ダイニングテーブルを子ども用のロフトハウスにリメイク♪(1)

come home!45に掲載いただいたこども部屋。
メインは壁紙ですが、撮影を機に作ったものをご紹介します♪

  • 26952
  • 306
  • 0
  • いいね
  • クリップ

撮影前まではこれはロフトベッドでした。
した部分をおもちゃの収納にしていたのですが、こどもたちがよくここに入って遊んでいるのを見て、お家のような空間にしたらもっと遊びが広がるのではないかな?と思い、ロフトハウスにリメイクすることにしました。

もともとはダイニングテーブル

以前も紹介しましたが、こちらのロフトハウスの元はダイニングテーブルです。
捨てるのはもったいないので、娘のベッドとしてリメイクして使っていました。

本体部分で使ったのはSPF材です。骨組みで使う板2本は厚みのある2×4材を使用。残りは1×4材。

ドアは檜材、ルーバーの窓は杉材を使います。

ワトコオイルのダークウォルナットで塗ります。

乾いたら、1×4材の片面だけ白ペンキを塗り、完全に乾く前に端をヤスリがけしてアンティークな仕上がりに加工します。

これで、あとは組み立てていくだけ!
あらかじめ下穴を開けておくと、ビスが曲がらず真っ直ぐ入るので失敗しにくいです!

ここはドアが後できます。
カチッとドアがここでとまるように、骨組み(茶色の板)はずらしておきます。

窓をつくるため、中間部分に2×4材を縦向きにとりつけます。

だんだん形になってきました!

ドアをつくる

ドアはワトコオイルのエボニーを塗りました。深みのある茶色でわたしのお気に入りの色です。

取手は外側と内側の2つとりつけます。

蝶番をつけたらドアを本体にとりつけます。

ドアがぴったり止まるようにマグネットキャッチをつけます。

これはドアの内側部分。この丸いステンレスのものが、磁石とくっつく仕組みです。

窓をとりつけたら完成!
窓はルーバー風にしました。

長くなったので、ルーバーの作り方は次の記事で紹介させていただきます♪


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 26952
  • 306
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

賃貸ですが、原状回復できるやり方を基本にDIYでほっこり温もりのあるお家づくりをしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード