人生も、家も、私らしく。「働く女性がもっと幸せになる住まい」 ー Brillia Bloomoi

働く女性が増加した現在。会社へ通勤して仕事をし、家に帰れば家事や育児と忙しい毎日を送る彼女たち。そんな女性達が理想とする住まいがあったら……。日々の忙しさやイライラを少しでも解消することができるはず。働く女性を住まいがサポートしてくれたら、もっと幸せに、もっと毎日を頑張れると思いませんか? そんな 「働く女性がもっと幸せになる住まい」を考えるプロジェクトが、東京建物株式会社のマンションブランドで有名なBrillia(ブリリア)から誕生しました。その名もBloomoi(ブルーモワ)。かくいう私も、子育てをしながら働く女性のひとり。このプロジェクトのターゲットとなる「働く女性」の目線でご紹介したいと思います。

Bloomoi

働く女性による商品開発プロジェクト「Bloomoi」を誕生させたBrilliaって何?

Bloomoiの紹介の前に、まずはBrilliaについて簡単にご説明しましょう。Brilliaというのは、東京建物株式会社のマンションブランドです。『洗練と安心』をモットーに、お洒落でスタイリッシュ、そしてサポートが万全というのが特徴のBrilliaは、安心して暮らせる住まいブランドとして高い支持を得ています。BloomoiはそんなBrilliaから誕生した働く女性プロジェクト。これは期待に胸が膨らみます。

『バーチャルじゃない、リアルの声を』一般公募の参加者Bloomoi Matesを迎えて、働く女性の本音から目をそらさない

実際に「働く女性」の意見を住まいづくりに採り入れようとしても、「おそらくこうしたいに違いない。」という先入観やつくり手側の思い込みが先行してまっては、意味がありません。できあがった商品が本当に働く女性たちが望む内容にならなければ、彼女たちの心を動かすことは不可能と言えるでしょう。そこで、Bloomoiでは、プロジェクトの1つの試みとして、一般公募した女性達による「Bloomoi Mates(ブルーモワメイツ)」を発足。働く女性からの生の声を聞ける環境のもと、リアルな女性の悩みと理想が嘘偽りなく抽出され、それがアイデアへとつながると考えたのです。

一般公募した女性たちによる「Bloomoi Mates」。彼女たちとの意見交換で、リアルな女性の悩みと理想を抽出します。

Bloomoi Matesと共に、約1年をかけてミーティングし、働く女性がもっと幸せになる住まいを追求してきた結果……。
とうとう、実際に”本当に欲しかった理想のリビングダイニング”が完成しました。
実物大を期間限定で展示し、完成お披露目会も開催されたその空間は、まさにBloomoiの集大成。
では、具体的にどのような仕上がりのリビングとなったのでしょうか?
事実、私も「働く女性」という立場から、共感できるポイントが多数ありました。

働く女性と共に考えた〜Bloomoi式”理想のリビング空間” 6つのポイント〜

Bloomoi MatesのメンバーとBloomoiが、約一年間という歳月をかけて考えてきた“理想のリビングダイニング”。6つのポイントに注目したい。

間取りから空間の工夫、家具の選定まで繰り返し検証してつくりあげたBloomoi式 “理想のリビングダイニング” 。このリビングには働く女性の悩みを解決し、理想を実現させたポイントが6つあります。早速、見ていきましょう。

◆ポイント1 … Bloomoi Library(ブルーモワライブラリー)

働く女性の声
・料理の合間なども時間を有効に使いたい。PCや料理のレシピなどを置きたい
・人が来た時に散らかっているものをさっと隠したい



解決アイデア
・料理の合間にちょっとした作業ができるワークスペースをキッチンのそばに配置。
・扉をつけることで急な来客時でも隠せる空間に。


◆ポイント2 … Bloomoi Pocket(ブルーモワポケット)

働く女性の声
・診察券や領収書など家族の大事なものを、どこか1箇所にまとめておきたい
・爪切りや文房具などよく使う細々としたものを仕舞いやすいスペースが無い



解決アイデア
・家族で共有でき、まとめて仕舞えるスペースを家族の集まる場所に。
・引出し付の収納を計画し、細々としたものも仕舞いやすく、取り出しやすい場所に配置。


◆ポイント3 … 壁面収納

働く女性の声
・見せたくないものと飾りたいもの両方オシャレに収納したいし、たくさん仕舞いたい
・リビングで化粧することが多いが、化粧BOXを収納しておく場所がない



解決アイデア
・ディスプレイもでき、隠したいものもスッキリ収納できる壁面収納を。
・リビング壁面に何でも収納可能な大容量の壁面収納を確保。

◆ポイント4 … アイランドキッチン
働く女性の声
・対面キッチンも憧れるけど、動線が少し使いにくい
・オープンなキッチンがいいけど、手元は隠したい



解決アイデア
・回遊できて家事動線を確保しながら、家族の様子が見えてリビングとも繋がるアイランドキッチン。
・部屋全体を見渡せる場所に手元は隠せるキッチンを配置。


◆ポイント5 … Bloomoi Rack(ブルーモワラック)
働く女性の声
・帰宅後すぐにバッグやアクセサリー、鍵、時計を一時的に置ける収納が欲しい。床には置きたくない
・リビングに入ったところに棚が欲しいが、圧迫感のないカタチのものがいい。



解決アイデア
・オシャレなアンティークのチェストをセレクト。リビングのアクセントにもGOOD。
・出入り口の近くに低めのチェストを置くことで生活の邪魔にならずに広く便利に使える。


◆ポイント6 … 大型のL型ソファ
働く女性の声
・ゆっくりリラックスできるリビングや、+αの空間がほしい。テレビに向かって足を伸ばしたい!
・友人が大勢来ても対応できるレイアウトがいいな。



解決アイデア
・足を伸ばして座れるL型のソファでくつろげる空間に。
・大きなL型のソファで向かい合っても会話が楽しめる間取りに。



なるほど、確かに。女性ならではの要望がしっかりと叶えられているリビング空間ですね。そして、その理想をただ実現化するのではなく、見た目もスタイリッシュに仕上げてあるのが素敵。女性って、機能性だけではなく、見た目もこだわりたいのです。これならバッチリですね。

働く女性が提案する、もっと幸せになる住まいのアイデア

「Bloomoi」は、働く女性社員が提案する住まいの共創プロジェクト。

冒頭にもお伝えしたように、現代の女性の生き方は大きく変化しています。子育てをしながら家事もこなす働く女性も増えているのです。そして家にいる時間は家事をするだけではありません。趣味の時間だったり、リラックスできる時間だったり……。「自分の時間」を過ごせる、そんな家にいる時間はとても貴重なものです。ですから、「こうだったらいいのにな……」というような住まいに対する願望は尽きないのかもしれません。私も働く女性。「部屋が自分のライフスタイルにぴったりと合ったつくりに変えられたら、もっと自分の自由な時間を増やせるのに。」とよく思います。

「働く女性」という視点がコアになる住まいづくり。そこがぶれないように、リアルな働く女性の生の声を採り入れる。

働く女性を中心とした女性たちの気持ちに本当に寄り添うために常に生声を取り入れ、楽しく本音で議論する。Bloomoiはそうやって、働く女性と周囲の家族や友人も自然とHappyとなれる提案が詰まった住まいづくりを実現してくれます。「そうそう、こういう家が欲しかったの!」と共感ができる住まい。。結果、その住まいでハッピーになれる。なんて素敵なことでしょう。

リビングだけじゃない。Bloomoiに集まった働く女性の声と実際にカタチになったアイデアたち

働く女性が提案する住まいの共創プロジェクト、Bloomoi。希望の声があがれば、どんなに小さなことだって見逃しません。Bloomoiで提案した数々のアイデアが、たくさんの働く女性から共感されているのです。ここでは、そんなアイデアの一部をご紹介いたします。

「濡れた布巾やまな板、鍋蓋などをかけられる場所が欲しい」
そんな声から生まれた、アイデアです。
シンク前のレールに棚やフックを簡単に取り付けられるようにしました。

「家族を感じながらも料理に集中したい。」
キッチンが隔離されていると、料理している間は家族と離れ離れ。家族とのスキンシップも全くとれない時間になってしまいます。
でも、ダイニングテーブルが近いウォールキッチン(壁付キッチン)なら子どもの宿題を見つつ料理にも集中できます。

「海外ドラマのような洋服やバッグ、雑貨をたっぷり収納できてコーディネートも楽しめるクロゼットが憧れ」
女性なら誰もが憧れる自分だけのファッションスペース。ハンガーパイプや棚を設けた「Bloomoiスペース(スタイルクロゼット」でオシャレを楽しむ空間が実現しました。

「濡れたヘアゴムを置く場所がほしい」
お風呂で使ったヘアゴムやシュシュなどを、さっとかけられるフックがあったら便利ですよね。こちらは洗面タオルハンガーに専用のフックをつけたアイデア商品。

「郵便物を仮置きしたり、少し作業したりするスペースがほしい」
ちょっとしたメモ書きをしたり、一時的に書類を置いたりできる軽い作業スペースって、あったら嬉しいですよね。こちらのリビング・カウンターは、小スペースながらもきちんと活用できる効率的な作りをしています。

「水まわりの家事を同時に効率的に行いたい。」
キッチンと洗面室って、女性にとって家事をするために立つ事が多い場所です。それぞれを行き来しやすければ、それだけ作業効率もアップするというもの。
キッチンと洗面室が行き来しやすい動線を考えた間取りにして、スムーズな家事タイムを。

「洗濯機を仮干ししたり、洋服を一時的に干せる場所が欲しい。」
洗濯機から洗濯ものを取り出す際、この場で洗濯物干しに干してから移動すれば、サッとバルコニーまで干しに行けて便利ですよね。それに、朝の忙しい時間に、洗濯だけは済ませておきたい……という時も、仮に干して置ける場所があれば安心。
洗面台の横の棚にハンガーパイプを設置することでその願いを叶えました。

「飲み会でにおいのついた洋服をクロゼットに仕舞うのに抵抗がある。」
仕事をしているとお付き合いで飲みにいく機会も多くなりますよね。飲み会の場って色々なにおいが洋服にまとわりついてしまうもの。他の洋服にまで、移したくないですよね。
ナノイー発生機の採用により、収納しながら脱臭もできるクロゼットなら、においの心配も無用です。

「朝は家族の身支度が重なる」
起床から出発までは1分でも時間は無駄にしたくない。そんな時、洗面所を使いたいのに使えないなんてことありますよね。ボウルを片側に寄せるというアイデアで2人でも並んで洗面所を使うことが可能になりました。また、顔に近い位置にミラーキャビネットを設けたことで、細かい部分のメイクもしやすく便利です。ちょっとしたことですが、とっても嬉しいことですね。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
Bloomoiという名称は、働く女性たちのたくさんの笑顔や才能がしなやかに咲き誇る、という意味が込められた、Bloom(咲く)とmoi(私)からなる造語です。
新しい時代を生きる女性たちを応援する住まいづくりで、たくさんの働く女性の笑顔を咲かせることができるでしょう。
仕事も一生懸命、プライベートを楽しむのだって一生懸命。貪欲に人生を楽しむ女性たちの気持ちに寄り添い、対話する時間を重ねながら、彼女たちが本当に欲しいと願う住まいをこれからも創っていってほしいものです。

【取材協力】
Bloomoi

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー