壁付キッチンのメリットデメリット

  • 6084
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ

壁付けキッチンの一番のメリットとして、スペースを広く使えるというのが挙げられます。
キッチンのすぐ後ろにダイニングテーブルを置くことが多く、キッチンスペース兼ダイニングスペースというように、空間を広く使うことが出来ます。
また、壁付けキッチンは部屋の端にキッチンが来るので、対面キッチンのようにキッチンで空間が区切られることがなく、部屋の中が広く見えると言う効果もあります。
特にコンパクトなLDKだと、下手に対面キッチンにするよりも壁付けキッチンにした方がスペースを有効活用できますし、見た目も広く見えます。
そして、壁付けキッチンの1つ目のメリットに出てきたように、壁付けキッチンの後ろにはダイニングテーブルをもってくることが多いです。
そのため、対面キッチンのように配線する時に1度キッチンを出てぐるっと回ってからダイニングテーブルに行くというようなことは必要無く、振り返ればダイニングテーブルなのでつくった料理を簡単に配膳することができるようになります。
これは壁付けキッチンならではのメリットで、動線としてはかなり楽ですね。
また、ダイニングテーブルを作業台の代わりにも使えるというのも大きなメリットと言えます。
次にデメリットですが、壁付けキッチンの場合、キッチンの後ろがダイニングテーブルとなることが多いので、食器棚や家電製品、冷蔵庫をどこに置くかが一番の悩みのタネとなります。
間取りは対面キッチンより壁付けキッチンの方が難易度が上がりやすい傾向があります。
二つ目は壁付けキッチンで意外に忘れがちなのが、キッチンの中が丸見えになりやすいということです。
対面キッチンの方が中が見えやすいように感じますが、壁付けキッチンはキッチンの内側がダイニングやリビングから丸見えになってしまいます。そのため、キッチンの中が散らかっていないかどうかは、かなり気になるポイントとなります。中が見えるので、壁付けキッチンはどちらかというと片付けが上手い人に向いているキッチンと言えます。
その他には臭いや音がリビングまで広がってしまう事や、料理中はリビングダイニングに背を向けることになるので、小さなお子様の見守りがしにくい点などがあげられます。

  • 6084
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

太陽光発電施工

太陽光発電、空調設備、リフォームの事なら横浜のユウサービスにお任せ下さい。

おすすめのアイデア

話題のキーワード