住宅業界の裏話!耐震偽装がおこるワケ

耐震偽装や性能偽装、家づくりを検討されている方にとっては怖い問題ですね。そもそもなぜ偽装が行われるのか大暴露しちゃいます。

  • 634
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

住宅業界の闇

こんにちは
静岡市で安くていい家をつくる
かおり木工房です。

今日はなぜ耐震偽装や
性能偽装が起こるのか

住宅業界の裏話を
暴露したいと思います。

もちろんすべての会社が
そういったことを
しているということは
決してありませんが

実際に起こっている
住宅業界の闇を
お話しします。

建築士のモラル

そもそも
建築士のモラルがあれば
建物の安全性を考えます。
 
宗野社長が駆け出しの頃は

「迷ったら安全性を優先しろ。
 そのためのコストが上がっても
 たかが知れている」

と教えられてきました。
 
コストダウンのために
構造計算まで偽造することは
考えられないことでした。
 
もちろん
世の中の多くの実務を知る
建築士は、同じだと思います。
 
しかし、一部業者の中には
外観のデザインや
広告に載せる間取りばかりを
重視するところもあります。
 
たとえば
開放的なLDKがある間取りは
お客さま受けします。
 
構造的に必要な壁でも
販売を担当する営業が
売りにくいといえば
外すよう指示されるのです。
 
とくに
建築の技術にうとい
営業畑出身の社長の会社では
このようなことが
当たり前のように
行われているようです。
 
その下で働く設計士たちは、
指示に従わざるをえません。
  
ある一級建築士がいた会社も
そのような会社だったそうです。
 
しかしそれでも
その会社の社長は
自分の会社の建物に
自信を持って
販売してるといいます。
 
見た目優先の
あまりにも不安定な間取りに
意見したことも
あったそうです。
 
でも社長は
こう言ったそうです。
 
「壁は抜けと言ったが、
 構造計算が成り立って
 確認申請が通れば
 何が悪いんだ!」
 
確かに違法行為
ではないのですが……。
 
モラルのない言葉です。
  
そこにトップダウンで
成り立っていく
建築業界の強さがあります。
 
利益優先の会社が生むもの。

トップはけっして
「インチキをしろ」と
指示を出すわけではありません。
 
「やるべきことをやった上で
 コストダウンを目指し
 多くの利益を稼げ」

という意味の指示です。

下に行くほど
「利益を稼ぐ」という
目的だけが残ってしまう。
 
目的のためなら
手段を選ばなくなる。
 
耐震偽装の事件でも
そうでしょう。
 
コストダウンの果てに
一番下の者がとった行動が
構造偽装だったのでは
ないでしょうか。
 
住宅の基礎工事計算でも
偽造が行われていたそうです。
 
鉄筋の本数を減らして
いくらコストダウンできると
いうのでしょうか?
 
理解に苦しみます。

利益を追求した結果・・・。


建築基準法上では
木造の住宅で
確認申請に構造計算が
必要なのは次の通りです。
 
①階数3以上
②延べ面積500平方メートルを超える
③高さ13メートルを超える、
 または軒高9メートルを超える
 
これ以外、例えば二階建て
延べ面積
100平方メートル程度(約30坪)
の木造住宅では

構造耐力上安全で
なければなりませんが
構造計算での安全確認は
義務づけられていません。
 
もちろん
構造的な安全確認は
ほとんどの住宅で
必要ですから

地震力・風圧力
に対して検討する
壁量計算などを行います。
 
しかし、基礎においては
先の規模以上にならないと
構造計算は行わないわけです。  
  
つまり、木造2階建ての住宅と
木造3階建ての住宅では
構造に対する確認の仕方が

建築基準法上
異なっているのです。
 
木造2階建ては
基礎の構造計算が
行われず、確認申請でも
そこまで審査しません。
 
木造軸組計算
(壁量計算、梁サイズの検討)
についても同様です。
 
おかしなことだと
感じられるでしょうが
この基準で今なお住宅が
建てられています。
 
ある住宅会社で
同じ建て売り団地内で
3階建てと二階建ての住宅が
並んで立つことが
あったそうです。
 
かたや構造計算をして
中間検査を
義務付けられている。

かたや検査は完成までなし。
 
お客さまから
おかしさを指摘されましたが、
法律を犯してる
わけではありません。 
  
しかし矛盾は感じます。
 
2階建ての木造住宅は

自主的な検査によってのみ
安全を確認するということで
通っている現状です。
 
そこにモラルが
きちんと存在していれば

何も心配することは
ないのですが……。

家を建てる時にはやはり
その会社に信頼が
おけるのかどうか
しっかりと吟味する
必要があります。

それでは、また次回。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 634
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

静岡市で安くていい家づくりをするかおり木工房です。これから家を建てたい方もそうでない方も生活や家計、家づくりの参考になればと思います。

静岡市で安くていい家をつくるかおり木工房さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード