築30年の一戸建てをリフォーム!見落としがちな重要リフォームポイントとは?

日本の住宅は寿命が短く、一戸建ての場合は30年とも言われています。実際に築30年を迎えた家は、設備に老朽化が起きているだけでなく、床下などの見えない部分の劣化や、家族構成の変化による住みづらさを感じるようになっていることが多くあるのです。しかし、せっかく愛着のある家だからこそ今後も長く住み続けたいという方も多いことでしょう。そこで、築30年の一戸建てに必要なリフォーム方法についてご紹介します。

  • 1784
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

築30年の一戸建てはどんな状態になっている?

築30年の一戸建ては、家の至る部分に修繕や設備交換が必要となっているケースが多く見られます。そのため、通常のリフォームだけでなく、建て替えや、住宅を一度骨組みの状態にした上で内装や設備をまるごとリフォームする「スケルトンリフォーム」という方法を検討する方も多いようです。

築30年に必要なリフォームとは?

築30年ともなると、リフォームしたい箇所が次々と挙げられることでしょう。ところが、実は後回しにされがちな部分にこそリフォームが必要になっている場合があるのです。以下では、見落としがちだけれど、築30年の一戸建てに欠かせないリフォームについてご紹介します。

1.水回りの基本設備の交換

最初に考えたいのが、水回りのリフォームです。キッチンや浴槽などのリフォームなら、これまで行ったことがあるという方もいることでしょう。ところが築30年の場合、目に見えない部分や、劣化しないと思い込んでいる部分にもリフォームが必要となります。

特に気をつけたいところが、水栓やパッキン、配管などの基礎的な設備。水栓器全体の寿命は10〜20年とも言われており、メンテナンスをしないと水漏れの原因ともなります。放っておくと、結果的に大規模な工事が必要になるケースも多いため、以前行ったことがある場合も再度リフォームすると良いでしょう。

また、洗面化粧台は15〜25年、トイレの便器は30年までには一度交換しておきたい部位です。劣化が目立たないため、どうしても見落としがちな部分ですが、30年を機に一新したいところです。

2.外壁、屋根の修繕

外壁や屋根の修繕は、見た目の美しさだけでなく、断熱性、防音性にもつながります。外壁の場合は、目地の打ち替えや、軒裏、雨樋など一戸建てならではの細かい部分も一緒にリフォームをしておきましょう。屋根の場合は、10〜15年ごとに点検し、その都度下地や欠損部の修繕を行うことで、長持ちする家になるのです。

3.断熱リフォーム

築30年住宅の悩みとしてよく聞かれるのが、直射日光を浴びた屋根の熱が2階部分にこもってしまうというケースや、冬は底冷えするというケースです。1992年より前に建てられた家の場合は省エネ基準が低かったため、断熱性が低い住宅が多いのです。これらの問題は、天井裏や床下に断熱材を入れることで解決します。

断熱リフォームを行うと、冷暖房の効きが良くなり、光熱費も少なくなります。今後も住み続けることを考えると是非とも行いたいリフォームと言えるでしょう。

4.耐震改修リフォーム

日本の木造住宅のうち、40%は耐震性が不十分と言われています。また、1981年に新耐震基準が定められましたが、築30年以上になる住宅の場合、適応していないことも考えられます。今後のことを考えると、やはり強度を増しておきたいところです。耐震工事には、木材同士を金具でしっかりつないだり、基礎構造を補強したりという施工が行われます。

リフォームする時は、こんなところに注意!

築30年の一戸建てのリフォームポイントがわかったところで、事前に注意しておきたいポイントを確認しましょう。

1.建物がリフォームに耐えられる状態か要確認

築30年の一戸建ては、物件によって状態がまちまちなので、まずは建物自体がリフォームに耐えられる状態かどうかを確認しましょう。特に耐震工事の場合は、あらかじめ耐震診断をする必要があるため、ここで、床下や屋根裏の素材が腐ったり白アリ被害にあったりしていないかなど、プロの目線で細やかなチェックをしてもらいましょう。

2.実はまとめてリフォームした方がお得

リフォーム箇所に優先順位をつけた方が、費用が抑えると思いがちですが、実はまとめてリフォームしてしまった方がお得な場合もあります。例えば水回りの場合は同じ業者が工事を担当することになるため、一括でまとめて依頼してしまった方が、費用が抑えられます。

おわりに

築30年の一戸建ては、通常のリフォーム以外にも注意しておきたい細やかなリフォームポイントがあります。特に、これまで劣化が見られなかった部位のチェックが大切になるため、一度家全体を見直してみる良い機会と捉えると良いかもしれません。まずは一括見積もりを活用して具体的な予算を立ててみるところから始めてみてはいかがでしょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 1784
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード