築30年の住宅を徹底リフォーム!気になる費用・相場をチェック

築30年を迎えた住宅のリフォームというと、設備のメンテナンスを目的としたリフォームのほか、基本的な構造部分や今後の暮らしを考慮したリフォームも求められます。多面的なリフォームが必要となるため、費用もどうしても膨らみがちです。実際のところ、どのくらいかかるのでしょうか?相場をチェックしてみましょう!

  • 2602
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

築30年住をリフォーム!中心価格帯とは?

築30年ともなると家によって状態が異なるのでリフォームの費用にも大きく差がありますが、中心価格帯としては、500〜1,500万円となっています。中でも、住宅を一旦骨組みの状態にしてから内装や設備をすべてリフォームする「スケルトンリフォーム」を選ぶと、2,000万円近くに及ぶケースもあります。

築30年の必要なリフォームとその費用

リフォームには、5年ごとに行うべき部分と、10年ごとに行うべき部分、さらに15年ごとに行うべき部分があります。築30年の住宅はその全てに該当する時期であるため、大掛かりな工事になることが予想されます。

また、今後の暮らしを考えたリフォームも必要になるため、行うべきリフォームが多岐にわたります。以下では、主に必要となるリフォームの費用をひと通りご紹介します。

1.水回り

水回りのリフォームは15〜25年が周期とされています。一般的なシステムキッチンの交換は15年ごとに、一見劣化が少ないように見えるトイレは築20年までに一度リフォームを済ませておき、築30年の時には2度目のリフォームができるようにしておきたいところです。

また、築30年の場合は、旧式の設備を最新のものにしたいという要望もあることでしょう。こちらも合わせてリフォームしておくと、使い勝手がぐんと上がります。

キッチン
・システムキッチンの交換…30〜50万円
・ガスコンロをIHコンロに交換…10〜24万円
・ブロックキッチンをシステムキッチンに交換…15〜25万円

トイレ
・トイレの便器を交換…5〜20万円
・和式トイレを洋式に交換…10〜80万円

浴室
・浴槽のみの交換と下地の修繕…3〜50万円
・ユニットバスをまるごと交換…50〜100万円
・在来工法の浴槽をユニットバスに交換…100〜200万円

2.クロス、フローリングの張替え

クロスの交換は、一般的に10〜15年が周期と言われ、フローリングの場合は15〜20年が周期とされています。色が変わってきた、汚れが目立つようになった、剥がれてきたという場合には2度目のリフォームをしましょう。

・クロスの張替え…6帖一間で4〜7万円、階段は5.5〜6万円
・フローリングの張替え…6帖一間で10〜13万円
・畳からフローリングへの交換…6帖一間で20〜25万円

3.外壁、屋根の修繕

外壁や屋根の修繕を行うと、見た目が美しくなるだけでなく紫外線や雨などによる腐食から家を守ることにもつながるため、しっかり行いましょう。使用する素材によってリフォーム時期は異なりますが、ウレタン樹脂素材とシリコン樹脂素材は10年、アクリル樹脂素材は5年が目安なので、築30年はどの素材においてもリフォームが必要となります。

・ウレタン素材…1㎡あたり1,800〜2,300円
・シリコン素材…1㎡あたり2,300〜3,500円
・アクリル樹脂素材…1㎡あたり1,000〜1,200円

4.白アリ駆除・予防

床を歩くとギシギシと音が鳴ったり、ドアの開け閉めがスムーズにできなくなったりしたという事態が起きたら、白アリが原因かもしれません。古い住宅ほど被害に遭いやすく、放置しておくと家を建て替えないといけないほどに被害が広がってしまうので、5年を目安として定期的に駆除をしましょう。

・白アリ予防・駆除…5〜40万円

5.断熱リフォーム

築30年の住宅が建てられた頃は省エネ基準が低かったため、断熱材が入っていない住宅が多く見られます。天井裏や床下に断熱材を入れたり、窓に断熱リフォームを行ったりすることで、冷暖房の効果が高まり光熱費の節約にもつながります。

・窓ガラスを複層ガラスにする…10〜12万円
・窓に内窓をつけて二重サッシにする…7〜10万円
・床下の断熱リフォーム…1㎡あたり1万円前後
・壁の断熱リフォーム…1㎡あたり1〜1,5000円
・天井裏の断熱リフォーム…1㎡あたり5,000円前後

6.耐震リフォーム

1981年に「新耐震基準」が策定されました。築30年の住宅なら基準を満たしているはずですが、さらに古い住宅の場合は耐震性が十分ではないことも考えられます。近年注目されているリフォームでもあるため、是非とも行っておきたいところです。

また、事前に住宅の状態をチェックする「耐震診断」にも費用がかかるため、覚えておくと良いでしょう。

・耐震診断…10万円前後
・耐震金具の取り付け…一戸建てで40万円前後
・柱や壁に耐震パネルを貼付…60万円前後

7.バリアフリーリフォーム

最後に忘れてはならないのが、バリアフリーリフォームです。今後も長く暮らすためには、親や自身が高齢になった時の暮らしのことまで考えておきたいものです。自治体から費用の5〜9割を負担してもらえることもあるため先を見越して行っておくと安心でしょう。

・階段やトイレに手すりをつける…1〜5万円
・開き戸を引き戸にする…11〜15万円
・ホームエレベータをつける…250万円前後

予算を立てる時の注意点

費用感がわかったところで早速リフォームプランを考えたいところですが、築30年ともなると、どこに劣化が起きているかわかりません。しっかりと家の状態を把握するためにも、「ホームインスペクション」を利用してプロの目でチェックしてもらいましょう。そうすることで、より具体的なプランニングにもつながります。

おわりに

普段のリフォームは、その都度気になる部分の修繕・交換を行えば十分ですが、築30年の場合は、修繕が必要な部分が多いだけでなく、今後の暮らしまで考慮したリフォームを行っていかなくてはなりません。まずは、一括見積もりを利用して、効率的に費用を調べてみましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2602
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード