ファミリー層に大盛況! 来場者参加型イベント「GO OUT PARK!(8/6&8/7)」体験レポ!!

去る2016年8月6日と7日の2日間、東京都新宿区のベルサール高田馬場で開催された来場者参加型のイベント「GO OUT PARK!」へ、ワタクシも行って参りました!! アウトドアイベントを今までに何度も手がけているGO OUTが、初の試みとなるファミリーを対象とした内容のコンテンツが満載のこのイベント。アクティビティやワークショップ、ステージコンテンツに親子で参加できるとのことで、子どもを持つ親である私としてもとても期待が大きく、楽しみにしていました。しかも、アウトドア系イベントなのに、涼しい室内環境の中という開催地。真夏という季節のイベントって熱中症などの危険性が心配されますが、設備が整った中ならば、小さなお子さま連れでも夏の遊び場として、安心ですよね。とはいえ、やはり「室内でアウトドア?」と、ピンと来ない方もいらっしゃると思います。では実際、どのような内容だったのか。早速紹介していきましょう♬

  • 8068
  • 20
  • 0
  • いいね
  • クリップ
山手線内で最大級を誇る大型イベントホール・ベルサール高田馬場で開催された「GO OUT PARK!」。虫が苦手な私も安心して参加できました。日焼けの心配も無し!

実は「虫」が苦手な私…。だからキャンプって避けてきた。アウトドアは未知の世界というド素人がドキドキで向かった先には

この「GO OUT PARK!」というイベント。主催はGO OUT PARK!実行委員会という名称ですが、数々のアウトドア系イベントを開催してきた雑誌「GO OUT」が新たに手がけるイベントとして記念すべき初の開催となったもの。

OUTDOOR STYLE GO OUT 2016年9月号 Vol.83.
「GO OUT」は三栄書房が発行しているファッション、アウトドア、ライフスタイルを提案する情報誌。キャンプのイベントも各地で行っている、アウトドア界のバイブル的存在である。

子どもや大人、どちらにも人気の高いアーティストが登場し、アクティビティやワークショップ、さらに人気のアウトドアアイテムをチェックできるショップの出店。キャンプ好きにはたまらない憧れのキャンピングカーもたくさん会場内に並び、見どころ満載。ファミリー層を対象にしたイベントという事で、ナーサリースペースやベビーカー預かりサービス、休憩スペースなどもしっかり設置。まさに、親子で安心して楽しめる空間を実現した一大イベントとなりました。

チケット来場者全員に配布されるパンフレットには場内案内地図やタイムテーブル、催し物案内や注意事項等をわかりやすく記載してあり、迷うことなくイベントを楽しめる工夫を。入場無料の子供へは、シールを配布していました。

イベントのテーマは『都会でもアウトドアカルチャーを楽しめる全天候型アウトドアパーク』。よって、会場もアクセスしやすい都内の建物内。天候を気にせずに出かけられたのも、ポイントが高かったです。せっかくお出かけの予定をたてても、「雨が降っちゃったから中止」なんて、楽しみに当日を待っていた子どもに言いたくないですものね。加えて、涼しい室内環境の中での開催のため、熱中症などの危険性も少なく、 子連れの夏の遊び場としてベストでした。『アウトドア系イベントは外でやるもの』という今までの概念を覆す、斬新なコンセプトで繰り広げられた「GO OUT PARK!」は新しいアウトドアカルチャーを生み出したのではないでしょうか。

エレベーターで楽々移動♬

会場に到着すると、知ってはいたけれど本当に建物の中……。もちろん、屋外エリアもありますが、基本的にメインとなる会場は室内ですから、受付が終わるとエレベーターでGO。虫が体にくっついただけで(どんなにちいさな虫でも)、この世の終わりのような断末魔をあげる私としては、天国な環境下でのアウトドアカルチャーを楽しめる場でした。キャンプというものが苦手で、長年避けてきた私ですが、これは人生の新たな一歩を踏み出せそうな予感。ワクワクします。

本当に室内!? 子ども達が走り回る姿や、親子の笑顔が溢れる雰囲気の会場内。ハダシだってOK。ストレス無しの開放感

メイン会場の様子。室内だけどアウトドア感を表現するべく所々に趣向を凝らしたオブジェや飾り付けがあって、アート的な要素も視覚的に楽しめました。

メイン会場にたどり着くと、すでに沢山の参加者で賑わっていました。やはり、子どもと参加している家族の姿が目立ちましたね。広々とした会場は、屋根があることで懸念される窮屈さや圧迫感を全く感じさせず、むしろ裸足でイベントを楽しむ開放的なノー・ストレス空間となっていました。子ども達にいたっては、ものすごい笑顔で走り回っているし。その姿を見てるだけで楽しくなっちゃう。普通、室内で走ったら怒られちゃうじゃないですか。叱られる心配もなく走り回れるのって嬉しいんだろうなあ……。私も娘を連れて参加したのですが、気づいたら、彼女も一緒になって裸足で走ってました。

「THE 自由!!」。それしかない。それでいい。

ちゃんとイベント開催の事前から、子どもが怪我しそうな箇所を洗い出し、当日はPOPで注意喚起を徹底的に行い、スタッフ巡回で随時対応したことによって事故やトラブルは一切なかったそうです。親にとって、安全面ってナーバスになるところでもありますから、こういう気配りが成されているのって有り難い。

暖かい雰囲気のイベントって安心して家族みんなで参加できます。嬉しいですね♬

それと、ベイビーとのお出かけ経験者としての視点で、とても嬉しく感じた点がもうひとつ。
それは、ベビーカーでの参加も、肩身の狭い思いをせずにすむような雰囲気だったところ。どうしても小さな子どもを連れてのお出かけはベビーカーが必須になってしまいます。でも、ベビーカーって結構場所とるんですよね。邪魔じゃないかな……って心のどこかで気になってしまうもの。「GO OUT PARK!」ではのびのびとベビーカーをおして見てまわっている方も、多く見かけました。こういった点からも、ファミリーに優しいイベントになっているなぁ、と微笑ましく感じましたね。

重視したのは「子どもが楽しく参加できること」。大人も一緒に参加できるコンテンツが盛りだくさんのワークショップ

ハンモック作り、ペイントワークショップ、ぬいぐるみ作り、シルクスクリーン、くす玉作り、ドームテント作り、キャンドル作り、ブレスレット作り、フェイスペイント……。「全部楽しそうだけど全部まわりきれない!」。そんな嬉しい悲鳴が出てしまいそうな数々のワークショップでは、子どもたちの笑顔だけではなく時々みせる真剣な表情に胸が熱くなりました。

ハンモックづくり。おとうさん、おかあさんが子ども達をサポートしながら作り上げていくので素敵な共同作業タイムとなりました。
ペイントワークショップではGO OUTのロゴオブジェを自由な発想のままに塗っていきました。このオブジェは、GO OUTキャンプで使われるそうです。
真剣な表情は夢中になっている証拠。
ダレデモドーム作りでは、みんなで協力して作り上げる大切さも自然と学べます。
ドームが完成に近づくころには、この場で初めて会った子も、一致団結。仲間になっていました。
夏休み期間の開催ということで、キャンドル作りは夏休みの宿題にもピッタリ☆

初めてでも大丈夫! アクティビティは整理券が出るほどの大人気!!

カラダを動かすのが大好きな子どもたち。ボルダリング、スラックライン、ランニングバイク、けん玉、ヨガ、フリスビーなと、来場者が自由に参加できるコンテンツの多さが「GO OUT PARK!」の魅力。人気のアクティビティでは整理券を配布するほどの大盛況っぷり! 各アクティビティはプロによる指導もあるので、初めてでも気軽に参加できたのも嬉しかったです。大人もつい、夢中になってしまいました。

ボルダリングも、室内なら安心して遊ばせられます。うちの子、こんなにアグレッシブだったなんて!と新たな発見もありました。
スナックラインは、簡単に言うと、綱渡り。バランス感覚を駆使して、失敗しても皆楽しそうに笑っていました。
室内でフリスビーができるなんて! これはちびっ子にとって感激のコーナーですよね♬

ステージでは、来場者参加型のワークショップやライブが行われ、『みんなの心がひとつに!』

ステージでは、フックブックローけっさくくん役でおなじみ谷本賢一郎さんの登場に子ども達は大喜び。親子でリズムにのって楽しめる音楽だったり、Keishi Tanakaさんの心地の良いライブで癒されたり……、と大人も子どもも盛り上がっていました。

NHK-Eテレ、フックブックローけっさくくん役でおなじみの谷本賢一郎さんは、子どもたちに大人気!!
子どもの夏休みワークショップ / 音楽の時間では、タイコをみんなで叩いて爽快!
子どもの夏休みワークショップ / 図工の時間の様子。はさみ家紙太郎さんの紙切りステージショーは、まるでマジックのような切り絵の出来栄えに、子どもの瞳がキラキラ輝いていました。
子どもたちもステージに上がって一緒に楽しんだ河合桂馬さんのキッズDJタイム☆

遊びながら見てまわれるSHOPゾーン

キャンピングカー展示なども行われたショップゾーン。キャンピングカーは自由に乗り降りできて、お気に入りすぎて入り浸る子もいる程の人気コーナーとなっていました。

どの世代にも人気のチキンラーメン。
今話題のアイテムがいっぱい! 流行チェックもできちゃいます。
チェキのプレゼントも。これは良い記念になりますね☆
おとうさんの格好良いところを、家族にみせるチャンス!!
もちろん、アウトドアアイテムも揃っています。
遊び疲れたらハンモックで、ひと休み……!?

屋外エリアのテントは子ども達の秘密基地と化してました

そうそう、イベント開催中の2日間はどちらも天候に恵まれ、晴天続き。芝生エリアは終日無料開放されていて、気持ちよかったー!! 飲食ブースやテント展示、親子でできるヨガも参加費無料で行われて、都内にいることをすっかり忘れてしまいそうに……。
夕方は、木陰にいるとふわりと吹いてくる風がとても心地よくって、アウトドアをずっと避けてきた私ですが、「テントで過ごす時間も良いなぁ」と思ったり。テントに対して、「ただの布。その中で寝るなんて無理」と勝手に酷いイメージを抱き続けてきた私ですが、イマドキのテントってこんなにも居心地のよさを追求したつくりになっているなんて知らなかった。
快適なテントなら、私だって、アウトドアに挑戦できるかも……。

いろいろなカタチのテント。どのカタチにしようかな…と見てまわるのが楽しかったです。キャンプ苦手な私も、つい欲しくなってしまいました。キャンプデビューの日も、近い!?

なんでもおもちゃにしてしまう子どもって、やっぱり遊びの天才ですね。沢山並ぶテントも、子ども達にとっては素敵な秘密基地となっていました。

お腹が鳴ってもへっちゃら。屋外にフードコーナーもあるのでお祭りみたいに楽しみながら休憩できます。

わざわざ遠くに出かけられない都会の家族に向けた、気軽にオシャレなアウトドアを楽しめる2日間。「GO OUT PARK!」は、家族全員が一緒になって楽しめる素敵なイベントでした。都会の真ん中でアウトドア体験できるチャンスってなかなかない。このような場に参加したことで、キャンプに対する印象もちょっと変わってきました。とことんキャンプに無関心だった私が、「あ、たのしそう」と(つい)思ってしまったんだもの。人生に新たな夜明けが訪れた記念すべき瞬間です。
もしかしたら、もしかして。大の虫嫌いの私が、本当のキャンプにトライする日も、そう遠くはないのかも……。
いや、もうちょっと先かな……?(←いくじなし)。

「GO OUT PARK!」の告知記事です。満員御礼という大成功で終了した2日間。ぜひ、第二回の開催もして欲しいですね♬

「GO OUT」のイベントに興味がある!という方は、ぜひこちらのイベントに参加してみてはいかがでしょう?
『GO OUT CAMP vol.12』と題したイベントが、9月30日、10月1日、10月2日に静岡県富士宮市のふもとっぱらを会場に、開催されます。キャンプの聖地、富士山麓で展開される日本最大級規模のキャンプ+フェスで、コンテンツ盛り沢山、シチュエーションも最高な、キャンパー、フェスラバーにはたまらないイベントです。キャンプという非日常的なシチュエーションで新しい仲間との出会い……してみませんか? もちろん、参加したメンバー同士の絆もさらに深まります! 家族の団結も強まるはず!
詳細を知りたい方は、下のリンク先をチェックしてみてください。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

筆者profile
名前:ayataso(あやタソ)
東京在住・LIMIA公式ライター。小4の娘の方がしっかりしている1978年7月29日生まれで、まだ伸びると思っている身長147センチ(自称151センチ)。映像制作からスタートした職歴でしたがいつの間にかライター業に落ち着いたのは、書く事が楽しいから。ドライブと街散策でいろいろなものを見て回ったり、新しモノ好きなので新商品チェックは欠かさない。お気に入りの情報やニュースを発信する事が好きなのでInstagram、Facebook、Blogは大切なライフパートナー。毎日、じゃ◯りこと言う某お菓子を食べないと機能停止する持病を抱えている。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 8068
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家族でお得に出かける旅情報!人気の温泉宿やテーマパーク近くのホテル、観光スポット、交通機関の利用方法など、思わず「おでかけ」したくなるような情報をLIMIA目線…

おすすめのアイデア

話題のキーワード