築27年!リフォーム「すべき」ポイントと「しておきたい」ポイントを解説!

築年数が20年を超えた住宅の状態は実にさまざま。定期的なリフォームを行ってきた方はメンテナンスを、これまでリフォームをしてこなかった方は、思い切った大掛かりなリフォームを考えている場合もあるでしょう。また、築30年を前にして、設備の老朽化やライフスタイルの変化によるリフォームも検討していきたいところですよね。そこで、築27年住宅に主に必要とされるリフォーム方法のポイントと費用についてご紹介します。

  • 6645
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ

もう少しで30年!築27年の住宅はどんな状態?

築27年ともなると、見た目の劣化はもちろん、床下や構造部分までリフォームが必要となる場合も多々あります。費用が膨らみやすくなるため、リフォームを「しなくてはいけない場所」と「したい場所」をよく考えた上でプランを立てることが大切です。

築27年住宅をリフォームする際の中心価格帯

築27年住宅のリフォームは費用が膨らみやすく、500〜1,500万円が中心価格帯となっています。定期的にリフォームを行っていたという場合は費用を抑えることができますが、その一方で、住まいを一旦骨組みだけにして内装や設備をまるごとリフォームする「スケルトンリフォーム」という方法をとるケースも多く見られます。この場合は2,000万円を超えることも少なくないようです。

必ずチェックしておきたいリフォームポイント

まずは、リフォームが必須な部位から見てみましょう。築20年を超えた頃からさまざまな部位で定期的なリフォームが求められますが、特に大切なのは水回りのリフォームです。15〜25年の間がタイミングと言われているため、これまで行ったことがないという場合は、床下や配管も含めリフォームを考えたいところです。

価格帯が幅広いことから、以下では費用別にできるリフォーム内容をご紹介します。

1.キッチン

キッチンのリフォーム価格帯は、大きく分けて10〜30万円、31〜150万円、150〜400万円という3種があります。特に、旧式の壁付けキッチンからアイランドキッチンへのリフォームを望む方が多いですが、費用がかかるため注意しておきましょう。

また、築27年の場合は排水の移動や修繕も必要になることが多くありますが、そちらを含めると20〜40万円上乗せされることになるため予算に余裕をもっておくことが大切です。

・10〜30万円…コンロやオーブンの入れ替え、ガスコンロをIHコンロに変更
・31〜150万円…システムキッチンの取り替え、モーター型換気扇への交換、食洗機の取り付け
・151〜400万円…壁付けシステムキッチンをアイランドキッチンへ

2.トイレ

トイレリフォームの価格帯は、5〜20万円、21〜60万円、61〜80万円に分かれています。また、築27年住宅には和式トイレの場合も見られますが、和式から洋式へのリフォームが最も費用がかかります。

・5〜20万円…便座の取り替え、暖房温水洗浄便座への取り替え、クロスや壁の張り替え
・21〜60万円…タンクレス便座への交換、手洗いカウンターの設置
・61〜80万円…和式トイレを洋式に変更し、それに伴う内装の工事

3.浴室

浴室のリフォームは特に注意したいところです。最近ではユニットバスが主流となっていますが、古い浴槽は在来工法という施工になっている場合が多くあります。在来工法の浴室は、水漏れや白アリによって起こる土台の腐食が進んでいるケースも多く見られます。修繕費用がかさむ要因となりますので必ず確認しておきましょう。

・3〜50万円…浴室暖房乾燥機の取り付け、浴槽のみの交換と下地の補修
・51〜100万円…ユニットバスをまるごと交換
・101〜200万円…在来工法の浴槽をユニットバスに交換

今後も長く住むためのリフォーム

さらに、リフォームの際にポイントとなるのが、住宅が建てられた27年前と現在との違いです。生活様式の変化や法律も変わっているため、使い勝手の悪さを感じている方もいるのではないでしょうか。以下では、設備メンテナンスと合わせ、今後も長く住み続けるために行っておきたいリフォームをご紹介します。

1.間取り変更

築27年物件の特徴として、小さめの部屋が多い、和室が多いという特徴が挙げられます。使い勝手などを考えると、間取りの変更も考えたいところです。

・リビング、ダイニング、キッチンをLDKにする…100〜300万円
・和室を洋室にし、隣の洋室とつなげる…100〜140万円

2.省エネ、断熱リフォーム

築年数が長い住宅の場合、隙間風が気になるという方や、夏の暑さが気になるという方もいるのではないでしょうか。断熱リフォームにはもちろん費用がかかりますが、やっておくと冷暖房の効きが良くなり、結果的に光熱費の節約にもつながります。

・窓をペアガラスに変更…9〜12万円
・床下に断熱材を施工…7〜10万円
・壁に断熱材を施工…一戸建てで180〜300万円
・天井裏に断熱材を施工…15〜35万円

3.バリアフリーリフォーム

築27年リフォームの際にもうひとつ考えたいのが、将来のことです。新築の時から住んでいるという方はもちろん、中古住宅を購入し今後ずっと住み続けたいという方も、バリアフリーリフォームを行っておくと安心でしょう。

・階段やトイレに手すりを付ける…1〜5万円
・開き戸を引き戸にする…11〜15万円
・ホームエレベーターの設置…250万円前後

リフォームの際の注意点

築27年住宅の場合、設備の修繕以外にも考慮しなくてはならないことが多々あるとわかりました。最後に、工期や費用を抑えて効率的にリフォームをするためのコツをご紹介します。

1.まとめてリフォームした方がお得

築27年住宅のリフォームは費用がかかりやすいとお伝えしましたが、中途半端にリフォーム部位を減らすよりまとめて行った方がお得な場合があります。特に水回りは共通の業者が入るため、まとめた方が費用を抑えることができるのです。

2.事前に家の状態を確認する

工事の内容を把握するためにもうひとつおすすめな方法が「ホームインスペクション」です。床下や柱といった構造部分や、屋根や外壁の状態もプロの目で詳しくチェックすることができます。1戸あたり5万円ほどなので、実際に工事が始まった後に追加工事が発生するのを防ぐためにもおすすめです。

おわりに

築27年というと、家によって状態が全く異なるため、必要なリフォームも異なります。何より大切なのは、住宅に必要なリフォームと理想の生活とをマッチさせるリフォームを行うことです。リフォーム部位が多いからこそ、一括見積もりを利用して快適な住宅作りへの一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 6645
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード