ハンドメイドレセプションカウンター

当ショップは家具修復という技術サービスのみを行っております。

家具製作及び家具販売は一切行っておりません。

数多くの修理案件を経験した中で、ヤレ感や朽ち感、劣化、経年変化の実体験を我がショップの什器作りに活かしています!

  • 1279
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ
4年目を迎えたショップのレセプションカウンターを作ります。
材は針葉樹ですが、ハリボテは嫌なのでオール無垢材で、行きます!
身近に手に入るパイン材でTRY
まずある程度のサイズにカットして行きます。
カットした材をパーツごとに仕分けます。
まずはサイドの棚。パーツを一個一個組み上げる、
棚と天板カウンターをそれぞれ合体させます。
カウンターらしい形になりました。
いよいよ着色です。
水性ステインを、ワイピングします。
全て塗り終えたら、この後さらに、サンディングし顔料の塗料を刷り込み拭き取ります。
こうする事でヤレ感を表現します。
ワイピングした素材にホワイト系顔料でかなり表情が変わります。
やりすぎるとワザとらしくなるので、様子を見ながら!
店の顔になる表面材は、無垢の端材を使います。
端材と言っても高級家具の製作過程で出た材。ホンモノの風格です。
その材を一個一個砕き、正面の板材にランダムに貼っていきます。
天然木の色のコントラストと、砕いたウッドブロックの荒々しさが、店のポリシーを物語ります。
一面全部を覆い尽くし完成です!
ワークショップやイベントも多く行う店内です。
キャスターを付け可動式にし、さらに両サイドのストッカーは工具棚とディスプレイ棚に振り分けてます。

まずは自分たちのニーズに合わせ使い勝手のいいカウンター、そして見えがかりも重視したカウンター作りを目指しました。
ちなみに製作費用は材料費¥30000以内と人件費ですが、売り物として考えだ場合はプライスレスな代物です。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 1279
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

モノが使い手に渡れば必ず時間とともに経年変化していきます。そうです。「カタチあるもの」はいつか壊れます。しかし壊れても直してまた使うことができます。私たちフィズ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード