単になりますし、押入れを改装したクローゼットは洋服を仕舞うのに便利です。

築40年の住宅を建て替え!注意したいポイント2つ

希望に沿った住宅を建てることができるのが最大のメリットの建て替えですが、事前に知っておきたい注意点もあります。特に古い家の建て替えの際に頻出の注意点をご紹介しましょう。

1.お好みの間取りにできないことも?法律をチェックしよう

自治体の定める建蔽率は、事前に目を通しておきましょう。現在の規定を超える建蔽率の住宅を解体し新たに住宅を建て替えると、建蔽率は現行の基準を満たさなければならなくなります。つまり、現行の住宅より、狭い住宅になってしまう可能性があるのです。

2.見通しが甘いと足が出ることも?資金計画はきっちりと

リフォームに比べて、建て替えは費用がかかる傾向にあります。それは、解体工事や廃材処理、基礎工事など、リフォームにはない工程が必要だからです。また、引っ越し費用、仮住まいにかかる宿泊費や家賃なども別途かかります。とくに仮住まいにかかる費用には注意が必要。天候不順や災害など不慮の事故で工事が停滞すると、その分、余計な出費がかさんでしまいます。

おわりに

築40年を超えるような古い住宅であっても、リフォームと建て替えのどちらが良いかは一概にいえないようです。どちらを選ぶにせよ、大切な住宅なので、後悔のないように、丁寧に判断したいものです。お互いの費用や工期などを知りたいときは、リフォーム会社の一括見積もりを活用して、判断材料のひとつとするのも良いでしょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2929
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード