収納下手でもクローゼットをスッキリきちんと見せるコツ!

ちょっと気を緩めるとついついゴチャゴチャしがちなクローゼット。

開けた時に一気にテンション下がりますよね⤵︎⤵︎

しかし、わたしのような収納下手さんでもたった5つのポイントを抑えればスッキリきちんと見せることができましたよ♪

  • 82668
  • 1734
  • 4
  • いいね
  • クリップ

①1年通して着ていないものは思い切って処分

こちらが以前のクローゼット。

職業柄ついついお洋服は増える一方で、それなりに整理はしてたもののゴチャゴチャ感が否めません(^^;;

そこでまずは仕分け。

1年通して着ていない服は思い切って処分。

もったいないからと取っておいても結局着ないオチなので。。。

中でも高くてまだまだ状態のよいものはフリマへ。

いくらにもなりませんが必要として大切に着てくれる方がいれば♪

今回半分近く処分しました(^^;;

②デッドスペースに収納ケースを活用

クローゼットには必ずデッドスペースがあります。

そこで大活躍なのが収納ケース。

日本のクローゼットにピッタリ収まるように作られているので無駄なく収納できますし、

引き出しが透明になっているので、収納物が見やすいです。

今回使ったのはアイリスオーヤマさんよりモニター提供していただいたBCチェスト。

上段を下段に引っ掛けて固定するので、前倒れすることなく引き出しやすいです。

下段に6つピッタリ収まりました。

ここにはハンガーに掛けたくないセーター類やパンツ類、作業用のスウェット、ストールなどの小物類を収納。

セーター類は大きめに畳んでも無理なく収納できます。


パンツ類は薄いのでたくさん重ねられますが、重ねると下のが取り出しにくく、上のがぐしゃぐしゃになったりするのでこのように見やすく取り出しやすく収納。

上段には以前から使ってたsqu+さんのfroqを。

衣替え用のクッションカバーやブランケットなどを収納。

ちなみに隣の大きなIKEAのバスケットは収納ケースに収まりきれないベッドカバーを収納。

またこちらは別のクローゼットですが、客用布団は圧縮して布団ケースに。

かなり省スペースできます♪

③色別に掛ける

大量のお洋服も色分けして掛けることでかなりスッキリ見え、ショップのようにきちんと感がでます。

色順は右から茶系、白系、青系、グレー系、黒です。

茶系や黒など濃いカラーは端に置くとよりスッキリ見えます。


また、色別に掛けておくとあれどこだっけ?って探す手間も省けますよ♪

ハンガーを統一する

今までは無視していましたがハンガーって大事ですね(^^;;

ハンガーを統一するしないでやはりきちんと感、スッキリ感が格段にアップします。

愛用しているのはIKEAの木製ハンガー。

8本セットで1本あたり100円以下という安さなので揃えやすいです。

黒だとカッコイイ印象に。

⑤容量を守る

最後に、

ベストな容量を維持する。

増えたら減らす、足し算引き算方式を心がけることで常にスッキリと保つことができます。


.*೨⋆*✩.*೨⋆*✩.*೨⋆*✩


この5つのポイントを押さえるだけで収納下手なわたしもクローゼットをスッキリ保てています。

扉を開けてスッキリしているとお洋服選びも楽しくなりますよね♪

いろいろ試しましたが、オーソドックスが1番使いやすい。という結果でした。

クローゼットの収納にお困りの方、秋の衣替えついでにぜひ見直してみてくださいね☺︎


  • 82668
  • 1734
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

🔨DIYer💠アメブロインテリア・DIY部門公式トップブロガー🔱オリジナル家具&雑貨「Y.P.K. WORKS」運営🔗http://www.ypkwor…

おすすめのアイデア

話題のキーワード