その「差」は色づかい!【 北欧インテリア 】をセンス良くまとめるワザ

シンプルでナチュラル。人気の北欧インテリアですが、家具や雑貨を並べてみても、なんだかイメージ通りの部屋にならない……どうしたらいいの? 建物選びからインテリアづくりまで、北欧住宅へのあこがれをかなえたGさん宅を例に、北欧インテリアの取り入れ方を見てみましょう。

  • 6866
  • 27
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ベースはナチュラル。木の雰囲気を最優先

北欧の住まいといえば木の家。北欧住宅にあこがれたGさん宅も、床や壁、天井には無垢の木の仕上げを選んで、ナチュラルな部屋づくりを目指しました。見た目に素敵なだけでなく、無垢のパインの床は素足でもほんのりぬくもりがあり、気持ち良く過ごせます。

強い木目は、薄い白の塗装でホワイトトーンに

吹き抜けのリビングとダイニングキッチンは、塗り壁風のクロスとパインの腰壁を組み合わせました。木の床と腰壁には、木目が透ける薄い白い塗装を施して、白壁との調和をはかっています。

「何も塗らないと木の主張が強いので塗装をしました。薄く塗ることで木目を生かしているのがポイントです」とGさん。

差し色に使うのはビビッドカラー!

Gさんは、シンプルな内装に、家具やラグ、カーテンなどで色を加えました。ここで使ったのは、黄色や赤のビビッドカラー。この差し色が、空間を引き締めつつ、北欧スタイルらしいモダンな雰囲気をつくり出します。

部屋のベースカラーが白なので、どんな色でも受け入れてくれるのがポイント。色づかいで遊べるのが楽しいですね。すぐにまねできそうなアイデアです。

LDKの隣に作った小上がりの和室は、アーチとピンクのカーテンがポイント。フチなし畳を選んだので、北欧インテリアにもなじんでいます。

2階にはあざやかなブルーのドアを採用。これだけ強い色でも、木目と白壁なら違和感なくマッチします。

ワンポイントで柄物を取り入れる

マリメッコに代表される大胆な柄物も、北欧デザインの特徴です。Gさん宅では、トイレの壁の一部にボタニカル柄のクロスを使ってアクセントに。小さなスペースだから、柄物を取り入れてもしつこくなりすぎません。

北欧柄のファブリックをパネルなどにして飾れば、同じような効果が得られます。もっとポップな柄を取り入れても楽しそう。

洗面所のタイルは人気のモロッカン柄。北欧柄にこだわらなくても、シンプルでナチュラルな柄とカラーを選べば、違和感がありません。

小さなあかりと炎でぬくもりを

寒い季節の長い北欧では、あかりや炎は暮らしに欠かせないもの。ぬくもりのある心地良いインテリアをつくるのにも効果的です。

ホワイトバーチ材を使った北欧製のペンダントライトは、ダイニングテーブルを照らします。明るすぎないのが北欧風。また、冬の暖房には、炎を眺められるペレットストーブを選びました。

家事がしやすいキッチンとランドリールーム

Gさんが家を建てるときにいちばんこだわったのは「北欧デザイン」ですが、インテリアだけでなく、使い勝手も同じくらい重視しました。

奥さまの強い思い入れがあるのが、キッチンとランドリールーム。オープンなキッチンは、LDKにテイストを合わせてオーダーメイドしました。

キッチンに隣接するランドリールームは、贅沢に面積を広く取り、洗濯からアイロンかけまで、一連のすべての作業がここでできるようになっています。

寝室はシックな色のアクセントウォールに

部屋に合わせて、少しずつ色を加えたGさん宅のインテリア。LDKはビビッドカラーを使いましたが、寝室には落ち着いたカラーを採用しています。

「この部屋は、木の質感をより楽しむために無塗装で仕上げ、LDKとは違った雰囲気にしました」(奥さま)

階段下には、秘密のスペースが!?

写真の階段下にある小部屋のような空間は、ご主人たっての希望で作りました。「ほど良い『こもり感』で居心地がいい」とのことで。安楽椅子や書棚を並べて、くつろぎの空間に。

「居心地がいいせいか、娘も気に入っているみたいです」ということで、かわいい子ども用キッチンも並んでいます。部屋の一角に、自分だけの空間。あこがれますよね。

三角屋根が目印の青い木の家

三角屋根のGさん宅は、木をふんだんに使ったスキャンDホームの北欧住宅。木の板張りの外壁にこだわって選びました。

1階にはウッドデッキ、2階には雨の日でも使える広いバルコニーを作ったのもGさん宅の特徴です。

シンプルでいて楽しげなGさん宅の北欧インテリアはいかがでしたか。特別なことはしなくても、ナチュラルな木づくりの空間をベースに色や柄を取り入れることで、手軽に素敵なインテリアに仕立てることができるんです。いま暮らしている部屋にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

木の家はナチュラル感があるだけでなく、健康的なのも魅力ですよね。インテリアはもちろん、快適性や耐久性にも気を配って、安心してくつろげる最高の住まいをつくってください。

  • 6866
  • 27
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

インテリア好きの住まいづくりを応援するインテリア・ハウジング雑誌です!

おすすめのアイデア

話題のキーワード